ステキで興味を引く名前を付けてみましょう

観た映画の感想を書いたりしてみる、その96:ターミネーター2018

2020/07/20 20:18 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • 映画感想
ネタバレあり ROTT WEILER https://filmarks.com/movies/48518

 10の後は当然11なのだが見当たらないので一気に2018だ。実に2008作品も飛ばすことになるが…いや、うん解ってるって。年号だよな。よく言えば「宇宙戦艦ヤマト2199」と同じ。わる、じゃなくてえーと、微妙な言い回しをするなら「アルマゲドン2008」とかと同じだよな。2018年といえば「ターミネーター4」の劇中と同じ年だ、外伝かリメイクか知らないがさっそく観てみよう。と思って勇んで観たはいいけれどw
 舞台はモチロン2018年、場所はロサンゼルスどころかアメリカではなくスペイン、主人公ダンテは囚人、ある日護送中にほかの囚人がサソリに刺されて騒ぎになった隙に特に計画性もなく突発的に逃亡を開始します。ですがそれを追うのはサイボーグ犬。手錠でダンテとつながれてた囚人は開始早々噛み殺されます。相棒が千切れた腕だけになったので一人で逃げだすダンテ、途中残った腕の手首をちぎって手錠から外します、素手で、こいつ人間じゃねえな。
 ところでこのサイボーグ犬、パッケージではハスキーなんだけど実際映画の中ではロッティーなんだよね。そしてハスキーは一切映画に出てこないのでむしろなんでパッケージをハスキーにしたんですかね?ロッティーだって強そうだし、というか強いしカッコいいじゃん。
 このロッティー、序盤でダンテの追跡をしていたご主人がダンテに撃たれ、ご主人の最後の命令に忠実にダンテを追いかける忠犬です。
 一方ダンテはゲーム感覚で恋人を巻き込んで不法入国して、捕まったら悪徳軍人に恋人を差し出して、それでいて恋人が軍人に抱かれたのを責めたり、自分に都合の悪いことはサッパリ忘れたりと、もうどうしようもない自己中なクズなのでダンテの人となりが分かってくるにつれてさっさと死なねえかなと思うようになります。
 1年も前に恋人はダンテに見殺しにされたのですが、そんなことサッパリ忘れているのダンテは脱獄して恋人が待っている(と思い込んでる)町を目指して出会った人々を利用して進みます。利用された人たちはだいたい死にます。
 そして忠犬ロッティーは遂にダンテを自分のご主人を死地に追いやった悪徳軍人ごと抹殺します。命懸けで。最後サイボーグボディがむき出しになたロッティーの眼の光が消えるシーンが切ないです。使命を果たしてあの世でご主人と再会できているといいなぁ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事