ジョジョの奇妙な部分も考察

【番外編】 ドリフターズ原画展に行ってきた。平野耕太「ドリフターズ」原画展

2013/10/13 18:57 投稿

  • タグ:
  • 平野耕太
  • ドリフターズ
ブログ全体のタイトルをあんなのにしてるのにドリフターズのお話。
まあ一応おまけページにジョジョの話出てきてなくも無いから・・・
(荒木先生何もかかわってないに決まってるけどねッ!)

今月(2013年10月)の12日から20日まで ”平野耕太「ドリフターズ」原画展”

↓詳しくはここ↓
http://www.kanko-sekigahara.jp/event/kassen2013/genga.html

てのを関が原でやっててそれを見に行ったのです。
漫画家の先生の原画展に行くのはこれで3回目なのです。

1回目:ジョジョ展 in Tokyo
2回目:ドラゴンボール原画展
3回目:平野耕太「ドリフターズ」原画展

ちなみにDBの原画展は漫画ほぼ読んだこと無いからだろうな、”絵上手いねやっぱり”で終わってしまったんだよね。感動とか素晴らしいなって気持ちは全然沸いてこなかったんですよね・・・好きな人には申し訳ないけど。

今回の原画展は漫画の原稿のみだったんですが、単行本が1年に1回出るかどうかの平野先生ですからやはり描き込みはすごく細かい。漫画読めば分かるんですけど、原画の魅力って言うの?ありますよね。アレです。感動するわホント。ちょっと泣きそうだったw

主要登場人物の初登場シーンだとか漂流者(物)VS廃棄物の戦闘シーンとかを持ってきて展示してあるので、全話に渡ってというよりは数話を抜粋した展示でした。

入り口 お豊久のパネルがお出迎え


今回の原画展の看板。関ヶ原合戦祭りと同じ絵ですね。コミックス1巻のやつ


廊下 十月機関の面々


原画展自体は撮影OKだったんですが、結構ね狭くてw
信長と与一のパネルはそのせいで上手いこと撮れなかったです・・・
あと「原画撮影して来いよマヌケッ!」って思う方ももしかしたらいると思うんですが、
(直に見ないと意味無いと私は思ってますけどね)
展示用の額とかガラス板で蛍光灯反射しちゃうので上手く撮れなかったんで撮って無いです。

展示場のすぐ横でグッズ売ってたんですけど
(ドリフターズグッズ以外にも関が原のお土産も売ってて9割5部ぐらいそっちでした)
テレホンカードとTシャツは無くなってましたね既に。
なのでクリアファイル(何故か非買品と書いてある)
十月機関お札付箋(過去にコミケで売ってた)
マルチクロス3枚セット(同上)
と関ヶ原のお土産買って帰りました。

ドリフターズはまだ3巻までしかコミックス出てないですが、ヘルシング楽しめた人には同様に楽しめる作品で(言うまでも無いか)相変わらず激しい心理戦をちょっと混ぜた戦闘とギャグ?がいい味出してる作品です。

何故かジョジョに熱心な人からの評価が高いヘルシングとドリフターズ。
読んだ事無い人はお勧めします。この漫画は!滾るッ!!

蛇足ですが、京都経由で関ヶ原に行かんといけないので途中JR京都駅で降りたんですけど、京都ってエスカレーター乗るとき右側空けるんですよね。驚いたわ。大阪も兵庫も左空けるからね。

おしまい

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事