ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

酒好きな元新潟人のユッキーのブロマガ

RPGゲーマーの俺が思う、最強のラスボス&最弱のラスボス

2019/05/18 16:10 投稿

コメント:158

  • タグ:
  • RPG
  • 最弱
  • ラスボス
  • ※注意※この記事はあくまでも俺の主観です。
  • 炎上芸

多数の閲覧者が居ますので宣伝しますね(笑)
youtubeで動画うpしています。見てね⇒https://www.youtube.com/user/yukkinikoniko

ニコニコ生放送主です⇒https://com.nicovideo.jp/community/co236168

※注意※ この記事はあくまでも俺の主観です。



俺が大好きなゲームのジャンルはRPGです。


小学生の頃、初めてプレイしたゲームがドラクエ2のファミコン版でした。


で、武器や防具を装備をせずに最初の城から出て、おおなめくじやスライムに殺されてゲームオーバーしました。


何故かと言うと、城の兵士等に話しかけてこう言われたのです。


「ぶきやぼうぐはもってるだけじゃいみないぜ、ちゃんとそうびしろよ。」


という、DQあるあるの住人のセリフです。


が、俺にはその「そうび」というのが意味分からなかったのです。


現実世界で装備する、なんて言葉使いません。


なので、「そうび」という言葉の意味が分からなかったのです。


今はコンシューマーゲーム機がたくさんありますが、当時はファミコンしか持っていなかったのです。


で、人生初のRPGをクリアしたのがドラクエ5のSFC版でした。


そして裏ダンジョンも攻略して、それからはドラクエが大好きになり、ドラクエばっかりプレイする日々でした。


それと同時にRPGというゲームの虜にもなっていました。今も変わらずです。


と、前置きが長くなりましたが、最弱と最強のラスボスの話に行きましょう。


当然ながら、ラスボス、つまりラストダンジョンに居るボスです。裏ダンジョンは含めません。


それと、ジャンルはRPGのみで、俺が未プレイのゲームは当然知りませんのであしからず。


まずは最弱のラスボスの候補をいくつかあげていきます。

1、テイルズオブデスティニー(PS1版)のラスボスである『NEOミクトラン』です。こいつは最初は人型で空中を浮遊しており、そこから術を唱えてきたり剣で攻撃してきたりします。で、倒すと変身し、『NEOミクトラン』になります。で、変身後のNEOミクトランはとてつもなく弱いのです。巨大になり、当たり判定が上昇したため、術を妨害しやすくなった為、適当に殴ってると倒せます。ただ、こいつの特技は瞬間移動とへんな豆粒を飛ばして攻撃します。瞬間移動はまぁ分かるんですが、この豆粒はとんでもなくダメージが少ない。一度に5~10発ほど発射してきますが、上にも飛ばすので全部は食らいません。一発50くらいのダメージで3発食らっても150。こっちのHPは4000~5000。寧ろこいつに負ける方が難しいでしょう。あまりにも弱すぎてクレームが来たのかは知りませんが、ベスト版では修正され、若干強くなったらしいです。ちなみにベスト版の方はプレイしていないので、ここでは無印版とします。


2、ドラゴンクエスト5(SFC版)のラスボスである『ミルドラース』です。こいつはドラクエ史上最弱との噂がよく聞かれます。最初に人型でピッコロのような人相をしていて、ある程度ダメージを与えると変身し、巨大なピンク色のボスになります。こいつはラスボスにも関わらず1回攻撃しかしないパターンが存在します。というのは、このSFC版の変身後のラスボスは3段階の行動パターンがあり、それがランダムで選ばれ、そ3種類の固定パターンで行動します。所謂弱、中、強、と言われ、RTAではこれによってタイムが変動するため、みんな弱をお願いしますと願ってプレイしています。中と強ならまだしも、弱で負ける奴は存在しないと思います。自分も雑魚モンスター縛り(https://www.nicovideo.jp/watch/sm34360753)というプレイ状況でも弱なら勝てました。雑魚です。で、PS2版以降は弱中強は廃止され、パラメータ等が強くなっています。


