五月雨が率いる佐世保鎮守府

【艦これ】6-1挑戦報告

2014/09/27 01:44 投稿

  • タグ:
  • 艦隊これくしょん
  • 艦これ
  • 中部海域
  • 6-1
  • まるゆ
ビス子の強化で気分が高揚しています。Luimagoです。

初の潜水艦作戦となった6-1。
敵の対潜装備が整っていることもあり非常にシビアな海域です。
潜水母艦(大鯨)がいれば戦闘を1回減らせますが、装備を整えておかないとフルボッコにされてしまうようです。

我が鎮守府の大鯨は既に潜水母艦をやめてしまったので、素直に潜水艦6隻で行ってみました。

そう、6隻で。



まるゆを入れるのは単に標的を増やして攻撃の集中を防ぐためです。
敵の攻撃が集中すれば大破は免れないので、撤退を減らすには1隻あたりの被弾率を減らすしかありません。

装備は伊401のみ零式水上観測機試製晴嵐あとはみんな魚雷です。

【経過】
1回目:ボス手前で大破
2回目:ボス手前で大破
3回目:ボス手前で大破
4回目:ボス手前で大破
5回目:2戦目で大破
6回目:2戦目から北東に逸れる (→晴嵐2つ装備をやめて1つ観測機にチェンジ)
7回目:2戦目で大破
8回目:ボス到達、A勝利


ご覧のとおりボス手前が鬼門です。
高確率で現れる軽巡ツ級に加え、対潜能力の高い駆逐艦後期型が揃い踏みなので手強いのは当たり前。
8回目は開幕雷撃でツ級+後期型2隻をまとめて撃破できたのが勝因だと思います。

挑戦中、まるゆがツ級の攻撃を受けて中破止まり(=HP2)というケースが2回ありました。
しかも8回目のボス戦ではツ級eliteの攻撃を受けて小破止まりという奇跡。
耐久の低さが幸いしたのか分かりませんが、他の艦に向かうはずだった強烈な一撃を代わりに受けてくれたとしたら大儲けです。
まるゆを持っている人はダメ元で連れて行ってみてもいいかもしれません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事