Library Out

第一次偶像戦争 【753】 [水瀬伊織]

2021/01/14 22:55 投稿

  • タグ:
  • 水瀬伊織

私からの命令を受け取ったモノリスが起動する
黒く光る巨大な六角柱の中を駆け巡る、情報を載せた魔力
次の瞬間、金属質の表面から、限りなくマナに近い【五色】の魔力が展開された
モノリスと繋がっている私に流れてくる、大量の情報
それらはモノリスが生み出した魔力による領域の情報に加え
多数のカメラによる周囲全ての高解像度の映像に、魔力感知や赤外線を用いた温度
音や周囲を漂う物質と、それに付随した魔力を解析したデータ
その他、多種多様なレーダーとセンサーから得られる全てが、私の中に落ちてくる
いい感じね
感知システムであるアルゴスは上手く機能してる。それをこの子も分かっているのか
本来の仕事を始める許可を私に求めてきて
既に死角から攻撃されて被弾してる
どれだけダメージが入るかのデータを取るためにわざとやられた訳だけど
アンタにとっちゃ、そこまで面白い事じゃ無いわよね
いいわ。存分にやりなさいタロース
下される許可
領域の魔力が動く
【青】【赤】【黒】【白】【緑】の魔力が同時に紡がれ
領域の中に大量の魔方陣を描き始める
映像でも魔力の乱れでも分かる、これから先大変になるであろう者達の反応
それじゃあ、がんばんなさい
打ち消されなかった魔法陣が発動する
私を攻撃してきた者達へ、スペルが放たれる
タロースの領域外に逃げないと延々アンタ達を追うわよ
それが出来たら苦労しないと言うのなら、伊織ちゃんに楯突いた報いを
そうやってずっと受け続けてなさい。ここで死んで、この戦争から退場するまで
さてと
 (逃げるのならこっちに来なさい。
  アンタ達を攻撃する様に設定はされてないから
  この戦場で一番安全なのはここよ。)
【緑】系のバフや防御系スペルが濃く入る場所にかける声
ただ、私の興味は声をかけた対象達ではなく
その奥に居る魔力感知で捕捉出来ない者の方にあった
幸い、他の感知が働いてるし、タロースの方からの捕捉と攻撃も今は出来ているけれども
ここから更に戦場が荒れてきたら面倒ね
風を使う戦い方を覚えてきてる様だから
タロースの方で風を起こして戦場を綺麗にするみたいな事が、出来ないかもしれないわ
やっぱりともみは、私が直接抑えるしかないか……
……タロースをこういった風に使うのは初めてで
捕捉と攻撃だけじゃなく、攻撃対象のデータ回収と最適化も並行してやってる
それでもまだ余裕があるから、色々試してみたい欲求があるのも確か
まぁでも、データ取りなら私でもできるし
あとでそのデータを使ってシミュレートすればいいか
さてと
右手の復元が完了し、肌とドレスの感触が戻る
それに少し遅れて、半分陽動として呼び出していた得物が顕現した
左手にかかるずっしりとした重さ
それを確かめながら、私は復元した右手でトリガー付きのグリップを握る
両手で抱える、私の身丈よりも大きなガトリングガンは
太陽の光を受けて黒く光っていた
さぁ、始めましょうか
トリガーにかかっていた指が、その重さを無視する様に一気に引かれる
規則的な音と共に、高速で打ち出されるミスリルの銃弾
ともみに向かって打ち出されたものだけれども
射線上には未だに、何人ものスリヴァー達が残っていて
焦ってる焦ってる
でも大丈夫よ
少し離れた場所で【青】の魔方陣が輝く
間髪入れず、銃弾の射線上に、小さな魔方陣が生れ
銃弾はその魔方陣に吸い込まれいった
後ろ
ともみの周囲を囲う、小さな魔方陣から、ミスリルの銃弾が飛び出してくる
出口側の魔方陣の位置
ともみからの距離
見えないだけで通常の領域の様に、こちらのアクションに干渉してくる距離はあるわね
スリヴァー達の周囲に唐突に魔方陣が描かれたし
見えないけど領域を広げている事は確定してる
ただ、Teleport系の侵入を許さない様な
最低限ともいえる干渉が可能な範囲は、限られてるって事かしら
何にせよ一番の脅威は、常にこちらの情報をともみが得ている可能性があるっていう部分ね
情報での優位が私に無いかもしれない戦いは、この戦争じゃアンタを相手にした時だけ
楽しませて貰うわよ!三条ともみ!
ともみが動く
前に、スリヴァー達の中に
遠距離攻撃を封じてきた
確かに、スリヴァー達の領域内に今のような出口を作って飛ばすのは
ちょっと骨が折れるし時間もかかる
ただ
広がっていたスリヴァー達の領域が閉じる
新たな銃弾の出口がともみの周囲につくられはじめる中
突っ込んできたともみに向かって、ユカとタケルが動く
各種バフに再生やら防御系スペルもタロースの方から入ってる
それでも向かっていったのは二人で、残りは一斉に散り始めて
良い判断ね
私も連動して動きたい所だけど、その前に
 (苦戦してる様ね。そっちへの援護できるけど必要かしら?)
アンタ達のマスターを落とす訳にもいかないのよね
 (大丈夫。
  ただ、そのでかいのも巻き込むかもしれないから、無くなった時の事を考えておいて。)
へぇ
【無色】で使えるスペルは限られてる
その中で巻き込む可能性があるとなると、予想はつくけど
それにタロース含め、アーティファクトを壊す様な効果は無い筈
ただ、アンタが言うんなら、そうなんでしょうね
 (分かった。勝ちなさいよ。)
 (ヤバくなったら問答無用で助けに来るんでしょ?)
 (ともみを相手にしてるんだもの、期待しないでよね。)
 (分かった。それじゃ、お互い勝つ方向で。)
 (当然よ!)
懐かしい匂い。感覚。
そうよね。アンタは東郷寺麗華で、私は水瀬伊織
ずっと前から、今だって、こうじゃなきゃ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事