Ruquiaの誰得チラ裏

【PC】ロリダクソことLittle Witch Nobeta感想【感想】

2020/07/08 21:45 投稿

  • タグ:
  • steam
  • ゲーム
  • レビュー
  • LittleWitchNobeta
  • Little_Witch_Nobeta
Vtuberがこぞって放送してるロリダクソことLittle Witch Nobeta
硬派ヲタクを気取っていた自分はやる予定なかったけど、
実はミーハーヲタクだったことを思い出し、速攻プレイ。
アーリーアクセスのため、3ボス+隠し1ボスで終わり。

難易度はAdventure、1周しただけ。
探索もガバガバ
steamのレビューは案外間違ってないため、それも参考になってくれれば。


【世界観】
幼女が王座を目指してダンジョンを進む。
設定など作り込んであるわけじゃないが、僕は大して気にしていないためガバガバでもOK


【キャラ】
主人公の幼女や敵キャラの幼女は可愛い。幼女はよく動かせるしかわいい、それだけでモチベになった。
敵キャラの雑魚はシンプルな作りをしていている(カオナシ?みたいな)。
弱点はだいたい顔だったりするので、狙いやすくてヨシ。


【アクション】
ソウルライクな操作感。
ローリング、パリィ、2段ジャンプはもちろん実装。ゲームに慣れればとても使いやすい。
脳筋で殴るか、TPSみたいに照準合わせて魔法をぶち込むか、好みや要所で使い分けながら進められる。
これはダクソ、と思えば若干のもっさり感も打ち消されるし、ローリングは距離もあるのでダクソほどもっさり感はなかった。
氷魔法のチャージがクソ強い。
魔法はTPSで照準を合わせるため、銃打つゲームとかになれてないとちょっときついかも?


【難易度】
今はまだ2個しかない。周回すると敵の数とかHPが増えるとかどうとか。
上の難易度で3面ボスにすげー苦労したけど、練習でなんとかなるのが
このゲームやソウルライクゲーの醍醐味だったりする。
例にもれずRPGなので、レベルを上げればどうにかなるのがいいところ。
つまったら稼いでレベル上げればいい。
下の難易度は、Vtuberの実況を見る限りでは、被ダメが結構抑えられているので、
アクション苦手な人でも主人公の幼女が好みなら、安いし買ってみて、1回やってみそ。


【ボリューム】
3ボス+隠し1+周回要素
僕は隠し含めて1周するのに6時間かかったらしい。
アーリーアクセスとロープライズの割にボリュームはあったのでは?



【総評】
アーリーアクセスの割に、案外楽しめた。
3ボスは割と苦戦してイライラ辛かったけど、攻略できて気持ちよかった(こなみ
幼女なソウルライクの触り、みたいな感じなので、
興味はあるけどちょっとグロい世界は…とか、硬派すぎて…とか、難しくて…と思ってソウルライクゲーを敬遠してた人は、ぜひやってみては。やすいしね。



【3ボス】
アドベンチャーは、連続ボスをやらないといけない。巨大幼女はパリィさえできれば大して強くないが、最初のボスがクソほど強い。
チャージすれば炎攻撃は諸々防げるが、自分よりも敵のチャージのほうが早くて、見てからチャージしてるようでは間に合わない。
自機打ちグミ打ちしてくる炎スプラッシュは回避や走ってどうにかなるが、
結局、足元狙って攻撃してくる理不尽魔法陣は、どうしようもない。回避のタイミングを見極めない限り勝てない。
敵のチャージ→ぴきん!ってチャージ完了効果音→足元ドーン! の、チャージ完了効果音が終わったときぐらいに回避すれば、ちょうど避けられる。
それ以外は早すぎてもおそすぎてもだめ。
この回避を8割ぐらいで避けられるようになってる頃には、練度も増していて、
敵の攻撃にパリィをあわせてチャージ早くしたりとかができるようになっているはず。
チャージしながら殴ってMPためて、パリィや回避してMPためて、回転率を上げるのだ。
パリィならダメージも与えられてGOOD


おわり。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事