市長官邸出張所

土曜の夜と日曜の朝

2014/03/04 21:09 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 外交
  • 国土
  • 政治

この文章は元サイトに2013年6月30日に掲載されたもので、一部内容が万人向けに改訂されている。

 日本の国連での立場がここ数年で大いに失墜している。元々敗戦国で肩身が狭かったのだが、パン・ギムン就任以来さらにその様になっている。朝鮮の習慣で出世したら一族を登用し役職を独占する行動特性があり、歴代のチョン大統領の周辺を調べればよく解るだろう。この生物のこういった習性はまた別の機会にでも語るとして、実際パン・ギムンが国連の役職の自分の身内を登用しまくって機能を著しく低下させて反感を招いている。そして以前の日本海表記事案を覚えている諸君は考え直してほしい。結論としては周知のとおり却下されたが、わずか一票差での否決だった。彼らの意地汚さもあれど、こちらのロビー活動、情報工作の脆さも露呈してしまった。国際的にに強大なソフトパワーを誇っているにもかかわらず、だ。

 アメリカのように単純な損得勘定で考えれば日本はODAの増額や減額、償却や返還要求などを振りかざしてその影響力を遺憾なく発揮すべきだろうが、実際日本はその様なことはしていない。そしてそのこと自体が’安心で信頼できる先進国’という日本の立場たらしめているのだが、それにしては少し高くついてしまっている。(だが、この事について国税を納めている日本人一人一人が誇っていい。納税していない売国奴は在チョンと一緒に半島送りになれ。)ではどうしたらいいか。日本の評判を損ねずにこれら影響力を行使するには。

 単純に国を必要なだけ増やしてしまえば済む話だ。国家としての承認に必要なのは 主権、国民、領土 この三つである。日本神話に曰く、この国土は隠岐の島を足場にイザナギとイザナミの夫婦神が大洋をかき混ぜ島を造ったという、なるほど、まさに神々が造ったと称するに相応しい配置だ。大陸部を太平洋側から綺麗に封鎖している。日本の神はなかなかにエッジの利いたユーモアの持ち主な様だ。その内訳は大小数千の島々からなるのだが、比較的排他的で外国の影響など微塵も無い瀬戸内や伊勢湾の住民数百人の小さな島を国家として独立させてしまえばいい。列強植民地の名残のような太平洋やカリブ海の島々のようなイメージだ。無論100パーセント日本の庇護下として。そして国家としての3要素をすべて満たしている。役場としてもすべて日本政府に丸投げすれば良いだけで、実質的な変化は公務員が一人か二人増える程度だろう。ODAと称して地方交付金を増やしてやれば文句も無いはずだ。こうすることで日本は憂い無く国際社会で自由に振り回せる票が増えるのである。承認しない相手に対してはODAの減額や相応の手段を講じてやればいい。外交は慈善事業ではないのだ。

 民族的にも安定し、特殊な配置の国土が可能にする、まさに神に与えられた手法ではないだろうか。このようなしたたかさと損得勘定がこれからの日本にはもっと必要なのである。


コメント

SIMCity_4 (著者)
No.2 (2014/03/04 21:34)
長野氏元サイトからどうも。この辺の目ざとさは流石だな。
せいちゃん
No.3 (2014/03/04 21:51)
毎回楽しみにしているのでね。
またちょくちょく顔を覗かせるとするよ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事