3、ファイナルファンタジー7(PS1の無印版)のラスボス、『セフィロス』です。こいつは最初、『リバース・セフィロス』という名前で、いくつかの部位が存在し、その部位ごとにHPがあり、部位によってさまざまな攻撃や補助、回復等をしてきます。ぶっちゃけ具体的には知りません。適当に殴ってると第二形態になり、『セーファ・セフィロス』という名前に代わります。で、こいつは若干強い魔法(スーパーノヴァ)を使ってきますが、まず死にません。おまけにFFシリーズはDQよりも圧倒的に楽なのがフェニックスの尾という蘇生アイテムが安価で購入可能な上、アイテムの所持数がとんでもなく多いという所。DQは持ち物の上限があり(作品により違いがありますが、10個くらい?)、おまけにその上限は装備しているものも含まれる為、圧倒的にFFはヌルいという所ですね。ドラクエにも袋というたくさんのアイテムを所持できますが、袋は戦闘中には使えません。で、ミクトランと同じように、圧倒的に弱すぎてクレームが来たのか知りませんが、インターナショナル版ではセフィロスは強化されています。一番強化されたのはスーパーノヴァという技ですね。これは発動すると巨大な隕石が飛んできて、他の太陽系の星を次々に消滅させていき、最終的にはクラウドのいる星にぶつかる。という発動してからダメージが入るまでがとんでもなく長い技です。だが、これで死ぬキャラはいません。なぜかというと、それぞれのキャラの現HPに対しての割合ダメージだからです。全員瀕死にはなります。で、混乱などの状態異常になります。でも、ここに来てる時点でリボン(全状態異常無効化)というアイテムが手に入る為、それを装備してればまぁ、全滅する事はまずあり得ないでしょうね。FF7も極限低レベル縛りプレイをやったことがあるのですが、それでも雑魚すぎて笑えましたw


4、不思議のダンジョン2 風来のシレン(SFC版)のラスボス、『魔食虫』です。このラスボスはHPが高いのですが、状態異常にはめっぽう弱く、全ての巻物や杖が効きます。ただ、こいつ自体は非常に弱いのですが、ラスボス戦では他のモンスターも複数出てくる為、下手するとガイコツ魔王によって殺されます。というか、ガイコツ魔王がとんでもなく強い。まぁ、他のモンスターも強いですからね。これはちょっと弱いボスにしていいのか難しい所です。


5、スターオーシャン3 ディレクターズカット(PS2版)のラスボス、『ルシファー』です。このボスは1回目は人型で槍で攻撃してきて、倒すと変身し、スマブラのマスターハンドが2つくっついたような第二形態になります。第一形態は適当に殴ってるだけで倒せます。で、このゲームは無印版とディレクターズカット版があり、ディレクターズカット版は技をキャンセルすると強力になり、それをキャンセルしてキャンセル・・・ってやるとダメージ量が最大3倍になります。まぁ、分かりやすく言うと、テイルズシリーズの通常攻撃からキャンセルして特技を出してそれをキャンセルして奥義を出し、更にそれをキャンセルして秘奥義を出すような感じですね。だから、適当にキャンセルしまくって攻撃してると死にます。万が一、ラスボスの最強技である、変な泥?みたいな攻撃をされたとしても、このゲームはFFと同じようにアイテムがかなりの種類を20個所持できる上、蘇生薬というアイテムで全員を蘇生させられたり、所謂ラストエリクサーのようなアイテムも惜しみなく使えば(ラスボスだから)余裕で勝てます。余談ですが、このラスボス戦のBGMは1ループするまでの時間が10分以上あるのですが、第二形態になってから10分も戦っている状況はほぼありません。その前に倒しちゃうんです。弱すぎて。風来のシレンでもありますが、このゲームはラストダンジョンの敵が異様なまでに強く、特にキメラ系の敵はとんでもないです。全部逃げる方がいいでしょう。ラスボスよりも雑魚敵の方が遥かに強いという事です。

