MOL屋(著者) のコメント

MOL屋 (著者)
No.3 (2018/03/20 03:14)
>>2
 詳細なご感想を寄せていただき有難う御座います。折角こんなにも長大な感想を頂きましたので、感謝の気持ちとして書かせて頂きます。

 主人公である霊夢や魔理沙達はまだ年端も行かない少女でありますから、決して完璧ではありません。時には間違いを犯しますし、道も違える事もあります。
 自分の努力ではもはやどうにもできそうにない事ってこの世界には沢山ありますよね。彼女達も、自分の尊厳を守る為にそれぞれ世界と色々な折り合いを付けたり、(それが嘘でしかないと知っていても)自分には足りないものを他のもので埋めようとして、生きるために必死なのです。この動画はフィクションですが、例えフィクションでも、そんな「汚さ」「人間らしさ」を大事にしたいと思って製作しています。
 誰だって失敗をしますし、作中でももちろん彼女達は様々な所で失敗します。でも、何かに失敗した時、躓いてしまった時に、それが例え回り道であったとしても、そこで何を見るのか・転がっていた路傍の石にどんな価値を見出すかによって、私達はただ単に成功するより、一層この人生を楽しめると思うのです。「失敗する勇気」が、本当は人間にとって必要なのではないかな、と私は思っています。
 そんな、まだ子供な彼女達が躓き、傷つきながらも未来へと進んでいく姿を、(全くそうは見えないかもしれませんが)視聴者青少年達への未来の希望に寄せて描きたいと思いこの動画シリーズを作ってきました。
 FY2479様のように、彼女達の「息遣い」を感じて頂けたなら、作者冥利に尽きます。
 私も、もっと彼女たちの全てを伝えられるように、これからも精進いたします。長文となってしまいましたが、動画シリーズ及び製作後記までご覧頂きありがとうございました。

このコメントは以下の記事についています