PolyphonicBranchのブロマガ

ポニーテール、その刹那。

2013/08/16 22:41 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 拝啓、水底より。
  • PolyphonicBranch
  • ゆいこんぬ
  • ポニーテール、その刹那。
こんばんは、ぽりふぉです。
幸い、天変地異も身内の不幸も耐え難い睡魔も無かったので、

「拝啓、水底より。」全曲解説
第二夜目、行ってみたいと思います。


二曲目:「ポニーテール、その刹那。」

ド派手なイントロから始まります。
一曲目「凍る光と深海魚の涙」から一転して、
アップテンポでキャッチーな曲に展開しています。


アルバムタイトルと句読点がかぶっているのは、
意味深に見せかけた偶然です。
気にしないでください・w・


この曲はメロディーがとても気に入っていて、
作曲するときもすんなりと降ってきました。
たまにあるのですが、整合性を何も考えずにスラスラと作れる、
所謂「神が降りた」モード時に作った曲です。

まさに、無敵。

なんかここまで書いちゃうとすんごい神曲みたいに聞こえてしまいますが、
ぽりふぉの中では神曲です!(控え目)

ギターも衝動的で勢い重視で弾いた割には上手くまとまっていて、
プレイの面からみてもかなりお気に入りの曲になりました。

ということで勢いを重視して二曲目にこの曲を持ってくることにしました。



物語も一転し、主人公とポニーテールの幼馴染の放課後の教室と屋上での
一瞬を切り取った疾走感あふれる青春ソングに仕上げました。



-「3秒」
サビで毎回出てくる「3秒」という数字ですが、
この曲では全て呼吸に絡めて動作が始まります。

そして、「3秒」とは
光が90万kmを走破する時間であり、銃弾が1kmを駆け抜ける時間。
呼吸をするのに必要な時間。涙が零れ落ち、爆発物が爆破し、SMSが送受信される時間。

と表されるように、

「行動を起こすための最小の時間」という意味で使っています。




この曲の主人公たちは幼馴染の関係にありますが、
歌詞を読んでいただくと、女の子が圧倒的に強いですね。

男子は草食系というか、うじうじしたダメ男予備軍というか、ぽりふぉです。

ウソです・w・

こういう幼馴染の関係もありかなーなんて、
妄想を暴走させながらあまりなさそうなお話を書いてみました。

ちなみにぽりふぉには異性の幼馴染はいません。(フラグ折れた)

まっすぐで、誠実で、芯が強くて、皮肉にも負けない(笑)
純粋な女の子を描き切れたはず!!


そして男の子もそんな幼馴染に感化されて、少しだけ上を向く。

そんな、夕日が美しく沈む放課後の屋上。

一瞬にして沈んでしまう太陽に、
青春の儚さを重ねて聴いてもらえるとうれしいです。


そして、次のブロマガでお話ししますが、

この女の子には重大な秘密が!

がんばって次も更新しますね・w・



この曲は、PolyphonicBranchのアルバムへは初めて参加していただく
ゆいこんぬさんに歌っていただきました。

ハリがあってどこまでもポップな歌声。なのに切なさ成分も多めで、
ゆいこんぬさんの歌はこの曲には絶対ハマる!と確信していました。

そして聴いていただけるとわかるように、
まさに狙い通り
に仕上げていただきました。

ゆいこんぬさんのことをポップの申し子と呼びたい気分です。

怒られそうだからやめておきます・w・


こんな感じで二曲目は一転してポップな青春ソングとして聴いてもらえるとうれしいです。




さてさて、次は三曲目ですがぽりふぉは納期が迫っていて、
タイプする手が若干震えていますので、
もしかしたら一日、二日、間が空くかもしれません(予防線)


がんばるから!!
がんばって納期倒して帰ってくるからね!
待っててね!









コメント

lll7
No.1 (2013/08/16 22:57)
かこつです
カメレオン・ラブ期待
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事