6、ドラゴンクエスト2(FC版)のラスボス、『シドー』です。これは驚かれると思います。ドラクエシリーズでは最強と名高いシドー。シドーはベホマでHPを全回復する=強い、ととらわれがちですが、弱いんです。確かに、SFC版ではFC版よりもはるかに強いボスなのですが、FC版の場合、まず初めに『ハーゴン』というボスを倒すと第二形態になり、『シドー』になります。で、このシドーは、なんと、ラスボスにも関わらず、1回行動なのです。で、そもそもこのゲームは雑魚敵がものすごく強いのでラスボスまでたどり着く事自体が非常に難易度が高い。なので普通、レベルを上げますよね?そして雑魚敵が割と大したこと無くなるレベルまで鍛えたらラスボス自体は弱いという状況になります。当然レベル上げた上に金も稼ぎ、武器や防具をあらかた揃えて行きます。シドー自体はベホマで回復しますが、HPがたったの250しかありません。で、攻撃力と防御力は255。このゲームでは255がデータ上の最大値なのです。が、ルカナンやスクルトを使いつつ、ダメージを受けたら力の盾で回復しているとすんなり倒せます。ベホマが来たとしても、こいつは1回行動なので、逆に攻撃されなかったので回復する余裕が出ます。ベホマされても大した事はありません。実際、俺はFC版やりましたが、一度もこのボスでは全滅はしませんでした。つまるところ、ラスボスまでの雑魚敵が強すぎるだけで、ラスボス自体は弱いという事です。にしてもよくあるなぁ、このパターン。特にFC版のシドーは強いという噂が出回っていますが、これはFC版をプレイしたことが無いにわかゲーマーが勝手に強い(ベホマを使う、ラスボスはHPが高い、ラスボスは2回行動するのが当たり前)と思っている事は間違いありません。特にSFC版DQ2をクリアしているが、FC版DQ2をプレイしていないという人間は間違いなく勘違いをするでしょう。そしてそのにわかゲーマーの噂が独り歩きした事により、勝手に強いと思い込んでいるゲーマーが多い事多い事w少なくとも、自分がプレイした事ないのに強いと思い込んでいる時点でにわか決定ですねw


7、ドラゴンクエスト3(FC版)のラスボス、『ゾーマ』です。こいつもSFC版では強くなっていますが、FC版だとAIがアホ過ぎる為、とにかく弱い。こいつは最初非常に強いんですが、闇の衣をまとっているため、光の玉を使うと弱体化します。光の玉を使用後はHPが1023、自動回復100です。確定2回行動です。こう見ると非常に強そうなんですが、ここにたどり着く前に賢者の石という神アイテムがあるのでそれを毎ターン使い、バイキルトを使って攻撃していると余裕で倒せてしまいます。AIがアホ過ぎるというのは、こいつの行動が確率で決まっており、打撃が8分の3、凍てつく波動が8分の2、50ダメージ前後の吹雪が8分の1、120ダメージ前後の吹雪が8分の1、マヒャドが8分の1です。実際に俺もプレイしましたが、味方が補助魔法にかかっていないのにも関わらず、凍てつく波動を2連続で使用したりします。凍てつく波動の使用率が4分の1という事がアホと言われる所以です。

8、MOTHER2(SFC版)のラスボス、『ギーグ』です。
ギーグの逆襲というサブタイトルが付いてますが、MOTHER1のギーグに比べると圧倒的にダメージが弱いです。で、イベントでポーキーというキャラが倒すためのヒントを出してくれます。そして、ポーラのいのるを使いますが、これに気づかない場合でも、まず負けません。それは弱いからですwで、気づかないといつまでたっても勝てませんが、まぁ、普通は気づくと思いますね。


