ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

マンゴーポンチ

ニコニコ超会議2018に行ってきたよ!って感じの記事

2018/05/04 22:00 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議2018
みなさんこんばんはっ!

さて、まずはニコニコ超会議2018の解説記事群、沢山の方々に御覧頂いたみたいで感謝です!厚く御礼申し上げます!
来年の超会議の詳細が発表される頃にはブラッシュアップしてより分かりやすい記事にしていきますぞ。

そして、ニコニコ会議2018も二日間無事完走しました!運営の方々、出演者の方々、そして超会議という場を良いものにしてくださった全ての方々に厚く御礼申し上げます!入場者数やネット来場者数も昨年度比で多くなったようですね。このような楽しいイベントは他にありませんからね!これからも続けー!!

さて、こういうわけで私もしっかり二日間通しで超会議に参戦してきました。というわけで写真も絡めつつ適当にレポートしていきたいと思います。
ただ、本当に一般人が超会議を楽しんでいる様子をウキウキで話すだけなので見なくていいです()
超会議ってどんなもんなの?って思っている方にとっては少し参考になるかもしれませんが、正直それ以外の方にとっては時間のムダになると思います。うん。

というわけで始まるよ!

一日目。開幕は中曽根OFFから。





ポプ子ピピ美が出てきたり、アイアンマンとキャプテン・アメリカが練り歩いたり、米軍楽隊や毎年恒例の馬車が登場したりと、ニコニコ超会議の始まりを盛り上げるに相応しいパレードになっていました。

開幕。NTT様のラグビーチームの方も撮りたかったのですが、入場位置の関係でスルー。




まず最初に立ち寄ったブースは「カップヌードル 謎肉屋」。カップヌードルの中に入っている肉、所謂「謎肉」だけを売る奇っ怪な屋台ですね。
まるでポップコーンワゴンのように謎肉を売る光景は端から見るとものすごいシュールなんですよね。




次に立ち寄ったのは、出展社ブースより「"作ってみた!俺の超”凄麺”」
カップラーメン商品の中で屈指の名シリーズ…だと思うあの凄麺を自分好みにカスタマイズできちゃう素敵なブースです。
昨年度よりスープの種類が増えていたり、具材にもかき揚げが増えていたりとパワーアップしていました。奇っ怪なラーメンと正統派なラーメンの二種類を作成。まだ食ってないのでレポートはしばし待たれよ。(ちなみに京都のが一番好きです)







そして一日目のメインイベント、「超笑点」です。
ここで行ったことは大きく分けて二つ。「記念写真撮影」「公開収録」ですね。
まず「記念写真撮影」。10:30頃に友人に集合をかけて列に並びました。ただ、写真はどちらか片方のスマホでしか取れず今手元にありません( ˘ω˘ ) 
データ放送では常に座布団がない林家三平師匠、昨年真打に昇格した鈴々舎馬るこ師匠、そして喋りが達者な大畑プロデューサーが登壇しオープニングトーク(一枚目)、そして写真撮影の流れでした。
公開収録をする関係でセットは全て本物。提灯(二枚目)も。そして当然座布団(三枚目)も。超歌舞伎までは泣くまい!と思っていましたがこの時点で少し泣きそうに…。
座布団は本当にふっかふかで、一瞬座っただけでしたが、なんていうか包み込んでくれるような、そんな感覚でした。
そしていよいよ待望の公開収録。もう笑点の収録、機材の最終調整から、マジもんの演芸と大喜利、そして撮影の許可が出た落語・お悩み解決大喜利と盛りだくさんでした。
もう笑点、大喜利に関しては箝口令が出ているので一切無いようには言及しません。
ただ、一つ言えるのは、普段とは違う、いわば特殊な環境での収録でしたが、それを物ともしない師匠や出演者が見れました。本当に凄い。
この回の放送は5/13(日)。遅れネットでなければ全国どこでも17:30から見ることが出来ます。
公開収録後は写真撮影が解禁された「落語」、そしてニコ生でも見ることが出来た「お悩み解決大喜利」
落語の方は、本家の座布団運びアシスタントでおなじみ三遊亭愛楽師匠による「寿限無」。いやはや落語とはこういうものなのだと言うのを改めて感じました。やっぱり違いますね。
そしてお悩み解決大喜利。本家フルメンバーに加え、小林幸子さんとめろちんさんが参加した特別版。ニコ生のコメントを拾いつつ来場者からの悩みを解決する大喜利。ものすごく面白かったです。
そして囲み取材と記念写真撮影。これまた貴重な姿を見ることが出来ました。
いやはや、本当に貴重な経験で。笑点は昔から目にしていたので、こういう収録の場の空気を感じることが出来た、そして大喜利フルメンバーをみることが出来た、それだけで超会議1日目を半分費やした価値はあったと思いますし、入場料以上の経験でした

