豆乳マニアのブロマガ

日駆の「隠蔽を活かす戦い方」?

2018/08/27 22:51 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • WoWs
  • 駆逐艦講座
僕は日駆をほとんど使わないのですが、メンバーが日駆を使うこともありますので、日駆の性質について考えてみます。

 とりあえず良く言うのは、
・隠蔽を活かす
・魚雷が強力
・味方依存度が高い
・苦行
 という感じでしょうか。このあたりは多分、日駆を扱ったことのあるプレイヤーであれば感じていることでしょう。
 更に、他国の駆逐砲を扱ったことがあるプレイヤーは、
・砲旋回が悪い
・投射量が少ない
 という問題も抱えています。
 こうして整理してみると、同ティア帯の最良隠蔽と魚雷威力のために、かなりの犠牲を払っている感が否めませんが・・・

 魚雷については、残念ながら僕は魚雷がヘタクソなので、頑張って当ててください。もし上手かったとしても、Art(技巧、術、わざ、熟練、腕、技術)の分野なので、文字ではなかなか伝わらないでしょう。

 というわけで、隠蔽を活かすというふんわりした概念を考察することにします。

 単純に考えてしまうと、隠蔽が良いので他国の駆逐より敵陣に踏み込み、敵艦をスポットすることをやろう!となるわけですが、そのまま前進し続けるとヘッドオンで会敵し、米駆よりはイマイチな旋回性能で舵を切りながら煙幕、からの煙幕への魚雷投射で即沈や、レーダーをポチられて即沈というのが残念な駆逐の典型パターンです。
 例えば、陽炎は旋回半径が640mというデータなので、直進状態から真横になるのに、舵を切る時間を無視したとしても640m進んでしまうことになると思うんですよ。

 相手の舵の切り方なんかももちろんあるし、相手との位置関係も影響があるので、単純に640m進むわけではないにしても、ヘッドオンすると相当進んでしまうわけです。
 で、陽炎の最良隠蔽が5.4kmで、例えばベンソンの最良隠蔽が5.8kmなので、その差は400mしかありません(実際の隠蔽は数十m単位の端数も存在します)。
 これはヘッドオンしたら間違いなく発見されるレベルの危険な状況で、日駆の残念な砲力と貧弱なHPでは敵駆逐を除去できる方法は魚雷のみ。つまり、日駆で即煙幕はもう駆逐戦で読み負けている凡手になっていると言えるでしょう。
 更に、陽炎は35ktで、ベンソンは38ktなので、完全に逃げられません。その上逃げている状況では魚雷を投射できる角度をつけるのも一苦労でしょう。

 こうやって前提を積み重ねていくと、ヘッドオンせずに敵駆逐を発見し、一方的なスポット時間を作ること=隠蔽を活かすこと、ということになると考えています。
 キャップでのケツ相撲も、レーダー艦相手のテクニックとして推奨されていますが、隠蔽を活かす駆逐戦でも重要なテクニックであることがわかります。
 後退と前進をこまめに切り替える都合上、推力改良2の
・ー50%最大出力への到達時間
・前進・後退時の0から6ノットまでの加速時出力50%向上
 という効果がかなり光るのではないかと思っています。

 こういう工夫をした結果の理想の状態は、敵駆逐と自分が同じ方向に同じ速度で移動して一方的にスポットし続けている状態となるわけですね。
 この状態から敵駆逐を除去するのは結局味方の砲撃なので、散々工夫と読みを積み重ねて一方的スポットを作ったとしても、自分で敵駆逐には1ダメージも入れられないわけです。
 ここに更に敵から魚雷が流れてきて、その低い耐久でワンパン死したり、レーダーをポチられて集中砲火されて撃沈されてしまうわけです。

 この一方的スポットしている状態は、戦況として評価するなら勝利でも優勢でもなく、有効とか有利といった表現に留まる程度のものです。
 しかし、これを味方がしっかり射線やリロード状態をコントロールしてくれて、一方的スポット状態にバンバン撃ってくれることで、はじめて有利が優勢に変化していくわけですね。

 これだけの繊細極まりないプレイングで有利しか作れず、支援してくれない味方にやきもきすることになるのが日駆なわけですが、うまくいけば姿を晒さずに敵駆逐に集中砲火を浴びせて排除することができるのは、強力といえば強力です。
 米駆などは、HPを支払って姿を晒しながら敵駆逐と戦い、自分の支払いより相手の支払いが上回ることを狙うという、カードゲームの手札のようにHPを使います。
 逆に、上で考えてみた日駆の立ち回りでは、HPは手札ではなく、アクションゲームの残機のようにミスしたときに支払うポイントとして扱うことになります。

 ここで非常に厄介なのが、相手が同型艦だった場合です。
 同型の場合、当然隠蔽距離は同じになりますから、赤猿プレイヤーだろうがユニカムプレイヤーだろうが、同時にお互いを発見することになります。
 つまり、この場合はHPが残機タイプではなく手札タイプとして扱わなければならなくなるという、逆転現象が起こることも日駆を難しくする要因なのではないかと思います。

 なんか、ここまで書いて改めて思ったんですが、やっぱり日駆触りたくねえなあ、と(笑)
 日駆を扱ってる皆さんにとっては、どうですかねえ?

コメント

カクロ
No.1 (2018/08/28 01:09)
私は自己満足のために日駆乗ってる感じしますねぇ……(遠い目)
色々突き詰めると「何で〇〇乗らんの?」で片が付けられそうでアアコワイ。
豆乳マニア (著者)
No.3 (2018/08/28 19:16)
>>1
何でユエヤン乗らんの?(笑)

まあ、一方的スポットさえ出来てしまえば安全に敵駆逐を削ってもらえるという事実は、自軍の駆逐を喪失するリスクが無い状態なので、手軽に扱えないような調整されるのは仕方ないのかなーと思います。それだけポテンシャルが高いということで。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事