うまんごーPのブロマガ(β)

ぼくとわたしの「ニコニコとの馴れ初め」の話

2020/08/14 22:00 投稿

  • タグ:
  • 隙自語シリーズ
  • 超ブロマガ投稿祭
  • ネット超会議2020夏
  • 参加
  • ニコニコ遍歴

どうでもいい記事です。どうも、マンゴーです。

いよいよ話す時が来ましたね…。ニコニコ遍歴を!
別に話さんでもええんですが、何となくいい機会なんで喋ってみましょう。

…という名目の記事を書いていましたが、書ききれない文章量がエグいことになってしまったので、泣く泣く分割します。(そのせいで予定守れなかったよ)

第一回目の今回は「ニコニコとの馴れ初め」を語ります。二回目以降は未定。どうしようね。


ニコニコを知ったきっかけ

何だっけな…?
直接的な原因になったのはこのどちらかでしょう。

Aルート.MinecraftのVOICEROID実況より

まず、なぜMinecraftのVOICEROID実況を知ることになったのか、過去に遡ってみましょう。

僕は元々、NHK教育(今で言うEテレですね)の『ビットワールド』という番組を見ていました。
ビットモンの時代に若干見ていたのを、ふと2011年位に再度見てみたらどハマりしてしまい、そこから毎週のようにテレビにかじりついていました。

(余談ですが、このハンドルネーム(マンゴー)を初めて使ったのがこのビットワールドの公募コーナーだったりします。その公募コーナーに採用され、描いたオリキャラがアニメ化されましたが、そのコーナーのアニメーターはあのAC部だったり…。)

そして2012年に同番組で始まった「秘密結社 鷹の爪 EX」。お馴染み鷹の爪シリーズの3作目ですが、例にもよってどハマりします。

そして兄弟のスマホを分捕り、Youtubeで鷹の爪の動画を調べているうちに見つけたのがこの動画。

吉田平八郎氏の「今夜もマインクラフト」シリーズでした。

この時点ではVOICEROIDというソフト自体を知らないわけですが、聞き馴染みのある吉田くんがゲームを実況している!というのは、自分にとってはあまりにも大きな驚きでした。

そこから、まずMinecraftというゲームの動画を探し、ゆっくり実況というジャンルを知り、その過程でニコニコを知るのは最早必然だったといえますね!

うん、話が繋がった!


Bルート.よく見ていたサイトより

僕の愛読していた(今でもたまに見ている)サイトに、『伝説のスターブロブ2』というサイトがあります。

実況者でもある詩衣雫月氏が運営している、ゲームのバグ検証だったりイラストだったり小説だったりを掲載しているサイトです。

真っ先に例を挙げた「ゲームのバグ検証」、特に初代ポケモンのページが大好きで読み漁っていたのですが、ある日、そのポケモンのバグにフォーカスした実況プレイ動画がアップされると聞き、いつものようにYoutubeを探すのですが見つからず。

ニコニコ動画のみにアップされる動画だったのです。

どうしても見たかった僕ですが、メアドを持っていなかったのでアカウントを作れず…。
今てはアカウントがなくても動画が見れますが、当時は当然ながらアカウントを持っていないと見れないわけで。
捨てメアド(30分で消えるフリーメール)を取得してアカウントを作ってみたり、nicozon(…だったかな?)で見ようとしたりと悪あがく日々が始まります。

ニコニコ動画というサイトを意識し始めたのはこの頃ですね。

ちなみにその動画はこの動画。


アカウントを作成するきっかけ

先程捨てメアドでアカウントを作成したという話をしましたが、ではちゃんとした、“自分の”アカウントを作ったきっかけとはなんだったのでしょう。

これについては一つの決定的な理由がありました。

「WiiU」版の存在です。

再生リスト機能という神機能があった、あのWiiU版です。

WiiUでの配信に伴い、これはニコニコが見れるチャンスでは!?と気づいてしまった僕はすぐに親に交渉し、見事メアドを使う権利をゲットしたわけですね。

Youtubeだけ見ていても全然見つからなかった凄い動画がドバドバ流れ込んでくる、その快感を味わった僕は、当然のようにすぐにニコニコに虜になり、毎日のようにニコニコを覗くようになりました。

ちなみに、アカウントを登録した時期は2013年のニコニコ超会議2が開催されるちょっと前の話。バージョンでいうとQの中期くらいの話ですね。8年目の新参者です。

ということで、今回の「馴れ初め」編はここまで。次回は多分「2013~2015年編」。覚えていたらお楽しみに!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事