Richard.I.P.のChatterBox

東方GTA サンセットバレーストリーズ Part3について

2015/01/22 16:56 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 東方GTA
  • シム東方
流石に書きすぎですね。申し訳ない。
ただ、記憶が残ってるうちに書いておかないと、
我が家の石が落雷とともに割け、そこから出てきた書物より
この話を思いついたとか、滅茶苦茶なことになりそうなので、
覚書代わりにかいております。
”都合の悪いことは忘れよ” 悪魔超人、Richard.I.Pでございます。

さて、Part3は本来Part2と一体化する予定だったのですが、
編集段階で非常に尺が長くなりすぎた為、あえなく分割の憂き目を見ることとなりました。
街の説明など必要なのかな、とも思いましたが、
東方GTAを謳っている以上、シムズ3をプレイされたことのない視聴者の方への説明、
さらにシムズ3体験者の方には街の違いを実感していただくため、
後は設定をすぐ忘れて、メモをすぐ無くすバカな自分用覚書として、
一話分切り出すことと相成りました。

作品規範が説明文に挙げておりますが、これも自らへの覚書用です。
・GTAキャラに関しては、本編と矛盾が起きないようにする。
 
 二次創作なので、キャラ付けを少し壊すことがあるのは致し方ない所ですが
 GTAを未プレイの方に極端な先入観を抱かせてはならないという思いがあります。
 これを機にGTAに興味を持っていただければ、というムシの良い願望でもありますが。 
 
・エログロの禁止
・メタネタはフレーバー程度に留める
 ここらへんは私の技量で面白く描写する自信が全くないから、という理由があります。
 ただし、本編プレイした人がクスッと思える内容も少し入れたかった為、
 原作準拠ネタはポチポチ入れてます。
・以上に抵触しない限り、自己解釈は大いに盛り込む
 これこそ、二次創作の醍醐味ではないでしょうか。
 GTA勢はなかなかそれが難しいので、この辺りは東方勢にかなり負ってもらっています。

BGMは雰囲気に合うものを、GTAシリーズからピックアップしておりますが、
Da ShootazのJoy Ride(いつの間にか曲名が Grand Theft Auto)は
GTAシリーズのテーマソングというべき曲なので、こんな局面で使っていいのか
とも思いましたが、出し惜しみするほど引き出しもないので、結局使ってしまいました。

見返すと、セリフばっかりでつまらない構成になったかなという反省があります。
動きで表現できればいいのですが、どうにもセンスが追い付かず、試行錯誤しております。
CJのコンテナハウスいじり路線はここで鉄板ネタと、自分の中で位置づけられました。

話のオチをどうつけようか困っていたのですが、撮影中たまたま魔理沙が
DJブースに吸い込まれた為、いい区切りになりました。
さして各人の動きが重要でないときは、フリーウィル、つまりAI行動するように
しているのですが、なかなか面白い動きをしてくれます。
魔理沙が一般市民と殴り合いを始めたり、CJがゴミ箱ダイブしたり、
全く使えないのもちょいちょい出てくるのですが…

ミッション終了時の赤字はRoque君に考えてもらってます。
制作の都合もあり、全部が全部そうというわけではありませんが。

今回のコッソリ出演は、リグル、妹様、そして慧音先生の三名です。
よく見ると慧音先生は最初本を読んでるんですが、何でそんなところで…

Part10は撮影中ですが、区切りが難しい為、ちょっと難航中…
気長にお待ちください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事