戯念が書いてるやつ

#CG総選挙ドラフト生 指名理由についてと、今回の総選挙の動向予測など

2018/04/23 20:15 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • モバマス
プロデューサーの皆様おはようございます、戯念と申します。
綾瀬穂乃香Pをやっております。


だいーーーーーーぶ時間があいちゃいましたが、先日4/9に行われましたあいうえおP主催の「シンデレラガールズ総選挙ドラフト生」に今年も出演させていただきました。
企画の概要はこちらを見てね

去年は準備不足だったり雰囲気に飲まれたりとうまく立ち回れず、結果的にはそこそこの順位につけましたが個人的にはうーんな感じの結果でした。
やっぱりやるなら、勝つべくして勝ちたい!
というわけで今年はちゃんと自分なりに理論武装して立ち向かうことにしました。

そんなわけで、僕の順位予想とその理由、指名理由、そして今回の総選挙全体の動向の予測と、あと僕が今回の立ち回りを決めた理由を書いていこうと思います。
中間発表前だし今なら後出しジャンケンにならないぞ!(今この記事を書いた理由)



あ、ちなみにこれが今回の指名結果ですね↓






■予測順位
まずは僕が予想した今回の総選挙の順位をどーん



太字は実際に指名したアイドルです。

理由をちゃんと考えて順位をおいたアイドルもいれば、うーん入るだろうけどこのへんかなーでおいたアイドルも居ますし、パッと見でアーニャおらんやんけみたいな穴のある予測ですが・・・ひとまず僕の指名の根幹はこれです。

本番でも触れましたが、僕は今回声付きが有利な総選挙だと思っています。
(詳しい理由は後述します)
ですので、例年通りmobage版のみで開催されていたときの予測順位よりも、声付きを上めに、声無しを下めに補正して順位を決めています。

さて、僕の順位予測で最も特徴的だと自覚しているのが、「10位一ノ瀬志希」です。
これは僕の「勝つための指名戦略」の根幹、ドラフト猛者に対抗する為の銀の弾丸だったわけで、こいつを中心に組んだドラフトと言っても過言ではないでしょう。
というわけで次はそういうお話。




■指名理由と戦略
皆さん知っての通り、ドラフトは単に順位を予想して、上から順に取っていくゲームではありません。
順目が下るたび、点数が高そうな(予測順位が高そうな)アイドルは取られていき、結果的には上から順に取るような形にはなりますが、その中でいかに「低い順目で高い点数を取れるか」が勝負を決めます。

そう考え、「僕は高く予想しているけど、みんなは低く予想しそうで、僕の予想通りに行けば低い順目で高い得点を与えてくれそうなアイドル」を探した時、目をつけたのが一ノ瀬志希でした。

ですが、そういう戦略が通用するのは順目が後ろのときであり、上の順目では固く安定して点数が入る指名ができていないと予想に反した結果になった時ボロボロになる可能性があります。

というわけで、僕の指名戦略は
・上の巡目ではできるだけ固く、安定感があるのを取る
・下の順目では僕は高く見てるけどみんなは低く見てそうなアイドルを取る
という感じになりました。偉そうに書いてますが普通ですね。

ですが、そう言う考えなら、「各順目で取りたいアイドル」を先に決めておけるわけですね。
だってみんながとらなさそうなとこを取るわけなので。

そんなわけで、僕が予め作っておいた、指名予定表がこちら。

太字は実際に指名したアイドル。
9巡目以降は、予測順位が50位以内で且つまだ指名されていないアイドルを取っていくことにしました。

この予定表はほぼ完全に機能し、3巡目・6巡目・8巡目以外はすべて第一候補、3巡目も第二候補を指名でき、また6巡目はもともと4巡目の候補に入っていた美嘉を指名できたので、自分的にはかなり戦略通りの指名ができたと思っています。

というわけで、各順目の指名理由を。

1巡目:本田未央
シンデレラガール争い、僕は未央vs菜々だと踏んでおり、この勝負はどっちに転んでもおかしくない、予測のつかないものだと思いますが・・・指名は迷いなく本田未央を選びました。
去年のドラフト1巡目で僕はかえでさんを指名したわけですがクジでハズれ、1巡目本田未央を取ったわけですが、去年未央は2位と大健闘し、僕の得点に大きく貢献してくれました。
ジンクスと言うほどではないですが、未央vs菜々で悩むなら、未央を今年も信じよう、というわけで1巡目指名には未央を置きました。
結果的に僕はクジで勝ち、無事に未央を指名できたわけですが、この「1巡目に予定通りの指名ができた」という結果は精神的にとても余裕ができ、その後の指名にもいい影響を与えてくれました。サンキューミッオ

2巡目:輿水幸子、3巡目:小日向美穂
ここは「固い」指名です。安定感があり、得点を稼いでくれるこの2人のチョイスは戦略に沿ったものでしょう(自画自賛)
ちょっと話はそれますが、僕は「最上位Coの指名はできれば避けよう」と思っていました。
最上位Co、つまり楓・茄子・文香・奈緒・加蓮あたりですが・・・この5人、CoのTop5だけでも大混戦になると思いません?
正直言って僕はこの辺の上下感覚には自信がありませんでした。
ですので、「固さ」を意識するなら、この辺は第一候補に持ってこないほうが無難かな・・・という意図で、この順目の指名を決めた部分はあります。

4巡目:的場梨沙
これは本当に悩んだ。自分の予測順位でも39位とそこまで高くなく、後の順でも指名できるんじゃないか?という悩みはもう本番の指名直前まであったんですが・・・
でもやっぱり、的場梨沙は欲しかった。
U149で晴に声がついた今、ヴァリサはハネる予測と落ちる予測があり、僕はハネルる予想をしていたわけですが・・・今回のコンセプトの「俺は上がると思ってる、他の人がとらなさそうなところを取る」っていうのを自分でも明確にするために、ヴァリサを指名しておきたかったのだ・・・