9、ウィザードリィ#1 
狂王の試練場(FC版)のラスボス、『ワードナ』です。

3DダンジョンRPGの礎を築いたウィザードリィの#1では地下10階にラスボスがいるんですが、それまでの階を通常であれば周りますよね?で、雑魚が強い。とにかく強い。エナジードレインという、レベルを吸い取るモンスターや、クリティカルという当たれば死ぬ攻撃をするモンスター、ダンジョンの構造自体が難解であり、更に全滅すればその全滅地点にパーティーの死体が放置され、そこまで別のパーティーでその地点まで行き、その死んだ場所で「仲間を探す」というコマンドを選択し、パーティーに入れてまた城まで戻らなければなりません。パーティーが6人が限度なので、3人パーティーでその地点まで行き、6人の死体のうち、3人をパーティーに入れ、城へ戻り、またもう一度同じことをしないといけないため、どうやっても2往復する事になります。その6人の死体は時間経過で6人の装備品やアイテムがモンスターに奪われていき、更に経過するとロストと言って消滅します。ロストした場合は二度と復活させることはできず、その名の通り、データが抹消されます。そしてこのファミコン版は、オートセーブであり、戦闘が終わった時にオートでセーブされます。全滅した場合は全滅の墓石画面になった時点でセーブされます。熟練の人の場合、全滅した瞬間、墓石画面になる前にリセットボタンを押すという事をするのですが、初見ではそんなの知りません。更に、ファミコン版ではオートマッピング機能が存在せず、デュマピックという座標を知ることができる魔法がありますが、座標と向いてる方角しか分かりません。X11Y18のように表示される為、自分で方眼紙に書かないと攻略するのが非常に難解なのです。更に、戦闘後に宝箱をドロップするのですが、その宝箱には罠が仕掛けてあり、それを盗賊という職業のキャラが罠を解除して武器や防具が手に入るのですが、結構その解除する確率があまり高くなく、それによって「テレポーター」という罠が発動してしまった場合、その階の座標のランダムに飛ばされ、その飛ばされた位置が「石壁」だった場合、”いしのなかにいる”(”かべのなかにいる”は誤り)と表示され、強制的に全滅します。FC版では温く、強制的に城に死体が運ばれてくるのでまぁ良いのですが、PS版やPC版では強制的に6人全員がロストします。で、そこまで難敵と罠を攻略して、ようやくB10階にたどり着き、そして、その階層で雑魚との強制戦闘になるのですが、グレーターデーモン、ポイゾンジャイアントあたりかな?とんでもない強敵が居ます。まぁ、出てくる敵はランダムなのですが、扉に入ると戦闘になり、逃げるとその扉に入る前の状態になります。つまり、倒さないと進めないのです。しかもそこまで強制戦闘の扉は6個。6回の戦闘をこなして、ようやくラスボスに辿り着けます。で、そこまで到達してるという事は、レベルも上がっているという事であり、魔術師の最上位魔法、「マハマン」、そして「ハマン」をも使えるという事になります。このハマンとマハマンは、どんな敵にもボスだろうと、呪文無効率が高くても100%効くというものです。使うとレベルが1下がりますが、非常に強力な呪文であり、とんでもない効果があるんです。ハマンは5つの効果(敵全員をテレポートさせて消し去る、FF8で言う所のジエンド、敵全員の呪文を封じる、味方全員の状態異常を全回復、味方全員のHPを全回復、敵全員の呪文無効率を0%にする)からランダムに3つ選ばれて、その3つの効果の中から自分で発動したい効果を1つ選ぶ。マハマンはハマンの効果に加えて、味方全員のAC(防御力)を最大にする、死者を100%の確率で生き返らせる(HP全回復状態で。ドラクエのザオリクと同じ。)が加わった呪文。ハマンとマハマンでは、敵全員を消し去るか、敵全員の呪文を封じるという効果を引けばほぼ勝利確定なので、ハマンの場合は約78%、マハマンの場合は約51%の確率で勝利する事ができるのである。ちなみに、僕がプレイした時は敵全員の呪文を唱えられなくする効果が出たのでそれを発動し、タコ殴りにして余裕で勝利しましたwww他の方法としては、ティルトウェイトという敵全員に大ダメージを与える呪文もあり、ラスボスのワードナはHPがある程度の幅でランダムで決まる(というかこのゲームでは全ての敵がある程度の幅でランダム)ので、運が良ければHPが低ければ殴ってるだけですぐに倒せてしまうのです。ワードナ以外にもお供(出現数がランダム)を連れていますが、ぶっちゃけ、ティルトウェイト+マリクト+戦士3人と盗賊1人で殴ってれば余裕で倒せてしまうという事です。ワードナ以上に強いのは「グレーターデーモン」でしょう。呪文無効率が95%な上、マダルトという強力な全体呪文も使い、更にHPも高く、仲間を呼ぶでグレーターデーモンが呼ばれます。無茶苦茶です。ポイゾンジャイアントも非常に強いですが、グレーターデーモンに比べれば圧倒的に弱いでしょう。長くなりましたが、ウィザードリィシリーズは初プレイがPSのリルガミンサーガという、DQで言うところの1&2&3が一つになったゲームです。FC版よりは難易度が低いですが、初めてWizardryをプレイする人には非常にオススメです。というのも、FC版のようにオートセーブではなく、城でメモリーカードにセーブできるため、全滅したらリセットすればセーブ時点に戻れます。そして何と言ってもオートマッピング機能というのが付いてるので、FC版では座標しか表示されなかったものが、世界樹の迷宮のように自動で歩いた場所を保存してくれます。しかも無限にマップが見れるという、意味不明な仕様(L2ボタンだったかを押すとマップが見れるのでマップを見る呪文の存在価値が無い)であるため、初心者は間違いなくPS版をオススメします。それでも非常に難易度が高く、1階1階降りていく事に恐怖すら感じ、ラスボス前等は特に恐ろしいです。手が震えてきますwあの恐怖感を味わって頂きたいですね。ウィザードリィが好きなので長く語ってしまいましたw

