おこめ式自動車工房

【ジムニーDIY】第三回 修理の覚書① 異音の検証と他

2015/03/22 20:34 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 自動車
  • ジムニー
  • DIY
(今回も今までのゲームブロマガ読者さんにはさっぱり解らない車ヲタのどうでもいい知識や用語、ウンチクが大量に出てきます。ご注意ください。)




 初めて乗った車はイスズ エルフ2tスーパーロングとダイハツ ハイゼットトラックです。
おこめです。15歳位の頃農家の義理の長男坊(意味深)だったので…勿論、公道外の話ですよ?

 さて前回の記事から書いてきたこの車の色々な問題点ですが、今日いくつか作業してきたのでまずはそれらの覚書から。



 リヤーディファレンシャルからの唸り音が大きいこと、それに走行中の下周りからの異音について調べます。

 (よくある修理解説されている方々ほど詳しく”ここです”みたいな写真を撮ることはしていませんので悪しからず)

リヤデフは車を持ち上げた状態でサイドブレーキを下しておきタイヤを動かしてガタの大きさからバックラッシュの多さを見ることで”感覚的に”良し悪しを判断します。
具体的に分解測定するほど詳しくやってませんすいません。やり方は知ってるのですが…どうしてもそこは「悪そうなら換えちまえ」という解体屋魂です(笑)
リヤドラムを分解しドライブシャフトを直に回してみたところどうも…譲り受けてきたそのままの車はデフのピニオンギヤがかなり劣化している様子。預かる前にS氏がドライブシャフトのベアリングを交換してくれたらしいのですが、それ以上にこのリヤーハウジング(通称:ホーシング)そのものがかなり使いこまれたもののようです。
リングギヤのバックラッシュはあまり大差がなかったですが、用意しておいたもののほうがガタが少ないのでやはり交換することにします。



新旧ホーシング。
ちなみに会社の在庫解体から外したものなのですが(これを役得という)同じ3型SCOTTのA/T車が偶然あったのでそれを下しておきました。仕事が暇なときに。(笑)
 中古部品商売してる解体屋としてはJA11Vは「置いとけばとりあえず何でも売れる」商品なので在庫はたくさんあるのです。グウゼンデスヨー(カクカク)
S氏の話だとJA11V型のオートマ用はファイナルギヤ比(ディファレンシャル減速比)がすべて共通らしいのでSCOTTじゃなくてもよいらしいのですが…ちなみにマニュアルシフト用だと数種類あるので型式を合わせないと前後ホーシングでギヤ比がかわってしまうのでアウトです。



ジムニーの11以降はサイドブレーキがリヤドラムブレーキ内蔵になっていますね。
これがJA71V以前(550cc)になると本当にトラックなどと同じトランスファ後部にサイドブレーキドラムが付いているものになります。

 次に、デフが下りているうちに走行中の異音の原因を調べます。

症状としては、走行中にブレーキを踏むと車の下部で「ドン」という音がすること、そこから再度加速しようとすると「ガチッ」みたいな音がしていること…どうも感覚的には何かが前後に動いているか、A/Tのブレーキバンド周り…が宜しくないような…
リヤデフが原因ならば今回の交換で直ると思いますが正直いって違う気がする。
とすれば次はトランスファユニット。
リヤのプロペラシャフトが外れている状態なので手で動かして確認。
…特におかしな点はなし…
別途用意していたトランスファとガタや音、動きを比べてみるものの全く差がない。

…うーん、それよりも、トランスファを動かしてみるとその前についているオートマチックトランスミッションの中で通常しないようなガチャガチャ音がしている……これかなぁ…

変速もスムーズですし通常走行も全く問題はないのですが、走行しているとどうにも気になるこの異音の原因はどうやらA/Tの中にある可能性が濃厚になってきました。

 ……下すかぁ…オートマ…orz

これはまだ何もしていなかったので後日オートマ交換するしかなさそう。

…わーい、ブロマガのネタがふえたぞー・・・・・

 あと実作業してみて気づいたのですが、僕に渡す前にこの車はやはりかなりメンテナンスされていたようで、後部のシャックルブッシュとKYBのダンパー取り付け部のラバーブッシュはすべて新品になっていました。やるなぁS氏。なぜかスプリングワッシャ入ってなかったけど。
 リヤホーシングを載せ替えたらサイドブレーキワイヤも調整、リヤブレーキライニングの調整、ブレーキホースを付け替えたのでリヤブレーキフルードのエアー抜きもします。
嫁つれてきててよかったなぁ。車のブレーキフルード交換(エア抜き)一人でやるとアホみたいに面倒だもんなー。

 気を取り直して次。


以前の記事でも書いたコラムカバーの穴問題ですが、修正しました。





ちゃんとJA22系のコラムカバーを用意しておいたのでそちらに交換。
11ジムニーに22系のパワステを取り付けしてあるので、メーター下で干渉部を切って整形しておかないとつきません。これは以前付いていたJB23W用と同じような形にエアソーでカットしてつけたところバッチリでした。やったーカギがちゃんとしてるー

内装カラーがJA11は基本黒でJA12/22以降は基本グレーなので色めっちゃ違うけどー、気にしない!!

 それとステアリングのフィーリングがなんか変という話ですが、先日S氏がわざわざホイールを交換するために届けてくれたのでその時点でS氏と共にあれこれと確認したり調整したりしました。具体的には2つのパワステの遊び調整です。
お蔭でかなり自然に近い感触に戻ったのですが、やはりニュートラル復元はあまりせず。
S氏の話によるとこれは”ツインパワステの弊害”もかなりあるらしいです。具体的には電動パワーステアリングの保持力がセンサーの影響で切れないようになることがあり、他の人の車でもやはり「左に切るとかなり戻りが悪い」「基本的に戻らない」車が多いとのこと。
余程気になるようであれば、個人的にもう1つJA12Vの電動パワステ持ってますしJB23Wのパワステも実は在庫しているので今後いろいろやってみようかと思う節もあります。
一生遊べるレベルで付き合っていく車なんだなぁ…後日ダッシュボードも交換するつもりなのでその時にJB23Wのパワステに換えてみようかな?

ということで作業中に頭痛がしてたので今日の作業がここまで。
実走してみたらリヤーデフはかなり静かになりました。A/Tらしき異音は直りませんでしたけどね。う~ん、まだまだ手がかかるな。




今の仕事になってからずっと家に置きっぱなしにしてたバイク屋時代のマイ工具をひっぱり出してきてジムニーに積んどくことにしましたよ。
あれー、こんなにあったっけ、という感じ。昔の僕って金持ちだったんだなあ…
ネタでも書きましたが好きな工具はMAC TOOLSです。


================================

次回

第四回 「修理覚書 その2(もしくはカスタムプラン)」に続きます。

コメント

葉桜 真
No.1 (2015/03/22 20:59)
解体屋だから出来るパーツ切り捨て算!
そこにしびれる!あこがれるうー!!(AA略
ちえ
No.2 (2015/03/23 20:17)
JOJOォォ俺はジム女になるぞォォォォォォォォ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事