Macでボカロ

Macでボカロの生活 −4−

2016/11/22 22:16 投稿

  • タグ:
  • Vocaloid
  • Mac
  • Garageband
  • Logic
  • ボカロ
  • DAW
さて、今月はいい調子で書いてます。
理由は、単に曲作りに煮詰まっているからで、気分転換ですかね。

前回までになんとなく参考にならないような、DAWとボカロエディタのお話を書いてきましたが、今回はその連携について。
実は、私も、初めの方に書いたように、しばらくぶりのDTMで最近のDAWなんか扱い方がよくわからないという状態で、

「初音ミクV3がGaragebandで使える」

という情報だけで、初音ミクを買ってしまったので、そこから使えるようになるまで結構苦労?しました。そもそも、Garagebandの使い方もよくわからん状態だったので・・・。

ということで、連携方法です。

1 App StoreからGaragebandをダウンロード・インストールする
2 PiaproStudioをインストールする
(とりあえず、インストールのところは詳細省略します)

3 Garegebandを起動する(空のプロジェクト)
 空のプロジェクトを選択(作成中のものがあれば、そのファイル)



4 そうすると下のようなウインドが開きます。この場合、新規なので、エレピのトラックが一個作成されています。そのトラックを選択し(複数のトラックを作ってある場合は、からの新規トラックを作成して、そのトラックを選択)、左上のコントロールボタンをクリック(つまみ・ノブのようなアイコン)。


5 そうすると下のような画面が出てきます。(見づらいので左側のエレピの絵があるメニューは消した状態のウインドにしてます)




6 そしたら、下側のコントロール画面の左端にあるインスペクタのボタンをクリックします。


7 そうすると下記のようなものが表示されます。そこで、プラグインと書いてある三角形のところ▶︎をクリックして展開します。



8 そうすると下のような画面になります。見難いですが、表示された右側の「Instrument」をクリックし・・・



9 下の画面のように、AU Instruments → Crypton → Piapro Studio AU → ステレオと選び、クリック。


10 すると・・・下記画面のように、空のPiapro Studioのウインドウが開いて、GaragebandのトラックにPiaproの接続が完了します。



今回まここまで。ここまでが、ボカロトラックを作成する準備になります。

以降は、また次回に。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事