つなさんのブロマガ

速読のコツは本をたくさん読むことだと思う

2015/04/08 22:55 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 読書
  • 速読
  • 高田健志
  • 頬骨
  • 夏野剛
  • 病気
小さい頃から読書が好きなのです。

幼稚園のときは絵本が大好きで(注文の多い料理店が愛読書だった)、
小学生のときは図書室にあるかいけつゾロリとかふしぎなかぎばあさんとかの童話を読み漁って、
中学生は読書から離れたけど、
高校生になって小説が趣味の友達に出会ってとにかく小説、小説、小説・・・
大学生になったら授業が楽しくて、授業の関連図書とか旧仮名遣いの小説(森鴎外とか芥川龍之介とか)読んでました。

こう書き出してみても、量こそ多くないものの読書が好きな人生ですね。やっぱり。

そんな私ですが、社会人になってからほぼビジネス書しか読んでないのです。



本棚の一部。収納センスの悪さに定評があります。

ビジネス書も読み漁るとなんとなく共通項みたいなものが見えてきて、
だんだんと読むスピードが速くなってきます。

「あ、うんうん・・・なんとなくわかるこれ別の本でも言ってたな」みたいなね。

そんなわけで、速読のコツってたくさん読むことだと思います。
ただ、小説は速読に向いてないと思います。
セリフや描写に行間というか、間があるので。
それを楽しむのが小説だから、小説は速読には向いてないと思います。

ちなみに私は古本を買うのが苦手なので、新刊で月に3~5冊買って読みますが
本にお金をかけること自体がストレス発散になってます。
自分への投資だー!って思いながら、気になる帯に目を光らせてぽいぽいっ!と買う。

デメリットは収納しきれなくなってくることです。
手に入れた本って売れないよね。

コメント

Biscuit
No.1 (2015/05/04 23:25)
読書って、何故か集中してできないです…
毎回、国語するくらいならすうがくしよっ。って、数学始めちゃったりしてました(笑)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事