日本シーレーン問題研究会

中国海軍、西太平洋上(沖縄南方海上)で大規模実弾演習開始!!!

2013/10/27 07:16 投稿

  • タグ:
  • 中国軍
  • 中国海軍
  • 北海艦隊
  • 東海艦隊
  • 南海艦隊
  • 実弾演習
  • 沖縄
  • 国家の危機
  • 拡散希望
  • 日本を守ろう!
中国海軍が、ついに太平洋上において大規模な実弾演習を開始した。北海艦隊、東海艦隊、南海艦隊の全3個艦隊が集結し、11月初旬までに艦隊機動や航空隊を使用した実戦的な戦闘訓練を行い、対空ミサイル等の実射訓練をも行うという。

中国海軍が、この規模でこの種の実戦的な軍事演習を太平洋上で行った例は過去にはない。なぜなら、かつての中国海軍であれば、遠洋航海能力がそもそもなく、あの広い洋上において、艦隊同士が指定された場所でうまくランデブーするという事はおろか、友軍艦艇に定期的に武器弾薬燃料を補給する能力さえなかったからだ。

しかし、もはや時代が違う。曲がりなりにも中国は航空母艦を持った。もちろん、武器弾薬を搭載しての航空機による発着艦訓練はまだまだだし、空母機動部隊を運用出来るだけの防空能力もない。とはいえ、中国海軍は今、驚異的なスピードでミサイル駆逐艦を建造しており、それらが実戦任務に就く日もそれほど遠い未来の話ではない。

今回の演習は、日本の自衛隊による防衛線の背後で行われる。沖縄のすぐ南だ。場所的には、カツオが日本に向かって上って来る辺りである。つまり今回彼らは、日本の防衛線を突破した「後」のことを想定して訓練していると言っても過言ではないだろう。これらの艦隊の多くは、宮古海峡などを日常的に通過しているが、ここはもはや彼らにとっては、勝手知ったる「通り道」に過ぎない。

今回の演習では、潜水艦部隊も多く配置されるであろう。彼らが自由に航行出来るのは、すなわちこれまで日本の領海スレスレを通過して西南太平洋に入り込み、10年以上もかけて地道に温度分布などの情報収集を積み重ねて来た結果である。そしてその間、日本政府はほとんど何も有効な手段を打ち出す事が出来なかった。もはや太平洋には、中国の潜水艦がウヨウヨしていると考えてもいい状況なのに、相変わらず我々日本国民の多くは、何も知らされぬまま、毎日ビールを飲み、テレビを見ながら笑っているわけだ。

中国軍は、そんな能天気な我々の背後に回ろうとしている。それでもまだ引き続きボンヤリしているのか、それとも何らかの対策を国家の意思として示しうるのかは、国民一人ひとりが考えねばならない問題に違いない。さもなければ、我々は5年、10年後、間違いなく深刻な後悔をさせられる事になるだろう。

(続く)

応援宜しくお願いします!
↓↓クリックをお願いします↓↓↓


国際政治・外交 ブログランキングへ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事