JunkのBB動画雑記帳(仮)

AviUtl拡張編集にAviUtlの編集プロジェクトを読み込んでみる

2013/07/05 15:46 投稿

  • タグ:
  • ボーダーブレイク
  • BORDERBREAK
  • AviUtl
  • AviUtl拡張編集
  • 動画編集
  • BB-動画編集講座
ボダ動画でAviUtl拡張編集を使う場合(特に画質に気を使う場合)AviUtl本体に読み込ませる方法と拡張編集に読み込む方法がある。
AviUtl本体に直接読み込んだ場合動画の前後にまた別の動画を読み込ませたり動画を止めたりスロー再生・早送りにすることは不可能に近い。
また、拡張編集に直接読み込むと動画の画質調整が非常に面倒だったり拡張フィルタが使えなかったりする。

自分は元動画を一度AviUtlに直接読み込んだものをAvi出力し、その動画を拡張編集に読み込ませる方法で編集をすることが多い。
しかし、この方法は一度AVI出力するので手間と時間がかかるというデメリットがある。

そんなわけで一度AVI出力の手間を減らせないかと実験してみた。

説明面倒なのでかなり端折っています。
わかんねーと言う方は誰かに聞きながらやってみてください。
というか色々初心者向きの記事ではありません。
さらに言うとメモのようなものです。

やり方
1.AviUtlで動画を読み込みいつも通り画質を調整する。
リサイズ・色調補正・インタレ解除・その他いろいろをここで済ませてください。
この時点では動画のカット編集はしないほうがいいと思います

2.ファイルメニューから編集プロジェクトの保存を選択して保存する
適当な名前をつけて保存しちゃってください。
当たり前ですが保存した後は元動画を移動したり削除すると編集プロジェクトは使えなくなります。

3.一旦動画を閉じる
やや不安定になる可能性があるのでいっそのことAviUtl自体を再起動させたほうがいいかもしれません。

4.拡張編集の設定を開きTLを右クリックして新規プロジェクトを作成する。
必要に応じてプロファイルを変更したりしてください。
新規プロジェクトの設定はニコ動のプレイヤーサイズや読み込む動画を考えて設定してください。

5.メデイアオブジェクトの追加から動画ファイルを選択。
D&Dでは"普通は"設置することができません

6.参照ファイルから作成した編集プロジェクトファイルを選択し、読み込む。
参照ファイルの付近にD&Dでもいいのよ。

7.音声を元動画から作成する。
原因は不明ですが「動画ファイルと連携する」を設定しても連携してくれません。

8.完了!

注意点
1.一部の拡張フィルタと絶望的に相性が悪い。
例(自分が使っているもの)
自動フィールドシフト:動画が真っ暗
透過性ロゴ:時々エラー
リサイズフィルタ:稀にエラー

2.複数のプロジェクトファイルの読み込みには対応していない。
原因は不明ですがエラーが出ます。

3.少し重い
(気がする)

とりあえずこんな感じ。


この編集方法はやや不安定で編集中に落ちたり出力が変になったり寝ている間にエンコしたら途中でエラー落ちしていて時間を無駄にしてもイラついてPCを破壊しても責任は負えません。
特に一部の拡張フィルタとはとことん相性が悪いので注意してください。





なんで書いたかって?
どちらかというとTwitterで書いたつぶやきのまとめ兼報告なものだから。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事