終わらないオーラス

月間今のところテレビドラマ評

2013/02/03 02:03 投稿

  • タグ:
  • ドラマ
  • 感想
感想めいたものを。

2012年秋期に比べ観るものがかなり減ってしまった。
個人的には所謂不作である。

見てるもの、面白順にピックアップ

1.最高の離婚
今期ダントツで面白い。なんというか10年代、今よりほんの少し未来を描いているような気がする。震災以降の人の繋がり方を背景に、同時に前期木曜劇場"結婚しない"で表現しきれなかった結婚観-結婚ってそんなに重く考えるものなのか-がすごく出ているようにみえる。なんで結婚したんだろう?浮気されてるの知ってるけど別にそれが?といったところ。facebookも面白おかしく導入してたけど超自然な感じ。そして何よりエンディングがぶっ飛んでて、超セクシュアルなんだけどコミカルな振り付けでこれだけで面白い。
尾野真千子か真木よう子かと聞かれたら前者です。
2.シェアハウスの恋人
これもまたシェアハウスと今風な設定に加え宇宙人、BLBLした感じとライトノベルチックでテレビドラマ的には割と新鮮かな。
大泉洋がずるい程面白い。
3.モメる門には福きたる
昼ドラなんだけど枠のせいかテンポがとても良い。芝居芝居しててちょっと、、、ってのはあるんだけどそこはまぁ昼ドラなんで。主題歌が合っててそれも+。
4.塚原卜伝
歴史物枠から。前期の"大奥"や昔の大河"新撰組"でも思ったけど堺雅人にこの類やらせるとピカイチ。追いやすいストーリーでちょっと一直線なところと若干アレな殺陣が前期"勇者ヨシヒコと魔王の城"を良い意味悪い意味両方で彷彿とさせるが。
5.おトメさん
普通の嫁姑系でもあるが"新参者"っぽい雰囲気を合わせた感じ。刑事部分もう少しなんとかなったと思うけど。最後まで気になる感じはある。
6.書店員ミチルの身の上話
本編より予告が面白い。30分枠だけどそのくらいがちょうどよいタイプ。
7.終電バイバイ
楽に見れる感じ。THE流れ見にどうぞといったところか。
8.いつか陽のあたる場所で
どう見たら良いのか今のとこわかりにくい。
上戸彩だから見てる。
9.夜行観覧車
事件と事件までを交互に行き来する展開。コレ自体は好きなんだけど子供にスポットあてたヘヴィーさが今のところキツイ。入試失敗を機にグレるわけだけど、それにしてもいきなり感と娘役の演技具合が気にかかって見続けるか怪しいライン。

月間としたけど新鮮なうちに感想を書きだしておきたかったってだけなので次は終わってからかな。

気が向けば2012年も振り返りたい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事