ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

踊る叢雲さん通信

1投稿目

2018/08/17 23:04 投稿

  • タグ:
  • 艦これmmdドラマ
  • mmd紙芝居
  • 踊る叢雲さん
ブロマガで技量不足により動画上で説明しきれなかった部分など、
オーディオコメンタリー(?)的な感じで補足していければと思います。

 1投稿目である今日は当動画の深海棲艦と艦娘の『同型艦』について
書こうかと思います。独自の設定が出てきますのでご注意を。
 なお、作者の艦船知識は艦これとbattle station:pacificプレイ済み程度のものなので、
矛盾点等あってもあまり気にしないでください。


1.深海棲艦

 当動画の世界で現在確認されているのは原作で言うところの駆逐イ級だけです。
しかし、海上では通常兵器が効かない上圧倒的物量で襲撃してくるため、
割と人類は苦戦しています。
 1話opで触れた太平洋決戦での人類の敗北以降は大規模襲撃が無くなり、
いわゆる『はぐれ』による偶発的な海上交通への被害が増加しています。
あと、世界中の海にいます(漠然)
 付け加えると、海上から離れた深海棲艦には無反動砲以上のものなら、
通常兵器も通用します。大阪じゃ『はぐれ』を3体倒したらしい。

 基本的に、叢雲さんたち第2鎮守府の面々が当面相手するのは、
現実世界で言うところのフィリピン海中央部に巣食う深海棲艦ですが、
殆どが手前の沖縄の艦娘駐屯艦隊によって撃破されるため、大体平和です。
 そもそも第2鎮守府自体、現実世界でいうところの九州における
最終防衛艦隊で出る時は他の部隊がいないという時なのでまぁ平穏でしょう。
 5話で言及された深海棲艦が短時間ながら深深度を潜航して
哨戒網を抜けてくる件に関しても今まで暇だった対潜哨戒機が
張り切っているので、いきなり鎮守府自体が襲撃される。という可能性も低いです。
 

2.同型艦

 この世界にも同型艦は存在します。つまり『叢雲』も沢山います。
 ただ、同じ海域で2隻の『叢雲』が航行しようとすると、
片方の艤装が機能不全を起こして航行不能になります。
 しかし、ゲーム的に言えば西方海域で叢雲さんが航行していても、
他の『叢雲』が北方海域で航行する。ということは可能なわけです。

 
 他には1人1人僅かに個体差が存在します。
ブラック提督の鎮守府にいる艦娘はやさぐれてしまいますが、
ホワイト提督の鎮守府にいれば、健やかな艦娘として育っていくわけです。
建造された時点では同じですが環境によって変わっていくのです。
 戦闘能力も個体によって微妙に違いますがこれは幅が大きいものではなく、
建造された時点でRPGとかでいうレベルが12とか4とかそれくらいの振れ幅です。

 というのが1投稿目のお話でした。
 今回のコメ返しでは大分失態というか、全然返せてないじゃん的なところで
次回からこちらで行うコメ返しについては、なるべく多くのコメントに対し、
反応を返していければなと思っております。
 それでは皆さんまた次の動画でお会いしましょう。僕は鎮守府に向かいますので。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事