一昨日の復習

ノートを使って人生を好転させる方法

2018/12/04 15:46 投稿

  • タグ:
  • ノート術
  • 心理学
  • 脳科学
  • 工夫
記憶には「頭で記憶する」「心で記憶する」の2種類があります。

「数学の公式を順に言え」と言われても答えることができないのが普通です。
しかし、「それらの公式を使って問題を解け」と言われたら解くことができます。

何故なら心で記憶しているからです(一般には体で記憶していると呼ばれています)
心で記憶したものは、使うときになれば思い出すことができます。しかし、自由に思い出すことができないという欠点もあります。
数学の問題がないとどのような公式があったのかを思い出せない様に、心で記憶したことは自由に引き出すことができません。
(逆に言うと、思い出すきっかけを与えれば思い出すことができます)

それに対し、頭で記憶したことは自由に引き出すことができます。暗記すれば数学の公式を順に答えることも可能でしょう。しかし、それには多大な時間と努力が必要になるので、多くのことを覚えるのに適していません。


自由に思いだせないが、何かしらの記憶の補助があることで思い出せる「心」での記憶と、
多くは覚えられないが、好きに記憶を引き出すことができる「頭」での記憶

これら「両方のいいとこ取りをしたのがノート」です。

学んだこと、覚えておきたいことをノートにまとめておくことで、好きなように知識を思い出すことができます。
仮に、学んだことを一言一句間違いのないようにノートを取っていては多大な時間と労力が消費されて本末転倒になってしまうので、キーワードにしてノートを取ることをオススメします。

しかし、もし一つの分野に特化したいという方がいるのなら、基礎知識までを頭で記憶するのがいいでしょう。基礎復習のため前のページを開いたり、戻ったりするのは大変ですし、深く追求してもキリがないからです。

もし今までノートを取ったことがない方がいるのであれば、メンタリストDaiGoさんの「DaiGo流ノートの取り方講座」という動画に3ワードノート術という方法があるので、そちらをオススメします。



いかがでしたでしょうか?
心(体)で記憶するとたくさん覚えられる、そして記憶を思い出す補助を外部のノートに任せることでキーワードを見れば好きに思い出すことができる、という裏技でした。

あなたの人生がより良いものになることを願っています。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事