猫とラノベとウイスキー

ブラック・ブレッド

2013/06/07 14:57 投稿

  • タグ:
  • ラノベ
  • ライトノベル
  • ブラックブレッド
  • 神崎紫電
  • 紹介
こんにちわ皆さん
今週ご紹介の作品はこちら


「ブラック・ブレッド」 著:神崎紫電先生 出:電撃文庫
2013/06/07現在で4巻まで発表されている作品です。
近未来で生き物を化け物のように変質させるウイルス「ガストレア」が蔓延している世界でのお話。

ジャンルはアクション・バトルが主なセカイ系でしょうか
高校生ながら、生まれと境遇によって傭兵のような職についている主人公が、ウイルスに感染しながらも異形の力を得、人型を保っている幼女と一緒に人類の生活圏を守り抜く姿が描かれております。
兎にも角にも主人公達はボロボロになりながらも、毎回テロリストやガストレアウイルスに感染した生き物と死闘を繰り広げなくてはならない状況下に置かれます。間間でお情け程度の日常シーンが描かれますが、それも束の間すぐに悲惨な場面に移り変わるというもう可愛そうなくらいの残酷さです。作者は絶対Sだろう。

見所のアクションにおいてはガンアクションや、異能力を使った戦闘等を中心に異形と化した生き物を捉えた特徴に対するアプローチ等が良いですね。
アクションシーンは速さも大事ですが、同時にイメージしやすさ読みやすさもないと読者が置いてけぼりになることが多々あると思います。ブラックブレッドの神崎先生なら大丈夫!
頭の中でキャラクター達がヌルヌル動くよ!

                  ・・
そしてラストのラストで毎回持ってくるアノ絶望的な煽り文。
このどうしようもないくらい救いの無い物語が最終的にハッピーエンドに成れる事を信じて毎回新刊を手に取れずには居られなくなります。感覚的にはダブルブリッドを彷彿とさせるような、ラストどうなるんだろう感。マジ幸せな結末にしてください……

さぁあなたも絶望的なお話の先を今か今かと待ち続ける為に読みましょう、この一冊を。





題:失われた野生



presented by


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事