タクト舞う遥かなる白き星の日記

9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと 感想

2020/04/28 03:32 投稿

  • タグ:
  • タクト
  • 9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと
  • エロゲ
今年もこの季節がやってきました
流石に1年開くと話の内容がうろ覚えになりますが、途中で辞めるのはもっと気持ち悪いので、今回もプレイしました

※この作品はEDが少ないのでまとめだけ書き残します


なんかね、ナルトのイザナギを思い出しました。あとシュタインズゲート
やっていることがまんま都合のいい結果の奪い合いですから
…ということはどうにかなるのかな?とも考えましたが早々上手くはいかなかったようで、要はこちらが悪い結果を受け入れさせられた、ともいうのでしょうか。先に進むための経費だと思えば…、うーんキツイ

あとはそう、以前一応友達ポジなんだしどうにか和解できねーかなー的なことを書いたんですけど、どうにもそんな展開にはならなそうですね
考えるに目的は多分「殺すこと」なんですよね、殺した後にどうこう、じゃなくて。まぁぶっちゃけ我儘を通したいだけって明言してましたけど
まぁ僕も気持ちは少しわかる。そんなこと書くとますますナルトによる気がするのはなぜだ

ヒロインの話しましょう。実は3年前はほぼノーマークでした。「おや?」と思ったのははるいろの時。そして今回。いうに及ばず、可愛かったですねええ。新規立ち絵見た時笑っちゃいました

なんかあと一作くらい出しそうな雰囲気で終了しましたけど。それで終わりってことでいいんでしょうかね?もう既に通常版でも3000円×4でフルプライスのゲームの値段超えてるんですけど。あとなにすんでしょうね

ここまで来たら最後まで見届けなきゃもったいないというか、失礼でしょう。来年がまた楽しみです

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事