鉄道、写真、軽トラ&カブいじり。~様々なちょっとした情報等々~

山形新幹線つばさ塗装変更のお知らせ。

2014/03/10 01:12 投稿

  • タグ:
  • 山形新幹線
  • 山形県
  • JR東日本
  • つばさ
  • プレスリリース
  • なす
https://www.jreast.co.jp/press/2013/20140303.pdf
↑山形新幹線塗装変更に関するプレスリリース

1992年に開業し、1999年に一度塗装変更を行い、現シルバーメタリック塗装になっている山形新幹線つばさ号ですが、この度黄色を使用した車両に生まれ変わるそうです。

使用車両はE3系1000番台&2000番台。塗装のデザインを手がけたのはE6系&E7系のデザインを手がけた奥山清行氏。

今まで最新車両に施してきた塗装とは違い、従来からある車両へあの斬新な塗装を施すというのはいかがなものだろうか。


そして更に問題なのはロゴである。山形新幹線『つばさ』号のロゴから翼が消えてしまうのである。つばさ』なのに『』がなくなってしまうのである。

私は慣れ親しんだグレー,シルバーの塗装がなくなってしまうと知った時正直がっかりだった。なんでナス色の新幹線になってしまうのだろうか。

今回の発表で『観光用列車とれいゆ』も発表されたが、そちらの塗装は非常に好感が持てる。しかしどうしてもあのナス色の塗装だけは私は許せない。

山形県やJR東日本に一応意見書としてメールや電話で問い合わせしてみた。
しかし、これから変更してくれることはないのだろうな。と思う。

4月より順次塗装変更を行っていくそうで2016年頃を目処に全車両変更するようだ。
私の知人たちに聞いてみると多数の人間が『カッコ悪い…』『違いすぎて…』『プレスリリースを見て後悔した』『現の塗装完全無視か??』という会話が飛び交っている。一般的にはどうなのだろうか。

山形新幹線はグレーを基調とした宇宙船のようなスタイリッシュな塗装という認識を今まで与えてきただけに非常に残念でならない。

コレも時代の流れか…と思うとともに怒りと残念感がこみ上げてくる。

この塗装変更は、吉村美栄子知事が『秋田新幹線に新車入れたんならうちにも入れて観光客を呼び寄せたい』と駄々こねた結果、現役車両の塗装変更という形となった。ちなみにこの塗装変更に関しての県民アンケート等は取られていないものである。

同じ車両なのに、それだけで観光客が増えると思ったら大間違いな気がする。

山形新幹線の2013年度末、現在の塗装を確認したい方は下の動画をどうぞ。
(一部旧塗装版の車両も入っています)

左下の動画は私がニコニコ動画に初めてきた時に見て、ずっと大好きな動画です。
(この動画の曲からアイマスにも入りました)










皆様もなにかご意見があれば、JR東日本に問い合せを一本入れてみませんか?
https://www.jreast.co.jp/info/opinion.html

050-2016-1651



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事