Possibility

薬事法も改正が。

2014/02/23 04:11 投稿

  • タグ:
  • パブロン
  • 薬剤師
  • 登録販売者
  • 卵白
  • 母乳移行
行われています。随時。

…めんどいでし(; ・`д・´)
おまけにネット講座まで難しいじゃないか。
これをクリアしないとえらいなことになるらしい。

で…ベンザブロックについての
問題がいくつかあったのだが

…注意事項が多いあいかわらず。
「相談の上」と説明書に記述があったならば
薬剤師様もしくは私たちに相談をしろと書いてある。

が、それはイコール「使用不可」なんだと考えています。
医師でもリスクが介在する場合、確定的な結論は出せないかと。

薬剤師様であれば…と考えても。
実は薬剤師様は私たちより慎重な方が多い。

それはリスクが起こる可能性がどのくらいかとか
この容量ならば…という判断ができるのだろうが
逆にそれができるので、余計に「万が一」のことを考えるのだろう。

「この容量ならば恐らく大丈夫な量だが、恐らく という時点で
 リスクは結局残るわけで、薬剤師様は当然お売りしない場合がほとんどだった。

私も、「何時間あければ…多分大丈夫」というような事象は多々あるが
相手が妊婦さん、授乳の方、の場合は基本的にお売りしないことにしている。

放送中に書いているので、文章がおかしいが
早い話、
OTC漢方薬の量でも一発急性肝炎になったりした人を知っているので
危うきは売らずという姿勢です。

最後に。場合によっては、対症療法でパブロンを飲むことがあるかもしれません。
「鶏卵つまり卵アレルギー」を持っている方は服用不可です。
リゾチーム塩酸塩の文字が成分にないものならば、
大丈夫です。パブロンにはよく入っているのですよね。

もちろんほかの薬にも入っているし、
「抗炎症作用、痰や膿を分解、排出」作用がある優れた成分ではあります。
 
 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事