Planetside情報局

【3/6】”エスカレーション”アップデートに関して【Planetside2】

2020/03/06 10:17 投稿

  • タグ:
  • Planetside2
  • プラネットサイド2
  • FPS

原文:https://www.planetside2.com/news/ps2-escalation-launch-date-announce-producers-letter



ごきげんよう諸君!
まず初めに、“エスカレーション”アップデートの出航準備のためにここ4週間にわたって辛抱強く待って下さり、多大な支援をしてくださった皆様に心より感謝の辞を述べさせていただきます。ありがとうございました。
ご存じの通り、今回のアップデートは2012年にPlanetside2がサービスを開始してからの中でも最も大きな変更の1つとなるでしょう。
今回の開発にあたって開発陣は、「エスカレーション」の名に恥じないような壮大な内容に仕上げるという使命感に駆られただけなく、新設のローグプラネットゲームスタジオとして、これからのアップデート全体に光明が差すような質の高いものから始めようと意気込んできました。それ故に、ここ数週間にわたるテストサーバーでのプレイテストの頻度はかつてないほど多いものとなっていたのです。
とはいうものの、このように大規模なアップデートの場合、テスト段階において細かいバグをすべて取り去ることや、完璧に整えられた環境を作るということは現実的に不可能だと言えます。依然として、ライブサーバーで実際に稼働させてみるまで原因を究明できないような未知数の問題がたくさんあります。しかし、驚くほど多くの方々から協力や助言をいただきつつ、導入の予定を遅らせてプレイテストを重ねたおかげで、ライブサーバーに導入してからあれこれと致命的なバグの修正を繰り返すような段階ではなくなり、細かいバランス調整や変更にすぐに移れるような段階へと進み、“エスカレーション”アップデートとしての盤石な地盤を築くことができました。そして、ここ数週間のプレイテストを経て、ようやく胸を張って3月11日に(今日から1週間もたたない内に!)“エスカレーション”アップデートをライブサーバーに導入すると報告することができます。
“エスカレーション”を導入する準備が公として整ったことで、チームの内いくつかの部門ではすでに次のアップデートに向けて動き出しています。“エスカレーション”はこの2020年の内に予定されているPlanetside2の大改革の一部でしかありません。3/11のアップデートの後、時を見て3月下旬か4月上旬に、来るべき次のアップデートの詳細を明かす公式配信を行おうと考えています。

他にも伝えることがあるので以下に記します。

エメラルドサーバー補強
Planetside2全体のハードウェア/ソフトウェアの強化の最終段階として3月18日の水曜日にアメリカ東海岸サーバー(エメラルド)のサーバー補強を行うことが決まりました。情報を追っている人のために言っておくと、他のすべての地域のサーバーは既に数週間前に補強が完了しています。補強にかかる時間はその時期が近づいたら改めて発表します、が、6時間以内に終わるでしょう。また、なるべくエメラルドに人がいない時間帯を選んでその補強を実行するよう心がけます。


リーダー不在のアウトフィットについて。
今回の“エスカレーション”アップデートは大変「アウトフィット」(以下OF)という仕組みに焦点を当てたものとなっていることもあって、しばしば「リーダー不在OF」という議題がコミュニティの中で上がってきました。まず、Planetside2には星の数ほどOFがあるため、「リーダー不在OF」について定義付けをします。ゲームが始まってからこれまでの間に、いくつかのOFのリーダーはPS2から離れていき、他の活動しているメンツを事実上「リーダー不在」として取り残してまったということです。この潜在的問題を対処するために、ゲーム内でアウトフィットリーダーを譲渡させる簡単で効率的な方法を導入しようと考えています。
全ては3月11日の水曜日、“エスカレーション”アップデートの日に始まります。その日から、すべてのプレイヤーは現在のOFリーダーが活動していないことを理由としてOFリーダーを解任し別の人をリーダーとするように要請するCustomer Serviceチケットを発行することができるようになります。リーダーが180日(6か月間)以上Planetside2にログインしていない場合、カスタマーサービスに報告することでそのアウトフィットに最も長い期間いる人で最近オンラインになった形跡のある最高ランクの人へと強制的にリーダーが譲渡されます。

ただし、公平を期すためにアップデートの後、ゲームに戻ってくるための機会を十分な猶予をもって与えようと思います。すなわち、不在故にリーダー権を強制譲渡されてしまったリーダーは3月11日から30日の間、ゲームに戻ってきてカスタマーサービスに“リーダー”の座に復帰できるように申請することができるようになる予定です。


ヨーロッパのデータセンターの移行に関して
ついに、デイブレークは全てのヨーロッパ圏のサーバーを新しいデータセンターに移行する動きに着手しようとしています。この移行にはハードウェアの物理的な移動を伴うため、デイブレークは直接移行に関わりできる限り早急に、かつ、手短に作業が済むように自分たちの技術チームを派遣しました。Planetside2のヨーロッパサーバー(ミラーとコバルト)の移動はエスカレーションアップデートと重なるタイミングで行われる予定で、3月11日朝のゲームのアップデートに先立って12時間サーバーがダウンする予定です。時期が近づいたら詳細を再度発表いたしますが、EUサーバーの方々にはそのようなアップデートがあるということ心に留めておいていただきたいです。サーバーの位置自体はそれほど大きく変わらないため、移行後にPingが変わるなど接続状態に影響ありません。

Rogue Planet Gameと家族のように一丸となってくださり感謝いたします!
Andy “IronSites” Sites


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事