華音のブロマガ

ゴジラVSガメラに関して

2016/09/09 20:30 投稿

コメント:17

  • タグ:
  • ゴジラ
  • ガメラ
  • ゴジラVSガメラ

ゴジラVSガメラは2016年公開予定でした。
それは前回のGODZILLAが前後編合わせても3ヶ月半という製作期間で、十分余裕だと思い、2016年に入ってから製作開始しようって思ってたからです。
ところが実際は、去年の年末には公開したかったMMDホラーの「クロユリ」が思った以上に作業が難航してしまい今年の2月末にようやく完成という結果に終わりました。
そこからゴジラVSガメラを作り始めたんですが、GODZILLAを製作した時とはバイトの量や体調面などの環境が何もかも違い、今回はマジな映画を作ろうとしてるため色々な場所にコダワリを作ろうとしており、自分が納得するクォリティになるために今しばらくの鍛錬が必要だと判断しました。
ようはもっともっとクォリティを高くしたいって思っちゃってるためなかなか作ってるシーン1つ1つに前回の何倍もの時間をかけちゃってるんですね。修行してくるってことです。こんなクォリティじゃ視聴者どころか自分も満足しないって思っちゃって…

それと、来週から痔瘻の手術をします。とても辛いらしいです。経験者曰く。
日帰り手術とはいえ数ヶ月かけてじわじわと治していくタイプなので実質、当日帰れるだけの長期手術ですね。座ることも難しくなり、絶対安静がしばらく続くので作業もできないんじゃないかって思ってます。



で、今はゴジラvsガメラは放棄して(年内に間に合うのがほぼ不可能と判断したため)別の動画作ってます。そっちはそっちで近々投稿予定ですが、ゴジラvsガメラを待ってくれた方々に申し訳ないので、最初に言った「シン・ゴジラの放射線流のシーンの再現」を来月か再来月に用意しようかなって思ってる次第です。




以上。



2016/12/14 追記:

来月か再来月とか言っておいて既に年末です。シン・ゴジラの熱線シーンの再現も、まさかの「来年」ということになりました。やっぱりできない約束はするもんじゃないですね、楽しみにしてくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
遅れる言い訳としては、当時は「放射線流のシーンだけ」のつもりだったんですが、「動画の始め方はどうしよう」とか「どうせならこのシーンも入れるか」って感じであっちこっち右往左往してたら、まさかの「第1形態上陸~第2形態進化~第4形態再上陸~タバ作戦~目黒区侵入~熱線」までの再現を作ることになってしまいました(ぇ
12/14現在で第4形態上陸からタバ作戦を7割ほど完成させたところまで終わらせてます。ちなみに目黒区侵入シーンも一応少し作り終わってます。
そんなわけで年内は不可能と判断し、来年に公開という形をとることになりました。
うーんこの…ちなみにヤシオリ作戦は「東京駅」「ポンプ車」のモデル及びステージが配布されていないため不可能です。仮に配布されていても今のMMDじゃ難しいかな。それっぽく見せることは出来るかもしれないけど華音氏本人がちょっとそれは避けたいところ。動画本編は放射線流シーンが終わったあと、燃え盛る都で終了です。

痔瘻の手術はもちろん成功、あれから3ヶ月経過でもう少しで完治(なのかな?)ってとこまできました。ただここ数ヶ月の間にも人間関係でとんでもない不遇な目にあったりと精神的に参っちゃってます、が、それは動画には関係ないので、むしろ動画のクォリティに怒りのパワーをぶつける感じでストレスの塊として今後も頑張っていこうと思います。

コメント

ムシム
No.16 (2016/12/24 00:56)
私も以前痔瘻だったので苦しさは痛いほど分かります。
痔瘻って穴が貫通してないと液が溜まって痛いし(貫通後はそうでもないですが)、
屁をすると穴が広がってこれも痛いんで迂闊に放屁もできないんですよね・・・

もう少しで治りそうで良かったです。
睡眠時間はしっかり取って、ご無理はなさらず制作して下さい。
あなたの動画が見れるなら私は何年でも待ちます!
hatahata
No.17 (2017/01/31 01:10)
応援しております。
自分の納得のいく作品を作ってください!
いくらでも待ちますよ!!!
sora
No.18 (2017/02/17 20:41)
はじめまして、私も、小説言う形ですが、制作の辛さやこだわり、いろいろ試行錯誤したい気持ちは良くわかります。
僕はpxixvで小説を書いていますが、これもこだわるととまらないものです。
それが映画のようにすばらしい作品ともなればなおさらです、GODZILLA前編後編は、もはや日本のゴジラファンが待っていた「本当」のゴジラだと思いました、そして僕も貴方のようなすばらしい作品を作りたい、そんな想いから小説を始めました。
人間自身状態がよくないといいものは作れません、どうかあきらめず、シンゴジラ、ゴジラVSガメラ、僕達ファンはずっと待っています、ゆっくりでいいです、作者様の納得できる作品を見せてください、それこそが、日本におけるゴジラとガメラだと、僕は心から信じております。
長くなりましたが、体に無理せず、ゆっくり、ゆっくり、進めてください、その間、GODZILLAの再生数を伸ばし、お待ちしております(笑)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事