おこめ式自動車工房

【ジムニーDIY】第11回 修理覚書⑦&カスタム パワステ完結編他

2015/04/24 23:26 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 自動車
  • DIY
  • ジムニー
(このブロマガは元自動車整備工/民間車検業であり国家資格二級自動車整備士持ちの解体屋のおっさんが私用で独断と偏見に基づく車いじりをしている様をお届けしています。絶対に真似をしないでください)


会社にジムニー乗りが増えてきて何屋だかわかりません。
とりあえずクロカン専門店ではないと思う。おこめです。


乗りはじめからずーっと調整と様子見を続けてきたパワーステアリングの不調ですが…



ギヤボックスを換えました。最終手段です。

というのも、元オーナーS氏が我が家にこの車両を譲ってくれるにあたり、当の車がギヤボックスから激しくオイル漏れを起こしていたため、急きょ部品取り車から外して付け替えた「未確認のコレ」。
こいつがどうもハズレだったらしいことが次第に明らかになってきたためです。



これが取り付け状態のパワーステアリングギヤボックス。ラジエターの横にあります。
でピンクの矢印の場所が遊び調整用のボルトとロックナットになってます。真ん中のボルトを回して遊びを増減しロックナットを締めることで固定します。
僕が受け取った時付いていたギヤボックスは何度調整しても動きがイマイチ軽くならず、緩めていけば出るはずの遊びが出ない状態でした。
そしてギヤボックス側で遊びが確認できないまま通常ではあり得ない場所まで調整を緩めないとハンドルが軽くならない…どうも内部のシブさ、不調を疑わずに得られない状態。
 5型のパワステギヤボックスの程度の良いものが手に入った(意味深)のでこちらに交換してしまおうということです。

それともう一点。


左がJA11V、右がJA12/22Vのステアリングシャフト。
これは室内のステアリングコラムとエンジンルーム内のステアリングギヤボックスを繋ぐために使っている部品です。
うちの車は油圧パワステのJA11VにJA22Vの電動パワステが取り付けられています。JA11用のパワステ無しのコラムとJA22系の電動パワステ付コラムではエンジンルーム側に突き出しているシャフトの長さが違います。そしてJA11とJA22ではやはりバルクヘッドからギヤボックスまでの距離も違うので…ややこしいのですが、
JA11に22のパワステコラムをつけるとJA11のステアリングシャフトでは少し短くなってしまい、そこにJA22のステアリングシャフトをつけようとすると今度は長すぎて収まりません。
S氏は通常通りであればJA11用の特注加工品(ギヤボックス側スプライン部が長い)を使っているとのことですが、どうやら今回は急ごしらえだったためノーマルが無理やりついてました。ネジ部がなめそうになって引っ張られてるよ…

ということで、大声では言えない方法でチョチョイとすればJA22Vのステアリングシャフトがドンピシャで取り付けられるようになるんですね。


このとおり。
ギヤボックスに刺さるスプラインの場所もきっちり収まってバッチシです。
それとこのジムニーですが、ノーマル状態だとステアリングシャフトの間に挟まれているラバーマウントが衝撃を逃がすためステアリングにキックバックが戻りにくい反面、どうしてもハンドルがグニャグニャします。ジムニーならこんなもん…といえばそうなんですが、この車はラバーマウントにかませるステンレスあて板が入っているのでシャキッとしております。

交換が完了したら抜けたパワステオイルを補充し、エアー抜き。
この時代のスズキのパワステオイルは通常のATFでOK。エンジンをかけてアイドリングさせたまま据え切りでステアリングを左端から右端まで切るを繰り返し、パワステポンプから音が消える(小さくなる)まで切りつづけてからアイドリング放置。泡が消えて来たらレベルを確認して完了です。

結論

劇的に直りました。普通の車です。シブくもないし、復元力が戻って来ました。
あまりにも普通に走るようになって感激してしまいました…普通って…すごい…

次。



先日保留になっていたフラッシュアンサーバックリレーが届いたので取り付け。
COMTECさん…本体からはリレー信号出力しかなくてオプションリレーを買わないとどうにも出来ない仕様は、商売上手すぎます。(笑)

COMTECのBe968は本体のサブカプラからフラッシュアンサーバック線を取り出し、常時電源とともに入力することで左右のウィンカー線にフラッシュアンサーバックを出力します。




本体サブカプラ。ノーマル状態では黄色(L端子)、黒(アース)、白(ブレーキストップ結線?)しかありませんが、この状態では紫(ドアーアンロック出力)、緑(ドアーロック出力)のほかに今回青(ハザードアンサーバック出力)を追加します。



Be968からのハザード出力は写真のディマースイッチ12Pカプラの緑/黄と緑/赤へ結線します。それぞれが左右のウィンカーへつながっています。

完成した作動状況はこちら。

こんな感じです。

というわけでキーレスエントリー&ハザードアンサーバック化、完成しました!
次は室内を仕上げていこうかなと思ったら…
ぷえこ「あ、そのうちリヤコーナーパネルと目隠しパネル届くからね」
アッはい。

===================================

次回、第12回に続きます

コメント

ういろー
No.1 (2020/04/06 18:37)
初めまして、急に過去の記事にコメントしてしまい失礼とは思いますが電動パワステ化で気になることがあり、知恵をお借りしたくコメントさせて頂きます。今JA11に22流用の電動パワステ化を考えているのですが、エンジンルーム内のシャフトを11か22用どちらを使えばいいか分からず足踏みしてしまっていまして、ご迷惑とは思いますがアドバイス頂けませんでしょうか?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事