Te-tsu君の錆びてるブロマガ

かわいい曲だってたまにはやるよ?

2021/03/25 21:39 投稿

  • タグ:
  • CeVIO_AI
  • 東北きりたん
  • 白金ディスコ
  • 偽物語
  • アニメ
えーと今回は、
「偽物語」つきひフェニックスOP主題歌「白金ディスコ」


CeVIO AI東北きりたんをお迎えしての投稿。
この曲はTVサイズでの合成音声系カバーはいくつかあるっぽいけど
パッと検索してみて、フルサイズでのものはないみたいね。
配布されてるMMDダンスモーションもTVサイズ用。
なので、他のと色々組み合わせてとにかく間を持たせないと(笑)。
(動きの少ない超単純なループモーションだけ自作)
で、それらモーションをこのかわええモデルにやらそうとすると
袖の物理破綻が酷いわパンチラしまくるわ、
ここら辺はある程度あきらめた。
(パンチラはほぼ完全に排除できたはず...
 と思っていたら、1ヶ所盛大に残っていたorz)
元がアニソン(というかキャラソン)なので、
演出もちょっとシャフトのアニメっぽく遊べたらいいなぁ、
という感じの絵を多少意識はした(そうなってるとは限らない)。

CeVIO AI作品第2弾。
歌のほうは僕にしては珍しくかわいらしい方向。
普段はほとんどやらない「語尾⤴︎」とか声門閉鎖っぽいヤツの多用とか
まあ、アイドル系の歌い回しだよね。あれを幼くした感じ。

いやまあ、きりたん入手したらいつかこの曲やりたいな、って
NEUTRINOきりたんの時からなんとなく考えてはいた。
声も衣装もこの曲に絶対似合うだろうということでね。
でも多分スタッカートの表現はNEUTRINOではかなり手間隙かかりそう。
この辺は細かく調整できるCeVIOのほうがいいね。

さて、「偽物語」つきひフェニックス編は
新キャラとして影縫余弦・斧乃木余接が登場して
キャストの女性率がさらに高まり見た目は華やかになっていくし
◯磨き回という伝説もあったりして(笑)
ギャグ要素満載ではあるものの本筋はそこではなく、
タイトルの「偽」って、そういうことかーーーー!っていう
怪異譚として強烈な展開が用意されているので
割と好きなエピソード。だからOP映像がああなるのもわかる。
今回の映像にそのテイストを入れる余地はなかったけど、
背景だけは和風とまでいかずとも
「どちらかといえば淡い色」を中心にセレクト。
お楽しみいただければ幸いなのだ。

おまけ。
動画本編で一瞬だけ現れる絵、ホントに一瞬しか見れないので
こちらにも掲載(笑)。




p.s.
なんか、ニコニコのブロマガが10月で終了っていう情報が。
なので、今後は他へ移行することも視野に入れなきゃね、
ってことで思案中。作品のほうは変わらぬご愛顧をよろしく(笑)。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事