ステキで興味を引く名前を付けてみましょう

観た映画の感想を書いたりしてみる、その89:トータル・リコール

2020/07/18 23:23 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • 映画感想
ネタバレなし TOTAL RECALL https://movies.yahoo.co.jp/movie/15784/

 今度はわかりやすい火星SF映画トータル・リコールを観たぞ。
 シュワルツェネッガーとヒロインが悪い奴の陰謀を叩き潰して悪い奴らをやっつけて二人は幸せなキスをして終了。様式美!スゲーわかりやすい。こういうのでいいんだよ。
 玄田哲章ボイスに慣れ過ぎたせいか屋良有作ボイスのシュワルツェネッガーに最初は違和感があったがコレもおかしな話、別にシュワルツェネッガー本人の声でもないのにねw ちなみに去年両方の吹き替え音声が収録されたブルーレイが発売されたらしいのでこれさえ買えばいつでも聞き比べができるね。
 そしてこの映画のもう一つの楽しみ方が時代を感じることだ。制作は1990年、舞台は2084年。30年前に考えられた64年後の世界を楽しもう。
 最近の日本の電車はドアのすぐ上にモニタが設置されていろんな情報を流しているのを見たことある人もいるでしょう、が2084年のアメリカの地下鉄にはブラウン管テレビが備え付けられていたりそうかと思えば通るだけで危険物を持っていないかレントゲン映像と一緒に見えるハイテク防犯装置が設置されてたり。
 発信機がデカかったり脳の中の異物を取り出せる医療器具が小っちゃかったり。
 スマホも携帯電話も普及してないが普通に土星とかに旅行に行けたり、火星で地球と同じ重力発生させてて重力は無料なのに空気は有料だったり、ドリルを武器にしたり立体映像を何もない場所に投影できる装置が腕時計サイズだったり。etc、etc…
 映画を観たことが無いけどおばちゃんの顔が割れてシュワルツェネッガーの顔が中から出てくる映像を観たことあるって人もいるだろう。114分と少々長いがぜひ観てみてほしい。 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事