一昨日の復習

影響力の武器 ~社会的証明~

2018/11/27 07:23 投稿

  • タグ:
  • 心理学
  • 脳科学
  • 影響力
今回は影響力の武器の社会的証明の原理について紹介します。

社会的証明とは、人は周りの人が正しいと思っていることを参考に物事を考える、という性質のことです。
不確かさや曖昧さが蔓延しているとき、つまりよくわからない状況になったときに特に周りを観察して自分の行動を決めます。

例えば、始めてバーに行ったとき、利用の仕方が分からないから詳しい友人と共に行き、友人がどのようにして注文するのかを観察して真似る、といった感じです。

この原理は幅広く応用することが可能です。
売れていないアパレルショップで○○%オフ!という札がついている商品があるのをよく見かけますが、あれは他の人はその商品を買っていないことを暗示しています。人は基本的に他人と同じことをしていたいという欲求があるので、売れていないモノを買いたいとは思いません。
ですので安くなっているのになかなか売れないという商品が多数存在することになります。


この社会的証明でおもしろいのが集合的無知という状態に陥ることがあることです。
実際に、路上で通り魔に襲われて逃げ回っている女性を目にしたとき、周りの人は平静を振舞っているので(人には他人に冷静で取り乱さない人間だとみられたい欲求があります)自分も何もしなくていいんだ、という心理状態に陥り何十人の人に傍観されながら殺された女性の話があります。

その周りの人も頭の中では決して冷静ではありませんが、周りの人が傍観しているから自分も傍観するという選択をしてしまうのです。



今回は以上で終わります。
いかがでしたでしょうか?

あなたの人生がより良いものになることを願っています。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事