さて、超笑点を終えると既に時刻は三時過ぎ。終了まで2時間ちょっとしかありません。ハイカライブも見たかったのですが人の多さを勘案し泣く泣くパス。闘会議のときに感動するくらいくっきり見れたし良いかな…。というわけで残りはサラッと行くことに。




超フードコートのカレー。始まってから謎肉しか食っていない空腹の体にやってきた救世主が急に殺人鬼と化す感じの辛さ。パなかった。こりゃ今まで食べた中で一番辛かったかも。




陸空海自。かっこよかだよなぁホンマに。




超年表ブース。2016年ボカロ四天王の並びを取ったりビリー兄貴に手を合わせたりしてました。ご冥福をお祈りします。




「ニコニコ超刑務所からの脱出」。謎と全く関係のないところで手こずり制限時間を5分オーバーする醜態を晒してしまいました… 恥ずかしい…。 お姉さんごめんなさい…。


といったところで一日目終了。スタッフさんに見送られ撤収。その風景を一応動画にしてあります。



物販で買ったNicoT。寺田てら氏描き下ろしのイラストTシャツです。すっごい可愛い。




二日目!今日も快晴ですね!元気に行きましょう!




まずは超アニメエリア。のコーナーに向かいます。
そこではなんと、キングレコードを壊して遊べるという全くもって意味不明な楽しいアトラクションを行いました。
壊した破片は持って帰れるということで前日解体が無事完了した竹書房の欠片と共に持って帰りました。一見すると何に使えば良いのかわからない何の変哲も無い欠片ですが、これでお皿を洗うといい感じでした。
開幕直後ということもあってポプ子とピピ美も遊びに来ていました。記念にパシャリ。



また、けもフレガーデンから来たジャパリバスも発見。



尚、夕方頃に再度訪れたところ、こんな感じに…。








NTTのブース。今年もヤバい技術力。記念にマンホールを無駄に壮大に貰いました。




飛行船。




JALのブース。コンテナを運ぶ車に乗ってみたり、機内で飲めるドリンクを試飲してみたり。爽やかなキウイ味で美味しかったです。疲れが癒える…





今日の昼食は、料理カテゴリーの人気投稿者、パンツマン氏とのコラボメニューである汁無し坦々麺。普通に美味しかったです。ピリッと辛くてコクもあり…ってな感じでした。




今年も出展社ブースは意匠を凝らした様々なブースが出展。
SMBCはおそ松さんとコラボ。
洲本市はドラクエの堀井雄二先生、すぎやまこういち先生のサイン入りのグッズを展示。
Bauhutteではゲーミングテントなるものを展示。




超ボーカロイドブース。巨大ミクダヨーさん(ぷよクエではお世話になっております)、昨年10周年を迎えた鏡音リンちゃんとレンくんの等身大スタチューがお出迎え。吉原ラメントの重音テトちゃんのスケールフィギュアの原型もありました。






痛車天国。こういうのを見るたびに「運ぶの恥ずかしくないのかな…」と思ってしまいます。凄いクオリティーなんですけどね…。





超ゲームエリアからはポケストップとVRセンス。いっつもアースのノーマットに見えるんだよなアレ…。


二日目午後のホール1周辺をまたもタイムラプスで撮ってみました。混雑対策の甲斐もあってか去年よりは動きやすくなってました。まだまだすごい人ですが。

超音楽祭も見ました。あるふぁきゅん。さんとアンダーバーさんの二名のステージ。二人共ニコニコではおなじみの歌い手さんですがやっぱり凄いですね。歌唱力も会場のヒートアップも。曲目は去年の超パーティーを彷彿とさせました。
ホンマは小林幸子さんとキズナアイさん見たかったんですがね。超歌舞伎のため時間が合わずに断念。ニコ生でラスボスの分は見ましたが生で見たかった…!
ハイカライブといい、超音楽祭周りで断念したところが多かったのが今年の反省点ですね。





そしてメインイベント、超歌舞伎。
超歌舞伎VRも体験しました。やはりPSVRはええんやけど、やってる内にズレてきちゃうのが最大の壁。どうにか対策できそうなら買おうかな…と。
屋号を叫べる「歌舞伎シャウト」ミクさん可愛い。
開始前の歌舞伎についての説明映像。テレビちゃん可愛い。

本編ですが、ネタバレ対策も兼ねて別記事に移します。 やっぱり書きません。みなさんニコ生のタイムシフトをご覧ください。
今年もやっぱりすごくて言葉ではとても言い表せないのです。円盤出たら書くかも。



と言った感じで超会議は無事終了。今年もホンマに楽しかった!
正直、Youtubeの方が動画サイトとしては有能かもしれませんが、こういうイベントの空気感が好きなのもあってニコニコを見続けています。ここまで楽しいイベント、絶対にYoutubeでは出来ないんじゃないかな、出来ても行かないし。これからも末永く超会議が続いてくれることを祈ってこの記事を締めたいと思います。
それではまた来年お会いしましょう!二日間本当にお疲れ様でした!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事