10、マリオRPGのラスボス、『カジオー』です。




ここからは最強のラスボスの候補をいくつかあげていきます。


1、ドラゴンクエスト1(FC版)のラスボス、『竜王』です。
竜王といえば、ドラクエで一番弱いと言われる事が多いと思いますが、FC版に限って言えば、まるでそんな事は言えません。主人公がレベル17で覚えるベホイミという回復呪文がありますが、それを覚えないとTASさんじゃなければ(TASさんでも不可能かもしれん)物理的に勝てません。じゃあレベル17にすれば勝てるだろ、と思った人はにわか確定です。FC版の場合、竜王戦では会心の一撃が出ない仕様であり、更にDQ1は「主人公の名前」により、初期パラメータが変化するという仕様があります。更に、レベルアップの時に上昇するパラメータも名前により変化し、ちからが高い名前もあれば、ちからが低い名前もあります。これが16パターンあり、尚且つ同じ名前で初めたとしても、初期パラメータ数値はある程度ランダムで決定されます。つまり、強いか弱いかはRTAの人でも吟味したとしても、レベルアップ時に上昇する数値もランダムであるため、その名前で同じレベルでも毎回変化するという事が起きます。
そんな事は初見じゃ分かるはずもなく、レベルを上げて、最強装備にしたとしても、レベル17でクリアした人は存在しません。現時点でネット上には存在しないのです。最も低レベルだとしてもレベル18必要であり、更に運要素もあります。ちなみに僕が初めてFC版をクリアした時が確かレベル22くらいでした。レベルの最大値がFC版では30なので、かなり雑魚の名前を付けた&運が悪かったという事でしょう。そして、RTAでも非常に時間がかかるドラクエなのです。SFC版のニコ生RTA1位が1時間5分20秒なのに対し、FC版はなんと7時間10分31秒という、SFC版の約7倍もの時間がかかります。ドラクエシリーズでも7時間以上かかる作品は非常に稀であり、しかもストーリーなぞ大して無いドラクエ1なのにも関わらず、最速でも7時間以上かけなければならないという事です。確かに、「時間がかかる=難しい」という方程式は必ずしも成り立たつとは思いませんが、少なくとも、相当の時間をレベル上げに費やさなければクリア出来ないという事です。レベルを上げなければならないという事は、それだけ難しいという事も言えると思います。少なくとも、竜王に辿り着いた時点のレベルでは、まず勝てないでしょう。まぁ、運が良ければ、良い名前を引いて、初期値も高く、尚且つ上昇値も高く、と行けば、もしかすると18レベルで勝てるかもしれません。ですが、それは余りにも確率としては奇跡に等しいでしょう。



2、ポケットモンスタープラチナ(DS)のラスボス、『シロナ』です。

3、スターオーシャンセカンドストーリー(PS1版)の『真ガブリエル』です。

4、ドラゴンクエスト7(PS版)のラスボス、『オルゴデミーラ』です。


この記事は色々と長くなりそうなのでここまでにします。今後また更新します。


コメント

かけおち
No.175 (2019/05/19 04:17)
エルミナージュ2のウルナと真ウルナとで
最弱と最強の候補にもなるのかな

クリア後ダンジョン前のラスボスだから入るかわからないけど
LF
No.176 (2019/05/19 13:03)
最弱はラスボスが即死するまかまかか仕様上意図的に負けることすら難しいFF10だろう
戦闘として成立してる時点で論外

強いのは戦闘回数57500あたりのほぼ7回行動しかしない七英雄だと思うけど
そこまで戦闘回数伸ばした人実在するのだろうか…?
sollalice
No.177 (2019/05/19 16:27)
>>176
え?
七英雄って最終形態では7回行動が当たり前じゃないの?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事