猫とラノベとウイスキー

ダブルブリッド

2013/01/24 16:29 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ラノベ
  • ライトノベル
  • ダブルブリッド
  • 読書
  • 紹介
  • 中村恵里加
こんにちわparaです
ニコ生では宣言しておりました通り、ブロマガ登録が一般公開化されたので
コミュニティ運営の一環と一つの趣味としてブロマガをはじめようと思います
今までは主に
・未発表のシリーズ一作目
・初見さん歓迎の際にお勧めする場合
・視聴者さんからのご希望の場合
等に照し合わせて蔵書内からのラノベ紹介をアドリブで行っていましたが
ブロマガという形態ですから主に自分が蔵書内から選び取り、文章を考えて紹介します
コミュニティと同じで今後色々な変更はあると考えられますが生放送と同じく基本、頻度は一週間
更新内容は一記事一タイトルでやっていこうと思います

さて栄えある第一回目の紹介は
『ダブルブリッド』著:中村 恵里加 先生 電撃文庫
いわずと知れたローテンション@ラノベコミュニティを代表する作品の一つ
私paraをラノベの道に引き込み、人生における死生観を見出したシリーズです
ジャンルは現代ファンタジー・異能力バトルもの。
アヤカシと呼ばれる人間とは異なった生命体が人権を得ている日本を舞台としたお話
主人公兼ヒロインの片倉優樹さんはそんなアヤカシと人との間に数少ない例として生まれた存在です
厭世的な生活を行っていた彼女と、(人としての形と意思を交換できない)アヤカシ捕縛を専門とした部隊に所属しているもう一人の主人公山崎太一郎との出会いから物語ははじまります

人でもアヤカシでもどちらでも無い優樹さんと彼女を取り巻くアヤカシ達、そして人間としての太一郎は
数々の事件に遭遇し、考え方の差異に悩ませられます
決して分かり合えないかもしれないけれど分かり合おうとする、それは日常における私たちの人間関係のようなもので
だとすればアヤカシという存在がいる特殊な世界に感情移入しやすい魅力と言えるのかも知れません

ジャンルこそよくあるようなものですが、ダブルブリッドはその特異な存在であるアヤカシをベースとした
異種族とのコミュニケーションがメインの作品だと私は思います
物語を進める毎に凄惨で残酷なお話になっていきますが、そんな世界で生きる彼・彼女達がどのように考え行動し
そしてどんな結果を迎えるのか? 救いはあるのでしょうか?
紹介の最後に私の人生における考え方を決めたといって良い
作中のキャラクター大田真章「先生」から名言を一つ

『君の生と死は君だけのものだ』

是非、ラノベを読まれる方には一読して欲しいシリーズです


今日のクーさん



コメント

夢語 さつき
No.1 (2013/01/24 16:33)
初めまして。昔、古本屋にこれが並んでいたので読んだことがあります。最近の作品とは違ったシリアスな雰囲気が好きだった覚えがあります。こういう紹介記事を読むのは好きなので、次も期待です。
para (著者)
No.2 (2013/01/25 13:37)
>>1さん
初めまして。そしてコメントありがとうございます
自分の趣味もかねて、ラノベ好きな人に少しでも多くの良い作品にめぐり合えるように紹介していきますので
気が向いたときにでもチェックしていただければ幸いかと思います
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事