ゆかりさんを世界一位にするためのつぶやき

MMDメモ「MMM物理演算備忘録」

2013/05/25 16:35 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
物理演算に関するメモ・・・(MMM 1.2.0.0)

・「静止」モード中は激しい動きをすると剛体がついてこない。
 →激しく動くときは静止OFF
  ゆっくりめのときはぷるぷる防止で静止ONがいいかも
 (走るモーション程度だと、髪とかの剛体がついてこれずに、マシシ化する。
  ON/OFFは、フレームごとの細かい制御要)

・物理演算のチェックを非表示・演算不要なモデルはオフにする。 →表示が軽い
(モデル読み込み時にオフににする)

■物理の焼きこみ
・物理演算焼きこみ前に・・・
 →剛体位置初期化(連打)/必要に応じて床表示オフ(デフォ床の剛体消える)
  /極力初期化に近いボーン状態にする(剛体が重なってない状態)
 →焼きこみ前に「常に演算」にしておき、剛体の位置が正しい場所に来るのを待ってから、
  焼きこむ
 (とくに静止モードは、いきなり焼きこむと剛体が初期位置にいるのでマシシ化)

・非表示のモデルの剛体は、「物理焼き込み時に」存在しないものと扱われる
 (操作時と、「常に演算」時はあるものとして計算される・・・)

■ファイルサイズに注意
・物理の焼きこみを行うと、プロジェクトのサイズがものすごく増える
・ファイルが26M(うちのPCの場合)を超えると、
 プロジェクトが開けなくなるAVI出力しても何も起きない、等の事象が起きます。
(※PC再起動+常駐ソフト落とす等で開けるようになる場合もあり)
・また、「物理」チェックがオフでも焼きこみが行われます。
 不要なモデルの物理キーフレームは削除しましょう。
(キーフレームの削除でファイルサイズはかなり減ります)

6/5 物理チェックオフの追記


あとなんか思いついたら・・・
変なこと書いてたら教えてくれるとうれしいです

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事