Planetside情報局

Daybreakから3つの子会社が誕生

2020/01/22 09:41 投稿

  • タグ:
  • Planetside2
  • プラネットサイド2


〇Planetside開発陣からの発表
ご存じの方も多いと思いますが今朝方デイブレークからPlanetsdieの開発陣を含む数チームがデイブレークではなく新設の分社(フランチャイズ)としてある種の独立をするというアナウンスメントがありました。
Planetside開発陣は”Rogue Planet Games”となり、代表は引き続きアンディサイトが務めるようです。
以下は、アンディからの公式発表の内容を日本語に訳したものです。
ローグプラネットゲームス爆誕の時!

そもそも、“ローグプラネット“とは何を意味するのか?それは、どこの星にも重力的に縛られず、その起源からも解き放たれた天体のひとつである。

これは丁度我々開発陣の志を表すとともに、まさにこれからのゲーム開発の事でもあります。すなわち、これまでの「当たり前」に縛られないで、新境地を開拓するような意気込みでゲーム制作を行うとともに、それを通して他では体験できないような唯一無二の経験をできるようなゲームをプレイヤーの皆さんに届けるという意気込みということです。

この分社は新設されたばかりのものですが、プラネットサイド系列の開発自体は既に17年もの期間続いています。この心機一転にあたって、期待に胸が高鳴る未来に向けた躍進を遂げていきたいと考えています。
ローグプラネットゲームスは今後プラネットサイド系列のゲームのみに力を入れて開発していき、そのプレイヤーの意見にも積極的に耳を傾けていこうと考えています。デイブレーク社自体は今後もサーバーの維持などインフラ面でプラネットサイドに実質的には関わりますが、プラネットサイドの現在と将来、つまり、どのようなゲームとして開発していくかの主導権はローグプラネットゲームスが担うことになります。

多くの人がここ数ヶ月で気づいたかもしれませんが、Planetside2のアップデート回数がこれまでよりもさらに頻繁になってきています。これは、開発の優先度や順序などを見直したり、長期にわたって残っていたゲームの問題を修正したり、これまでよりたくさんコミュニティとの意思疎通を図るなどの多大な努力の結果でした。

この新しい会社ではこれまでにないほどプレイヤーを開発の中心に巻き込んでひとつの「家族」のように団結して行こうと思っています。ローグプラネットゲームスとしては、これまでのデイブレークの1部門としてではなく、独立した1つの会社としてプレイヤーを何よりも優先した開発を進めて行こうという方針です。プログラミング、ゲームキャラクターや環境作り、ゲーム体系やコンテンツの設計、そして、必ずいつか生じるどんな困難も含んだ全てのものに関して皆さんとともに日進月歩の開発を進めていきたいと考えています。
もっと多くの交流の機会を皆さんにお披露目する日が待ち遠しいです!

ご安心下さい、プラネットサイドの将来は今誰よりも我々が気にかけている事であり、天文学的なほど大きな期待を“真の“続編に寄せているところです。このローグプラネットゲームスの設立はプラネットサイド3の開発への架け橋となる事でしょう。ただ、その話は来たるべき時まで置いておきましょう。その時まではプラネットサイド2の開発に全身全霊をかけていきますのでお楽しみにしていてください。
チームを代表してここに感謝の意を表明します!これから共にプラネットサイドを盛り上げていけることを光栄に思います!
我々の将来は今その形を成したところです!ローグプラネットゲームスをよろしくお願いします!

Andy “IronSites” Sites
Head of Rogue Planet Games
Executive Producer, PlanetSide Franchise

プラネットサイドの開発が今後どうなるのかはわかりませんが、これからしばらくの間はPlanetside2の開発に全身全霊を込めるそうなので、PS2勢としては期待に胸が膨らみますね!
Planetside3にも言及してますが、アリーナの失敗もあるのでおそらく当分先になるんじゃないかな(というか、プレイヤーを安心させるために行ってるだけなんだろうな)と思います。こちらはあまり期待できそうにないですね。
しかし、この四半期にサンクチュアリという初心者向けかつプレイヤー同士で帝国の枠を超えて交流できる空間が導入されるそうでして、そこではデイリーミッションやNPSからのミッションなどを受けられるようになるそうです。イメージ的にはデスティニー2の拠点みたいな感じですかね。いずれにせよ、ゲーム性が大幅に変わりそうですのでそこには期待できそう。
今後の方針等に関してはこの前の配信でも言及していたのでお暇なときにでも確認ください!


〇デイブレークからの発表
デイブレーク公式からの発表もありました。
簡単に要約するならば、今回の3つの新しい独立した子会社の展開は、それぞれの部門が個々のゲーム開発に専念できるようにするためであるそうです。
今回の3つの子会社、「Dimensional Ink Games」「Darkpaw Games」「Rogue Planet Games」、はデイブレークがサーバー等の運営はしますが、開発方針はそれぞれが主体となり決め、独自で人材を雇用したり新たな企画に取り組むことができるようになるそうです。

発表の全容は以下の通りです。

デイブレークが新たに3つの子会社を設立を発表

新しく設立された開発陣はまさに「フランチャイズファースト」の企業形態を反映したものであり、それぞれの持つMMORPGからFPSやスーパーヒーローものに渡るまでの独特なゲームとそのジャンルをより自由に開発し競争力を高めることにつながるだろう。