5巡目:一ノ瀬志希
こいつが今回の俺の主戦力、5巡目で40点を持ってきてくれる爆弾としての指名です。
前回41位とまあ奮っていないわけですが、デレステで見ると話は違うと思うんですよね。
LiPPs人気はもちろんですが、二次創作界隈でも一ノ瀬志希を見ない日はありません。
声付きが強い、いわば単純な人気投票になると、こいつは相当上に刺さると思います。
(「単純な人気投票」については後述)
でもたぶん、みんなは指名しないんですよね。だって前回41位だし、そりゃそっちに見を振るのは怖い。ならばそこを突くしかないのだ。

6巡目:城ヶ崎美嘉
元々はあすらんを指名しようと思ってたんですが、ここまで来てまだ美嘉が残っていたのでピック。今回のコンセプト的に4巡目指名候補だったんですが、まさかここまで残るとは・・・
しかし、「あとまで残りそうで高いそうなところを取る」というコンセプトには(偶然ですが)合致しました。
美嘉、勢いあると思うんだけどな、今回。

7巡目:綾瀬穂乃香
特に言うことはないでしょう。

8巡目:大槻唯
ここからは予定表ではなく順位表で残っているアイドルを指名してきました。
ほんとはこのへんでほたるを取ってうまあじを狙っていたのですが・・・まさかあんなに早く消えるとは・・・
去年のドラフト、僕は唯ちゃんにめっちゃ助けられてるんですよね。
去年僕は「唯ちゃんはライブ加点あるよ!」と言って指名したんですが、周囲は厳しいだろという雰囲気だったんです。ですが、蓋を開ければ圏内でした。
未央と同じ様に僕のドラフトにとっての女神様なんですよね・・・界隈も盛り上がっていると感じてます

9巡目:村上巴
やっぱシンデレラマスターが、ガチの演歌で出たのがでかい。
しかも総選挙期間中ですし、なんならモバマスも再登場間近。デレステも最近露出が多いし、加点要素モリモリだと思うんだけどなあ。去年1桁ですよ

10巡目:水木聖來
本番でも言いましたが、デレステにはおはガチャっていう文化があり、「おはガチャNewのSSRだ嬉しい→一票行っとくか」みたいな流れはあると思うんですよね・・・
デレステのそういう票だけじゃなく、モバマス側の票も期待できる、最近出たSSRの子ということで、ここは聖來さんを指名しておきました。

11巡目:赤城みりあ
今回唯一の予定になかった指名。いや・・・台湾公演の黒沢ともよめっちゃヤバくなかった?ヤバかったよね?俺はそう思った。みんなもそう思ったと信じてるよ。

というわけで、指名理由でした!ちゃんと理由あるんだよ!!
最後に今回の総選挙、ついでに次回の総選挙の動向も予想してこの記事は終わりです。


■今回の総選挙の動向
前述しましたが、僕は今回の総選挙は声付きに有利だと予想しています。
そもそも、デレステ側から見ると今回の総選挙は「第一回目」なんですよ。
デレステから入った人で、総選挙で声がつくということを「知っていても」、「体験したことはない」という人が一定数いることは予測できます。
知っている、という事と、体験したことがある、という事には大きな開きがあります。

且つ、我々のようなダイマだプレゼンだ動画だみたいな渦中にいると忘れがちですが、twitterのアイコンが自撮りでフォロワーがリアル友人しか居ないような、オタクから離れたところにいるふつーの高校生みたいな人も、ごく普通にデレステやってるんですよね。

そういう部分を加味した時、今回の総選挙は最近の「上位に入って声をつけよう」よりも単純な「人気投票」になると思っています。
それはまあ仕方ないというか、予測できることでしょう。
それよりも、その動向をどう利用するかです。


個人的に、我々の感覚としての「面白い」総選挙は来年だと睨んでいます。
デレステユーザー約40万人のうち何割かは、総選挙の熱量を感じ、「俺達の投票でマジに声がつくんだ」と「体験」することになります。
そうなると、もはや予測がつきにくい選挙になること請け合いでしょう。
来年は今年と比べて遥かに「面白い」総選挙になると思います。
(総選挙があればね)



で。
こっからがキモというか個人的に書きたかったことなんですけども。
今年も去年に引き続き、ドラフト生に声をかけていただいたわけですが、指名結果を見て「戯念の野郎つまらん指名しやがって去年の勢いはどうした」と思われる方もいらっしゃったでしょうし、そう言われるだろうなあと思った部分はあります。

前述のとおり僕は「今年は予想しやすい、来年は予想しにくい」と思いました。
ある程度理論を立てて、勝つべくして勝つ予測ができるのは、今年だと思ったわけです。
つまり、「あのドラフト猛者たちに理論でガチるには今年しかねえ!」と思ったわけでありますよ。
つまりまあ、そういうことですよ。僕は勝負する以上、ガチで勝ちにいきたかった。


じゃあ来年呼ばれたらガチらねーのかよ!って言うわけじゃありませんよ。
今年は理論が重要ですが、来年は肌感覚が問われる形になると思います。
「わかんねえけど、俺はこいつが上に行きそうだと思うからこいつに賭けるぜ!!」っていうのは来年有効な手段だと思います。
"来年のガチり方"は、そうなると思ってるんですよね。
今年はそうじゃなかった、ということです。

というわけで、あPは来年も呼んでね(ニッコリ
来年は来年で、ガチで勝ちに行く戯念をご期待下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事