マンゴーポンチ

【ニコニコ超会議2019 完全攻略ガイド】超会議のいろは編

2019/02/09 23:00 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議2019
  • 超会議完全攻略ガイド
こんばんは。マンゴーと申します。

昨年投稿しました、「ニコニコ超会議2018を超楽しむためのコツを指南したい男の話」シリーズですが、おかげさまで思ったより多くの方にご閲覧をいただきました。本当にありがとうございます。
と、いうことで、いつぞやの記事で書いたとおりにブラッシュアップをして、より資料的価値を高めた最新版をこれから投稿していきます。その名も…

「ニコニコ超会議2019 完全攻略ガイド」!!

こんな名前をつけているあたり、完璧に調子に乗っていますね…。
まぁ、G〇〇gleで検索して上の方に出てくるような薄っぺらいまとめサイトには負けたくないので、せめて名前だけでも大きくしようと思ったわけです。

さて、そんなことはどうでもいいんです。
この記事では、「そもそもニコニコ超会議ってなんぞや?」という方が疑問に思いそうな、基本的な事項を中心にFAQ形式で解説していこうと思っています。
既に知ってるよ!行ったことはあるよ!という方には(このシリーズのどの記事もそうですが)限りなく無益なものになりますことをご了承ください。



ニコニコ超会議って何?
株式会社ドワンゴの運営する動画サイトの「ニコニコ動画」やその関連サイトの、日本で最大のイベントです。
「ニコニコ動画」には「ゲーム実況動画」「VOCALOID」「歌ってみた」「踊ってみた」「演奏してみた」「将棋」「鉄道」「料理」「バーチャルYoutuber」「例のアレ」…など、数多くのジャンルの動画が存在しているが、その「ありとあらゆるニコニコ動画の要素」「"できるだけ"地上に再現する」というのが元々のコンセプト。
…なのですが、「歌舞伎」「音楽フェス」「大相撲巡業」「プロ野球」「テレビ番組公開収録」などニコニコ動画という枠を逸脱するほどの大きな催しを行うことがあるのも特徴です。



ニコニコ超会議はどこでやるの?
千葉県にある「幕張メッセ」
東京方面からは「JR京葉線」に乗車し「海浜幕張駅」で降りると大分楽に行けますし、その他各方面から様々なルートがある。詳しいアクセス方法は後日投稿の「幕張メッセへの行き方編」を参照。
ちなみに幕張メッセには、11ホールからなる「国際展示場」「イベントホール」「国際会議場」と多くの棟がある広い広い施設だが、その全てが会場になる。(それぞれ「メイン会場」「超歌舞伎」「コスプレ参加者用更衣室」だね。「国際会議場」は更衣室利用だけだから少し誇張表現っぽくなってしまうかも。)



入場にはなにか必要なの?
「入場券」が必要。一般入場券優先入場券の二種類が販売されている。なお、それとは別に「体験チケット」というものも販売されているが、体験チケットも含めて詳しくは「チケット編」を参照。



具体的に何をするイベントなの?
公式ホームページ「ブース一覧」を参考にどうぞ。 …と言いたかったけど記事作成時点では単独ページが無いので更新されたらリンクを貼りますね。
一言で言い表せない、数多くの種類のブースがあり、数多くの体験、展示、物販などが行われるイベント。
ニコニコ動画が好きな貴兄なら、きっと一つは気にいるブースが見つかるかも。



出演者は誰が出るの?
公式ホームページの「出演者一覧」を参考にどうぞ。 …と言いたかったけどまたページが無いので更新されたらリンクを貼りますよ。
基本的にはニコニコ動画の投稿者、ニコニコ生放送の生主、Vtuberなど、ニコニコにゆかりのある方が出演者の多数を占めています。ブースによってはタレントや声優、アーティストや棋士、有識者など各界の著名人が出演することもあります。お気に入りの方が一人でもいるといいですね…!



持ち物は何を持っていったほうがいい?
後日投稿の「持ち物編」に持ち物の例をまとめています。基本的には、「交通費」「入場券」「少しのお金」があればある程度楽しめます。会期中万全の体制で楽しむためには、少し荷物が多くなる覚悟をしておいたほうがいいかもしれません。



待ち時間はある?
入場する時間、訪れるブースによって違います。
始発で幕張メッセに行く場合などは入場までに3~5時間の待機が必要だったりします。
一方、お昼すぎ以降に幕張に着いた場合は、待つことなく入場できたりします。
また、ブースによっては個別に待機列があったりしてさらなる待ち時間が発生する場合も多いです。



注意事項はどこに書いてある?
記事掲載時点ではまだ書いてあるページはありません。昨年度版の注意事項はこのページに書いてあります。参考にどうぞ。変更になる場合もありますが。



物販はなにかある?
超会議公式の物販のほか、出展企業の物販や、「まるなげひろば」「THE VOC@LOiD 超 M@STER」「博麗神社例大祭」などの即売会などがあります。
現在は品目は公開されていませんが、例によって公式ホームページに掲載されるはずです。
また、前述の即売会で頒布されるものに関しては各サークル様の情報をご確認ください。



食べる場所はある?
これまた運営が会場内で軽食や飲み物などの販売を行います。また、これまた出展企業による販売もあります。
なお、幕張メッセ内にはデイリーヤマザキが二箇所ある他、幕張メッセ周辺には数多くの飲食店があります。



現地に行けない人でも楽しめるイベントなの…?
もちろん、現地参加が一番楽しめるイベントではありますが、「ニコニコ生放送」で気になったブースの生放送タイムシフトを見たり、コメントをしてみたり、生放送のアンケートに投票してみたり、という方法でも楽しむことができます。
また、Twitterで検索してみたり、ニコニコ動画でニコニコ超会議に関連する動画を見て間接的に参加する…ということもできます。楽しみ方は皆様一人一人違いますからね!



地方民ですが、救済はある??
「東北」「北信越」「東海」「関西」「中国地方」のエリアにお住まいの方向けに入場券付きの高速バスツアーが販売されています。ホテル付きのプランもあるようです。
その他のエリアにお住まいの方は残念ながら自分で交通の便やホテルなどを手配する必要があります。少し厳しい環境ではございますががんばってください…。
なお、例年だと7月くらいから「ニコニコ町会議」という全国ツアー的イベントが行われます。雰囲気だけでも味わうことができます。



さーてと、このくらいですかね。これで少しは超会議のことを分かっていただけたかな?と思います。公式ホームページの更新がまだだったり、そもそもこのガイドの更新も不十分だったり、いろいろとご不便をおかけしていますが、是非そこらへんはお待ちいただけたらと思います。

さて、次回は入場に必須のチケット編です!売り切れになる前には更新したいと思いますので少々お待ちくださいね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事