2020年1月21日、カリフォルニア州サンディエゴにあるデイブレークゲームスは、「Dimensional Ink Games」「Darkpaw Games」「Rogue Planet Games」の3つの独立したフランチャイズを立ち上げるという形で自らの企業理念である「フランチャイズファースト」を発表した。この企業形態はDC Universe™ Online、EverQuest®、そしてPlanetSide®の3つの異なるジャンルのゲームとフランチャイズに携わってきた開発陣の成功に基づいて進められ、個々のフランチャイズを補強するとともに、それぞれの特徴やコミュニティ、そして「文化」を促進することを目標とするような長期経営戦略のために導入された。

各開発陣が自分たちの子会社を運営し発展させることで、それぞれの現在と将来のゲーム開発、自由な新しい人材の確保、個々のフランチャイズの業績を構築などが継続的にできるようになるなどの柔軟性が出てくるだろう。

オースティンの「Dimensional Ink Games」はDCスーパーヒーロー系のMMORPGでPCとコンシューマを通して100万人以上に遊ばれてきたDC Universe Onlineを手掛けてきた部門である。
この会社はCity Of HerosやStar Trek Online、Neverwinterの開発者であるJack Emmertが代表となる。同社は2020年に期待を寄せられている新たなアクション系MMOの開発を始めるとともに、これまでどおりDCUOの開発を進めていく予定である。

Emmert氏は「時代を築くようなMMORPGを開発することがデイブレークの宿命であることは常であった。それはこれからも変わらず、今回新設された3企業でまた将来を切り開いてゆきたい。DCUOかエヴァークエストⅡかプラネットサイド2か、はたまた新しく開発したゲームか、いずれにせよ何年にもわたるような素晴らしい経験のできるゲームを開発して提供したい。」と述べた。

「Darkpaw Games」は世界中で人気となった伝説的MMORPGであるエヴァークエストの開発に専念して行く予定だ。Holly Longdaleが引き続き代表を務めることとなる。DarkpawはエヴァークエストⅠ&Ⅱの素晴らしきファンタジー調の冒険をさらに深めていくとともに、次世代の革新的な開発を行おうとしている。

「Rogue Planet Games」はサンディエゴにある子会社でありPlanetsideとPlanetside2を通してかつてないほど大規模なFPSの分野を切り開いてきて、今後は代表であるAndy Sitesの下でさらなる新しさと個性に満ちた宇宙戦争を描いていく予定である。新たな旗を掲げ、開発陣はシューティング系が好きなプレイヤーのために新感覚のゲームを開発していきたいと意気込んでいる。

それぞれの会社についての詳細も同ページに記述がありましたので以下にまとめます。
それぞれの企業についてさらなる詳細や人員募集などの情報が知りたい場合は以下のリンクから確認してください。

Daybreak Games(デイブレーク)
 公式HP:https://www.daybreakgames.com/home

デイブレークゲームスとは:
デイブレークは大規模なマルチプレイヤーのオンラインゲームの開発や新しいゲームジャンルを世界的に先導してきた会社であり、DCUO、エヴァークエストⅠ&Ⅱ、Planetside1&2、そしてH1Z1で知られます。多岐にわたる舞台において活躍しオンラインゲームを盛り上げてきた名だたる開発者やクリエーターが集結する本社はサンディエゴにあり、オースティン、テキサス、ボストンなどにも展開しています。

Dimensional Ink Games(ディメンショナルInk)
 公式HP:https://www.dimensionalink.com/home

ディメンショナルInkゲームスとは:
誰もがヒーローになりたいと一度は思ったことがあるでしょう。ディメンショナルInkはその夢をかなえられる企業です。これまでに数々の業績を残してきたMMORPGのデザイナーであるJack Emmertを代表として、オースティンやテキサスに拠点を置く開発陣は過去の作品である誰からも愛された無料プレイのDCUOだけでなく、Emmertの作品であるCity Of Heros、Star Trek Online、Neverwiterからもアイディアを受けこれまでMMORPG好きが一度も経験したことがないような新しい物語を描いていくことになるでしょう。20年以上にも渡る画期的なゲーム開発の経験を経て、ディメンショナルInkは開発者にとってもファンにとっても素晴らしい場所へとなりました。

Darkpaw Games(ダークポウ)
 公式HP:https://www.darkpawgames.com/home

Darkpaw Gamesとは:
サンディアゴに拠点を置くダークポウゲームスは今や伝説的となったといっても過言ではないエヴァークエストシリーズを手掛けてきた会社です。MMORPGを愛すしやる気にあふれたプレイヤーと開発陣に支えられ、これまでエヴァークエストⅠ&Ⅱを開発してきました。ただのオンラインゲームをさらなる深みのある経験へと変えたゲームから始まり、ダークポウはプレイヤーをこれから何十年もの間感心させ驚かせ続けるだろう。

Rogue Planet Games(ローグプラネット)
 公式HP:https://www.rogueplanetgaming.com/home

ローグプラネットゲームスとは:
賞を獲得したこともあるプラネットサイドシリーズをもってローグプラネットはFPSというゲームの概念を覆した。かつてないほどの大規模な複数人対戦FPSであるPlanetside2はいまだその伝説のさなかにある。現在、ローグプラネットはプレイヤーが求めるものを忠実に提供するために、どれほどかつて栄光をもっていたとしてもそのすべてを見直して作り直す段階にある。サンディエゴに集まった情熱に満ちた開発人たちはゲーム内で今も敵と戦い続けてるプレイヤー諸君のためにさらなる素晴らしい経験を提供できるように日々精進しているところである。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事