赤マフラー書き放題

ダウター・チアゲール=ネム・クナールの法則

2013/07/20 03:23 投稿

  • タグ:
ダウター・チアゲール=ネム・クナールの法則(Law of Dowt A. Chagell & Wnem Cnail , 通称D&A則、DAW則)とは、長期間の単純作業の後に創作的活動を行う場合にその効率が著しく落ちる現象を表した法則である。現在は生理学現象に基づいて説明されており[誰によって?]、主な症状として眠気、倦怠感、眼精疲労などがある。
 1985年、フランスの精神学者であり医師であったダウターは、躁鬱病患者の臨床データから一定の周期性を見出し、これをダウター周期と名付けた[1]。同時期、ドイツのケルン工科大学人間工学部教授であったネムは工場労働者のヒューマンエラーの数に一定の規則があることを発見し、これをネム則として発表する[2]。
 その後、ドイツベルリン大学の教授であったパルコ・ヴォルテンシュタインがこの二つの発表の相似性に気づき、追証を行いダウター・ネムの両人立ち会いのもと学会で発表した。法則の名前はパルコの提案により[3]両者の連名となった。
 人間工学と神経科学の両方に密接に関わる発見であり、現在では工場や農場などから、アメリカの企業を筆頭にして様々な業種に応用が行われている[4]。


長々と書いたけど全部ウソです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事