おこめ式自動車工房

【チェイサーDIY】俺のツアラーV⑰ アンダーコート剥がしたり

2019/10/20 20:09 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 自動車
  • JZX100
  • ドリ車
  • DIY
(このブロマガは元自動車整備工/民間車検業であり国家資格二級自動車整備士持ちの解体屋のおっさんが私用で独断と偏見に基づく車いじりをしている様をお届けしています。絶対に真似をしないでください)




今年のGWは生まれて初めてカーフェリーに乗りました。
波が高くて大荒れだったけどフェリーから見る太平洋は壮観だったし楽しかったナァ。
関係ないけど喫煙所で当時出たばっかりのiQOSMultiを吸ってたら金髪のトッポい兄ちゃん(死語)に
「それ新しいiQOSッスよね、実際どうなんスか?俺前iQOS使ってたんスけど合わなくって…」
と、妙に気さくに話しかけられたのを思い出しました。何だったんだ彼は(笑)

さて今日は先日から始まった僕のチェイサーの競技用ドリ車化計画(可逆的)の続きです。




内装剥がしに続いて要らない後席ドアの内張を剥がします。パワーウィンドウスイッチだけ残しておかないとガラスの上下が出来なくなるのでタイラップで纏めておくだけに。スピーカーも外します。フロント側は残すか剥がすか悩んでいる所なのですが現在はスピーカーだけ全て取り外して内張りは元にもどしてあります。オーディオは既にありません。




リヤシートの座面の下からアンダーコート剥がし開始。
車遊びをしている諸兄は少なからず経験しているであろうこの光景です。

アンダーコート剥がしなんですが、人により様々なやり方がありますしいろいろな自己流が研究されていますね。暖かい時期に柔らかくなった所を剥がす派、寒い時期にカチカチに硬いところを割る派、過激派にはバーナーで炙って溶かしてからヘラで剥がすとか、ドライアイスでカチカチにする、等々…
僕は20年前と変わらないやり方でハンマーと皮スキタガネと貫通ドライバーとカミソリ刃スクレイパーです。現在の主流はエアハツリ(スクレイパー)なんでしょうかね。
なんで色々なやり方があるかと言うと

要するにこの作業、時間がかかるし面倒くさい
ではなぜやるのか。

重いんですよこのアンダーコート。チェイサーの一台分だと20kg近くあります。ボディーとシートやカーペットの間にこの重たいコート剤を貼っておくことで外部の騒音や振動を吸収し車の快適性能を上げるために貼ってあります。
そしてトヨタの(当時)ミドルクラスセダンであるJZX100も、シルビア系などに比べてもかなりガッツリと貼ってあります。これを可能な限り剥がすことで車の軽量化に繋がりますし走行中の外部からのインフォメーションを得やすくなるわけです。

つーか、ドンガラボディカッコいいし…(偽りなき本音)




チェイサーの内装なんですが床を剥がすとそのアンダーコートの多さにビビります。フロアトンネルにもびっしりですし、運転席助手席の足元は2重です。今回はバルクヘッド中までやる気はなく足元の奥とミッショントンネル部は残す予定です。




画像を撮り忘れたのでいきなりこれですが皮スキと1番(大)のマイナス貫通ドライバーでアンダーコートを起こしたらバリバリと割って剥がし、厚い部分を一通り剥がし終わったら残った剥がしきれてない細かいクズをスクレイパーで剥がします。かなししぶとく貼ってあるのでクズがどんどん出ます。細かい破片は掃除機で吸い、また剥がし、吸い、剥がすを何度かやります。




あらかた細かいクズを取ったら仕上げに強めのパーツクリーナーでお掃除。CRCのブレークリーンのような溶解性の強いものが良いです。大〇魂のパークリだと溶けが足りなくて何度もやるはめになるよ!!
あらかた汚れが浮いたらウェスで拭いて、大抵剥がし残した点々があるのでカミソリ刃で擦り、拭き…を繰り返すと



とりあえず1か所終了。よくみるドンガラ車になりました(笑)

…これ、同じ要領をあと9か所やるんか…?
(数えたらフロアトンネルも含めて10か所剥がすことになってる)

3連休のうち2日を費やし途中で酷い腰痛が出て中断したりしましたが2日間で半分以上終わらせて終了。



初日の終盤、助手席の下の2重アンダーコートが固すぎて様子を見に来た嫁に手伝わせる僕の図。(本人は腰が痛くて座っている)

==========================================




3日目。初日から使っていたカイン〇ホームの皮スキが使いすぎて破損したのでコメ〇でいろいろ買い足し。ブレークリーンが終わってしまったので試しに非揮発性のパーツクリーナーを購入してきました。溶けるタイプですが…ケロシン臭いwwww




4日目。助手席下まで終わり、フロアトンネルもサイドブレーキ後ろまで終わり、運転席下を剥がしたので残るは運転席足元の剥がしと運転席下の仕上げです!
剥がしたやつをまとめてあるゴミ袋を持ち上げるとアンダーコートそのものの総重量に驚きます…やっぱ20kg、最終的には余裕で超えてるくんじゃないだろうか…??




運転席足元をやっている途中。
なぜそんなタイミングの写真かというと疲れて腰が痛くなって座り込んでから
「あっ写真写真」
と撮っているからに過ぎません。




運転席足元を剥がし終わったのでコ〇リで買ってきた非揮発浸透パーツクリーナーを試します。揮発しないので吹いてしばらく放置してからウェスでガーッと拭けるのが良い。効果もなかなかなんですが、如何せん非揮発なので仕上げに揮発性のパーツクリーナーで拭き取らないとケロシン臭さが残ります、結局使うのな〇阪魂…



先日剥がしたあとノリが残っていた助手席足元も非揮発性で浸透放置したら綺麗になりました。これはなかなか良い





ということで内装のアンダーコート剥がしはこれで完了!




作業中出たゴミも入っちゃってますが剥がしたアンダーコートは総重量20kg位ありました(適当)

現在他の作業を複数並行して行っているのですがそれも進み次第逐次更新していこうと思います。とりあえずは室内から仕上げようと思います。

…LSDとクラッチ、書類に1枚ハンコ押してどこかにお願いしてしまいたくなってきた。(笑)

=========================================

次回に続きます。

コメント

ちえ
No.1 (2019/10/21 01:08)
ちなみに自宅前庭である程度の作業が出来るように一度思いっきり盛った砂利を時間をかけてほぼ水平に近いところまで削りました。この後車の下にもぐる作業の時に役立つと思われます。ぷえこです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事