That's Done!

【小ネタ】AviUtlのメインウィンドウ画面をキャプチャをするとき

2013/08/04 21:50 投稿

  • タグ:
  • AviUtl
  • 迅七P
小ネタです。

こんな風に設定してますよ!
てなかんじでAviUtlの編集画面を画像にして提供したり、画面効果の設定手順を
ブログで紹介するかたも増えてきたように思います。
いや、もともとやってらした方もいらっしゃいますが。

ま、そんな時にAviUtlの編集画面をpngなりjpgなりにして保存する必要が
あるわけですが、数が多いと結構面倒なんですよねこれ。

よくある方法は以下の4つかな?


(1)PrintScreen→ペイント→png/jpg保存
一番簡単なやり方かな。
キーボードに最初からついている[PrintScreen]キーを使う。
特定のウィンドウだけの時は[Alt]+[PrintScreen]ですかね。

AviUtl本体に追加スクリプト/プラグインがいらないのが利点?
欠点は、画像ファイルとして保存するのにMS PaintやPowerPointなど画像化できる
別のソフトを経由する必要がある点がひとつ、
右クリックメニューを出した状態を保存するのが面倒なのが2つめ。
メインウィンドウの画面部分だけを保存する場合はウィンドウ部分を削らないと
いけないのが3つめ。

タイムラインウィンドウなど、ウィンドウをまるごと保存するときは便利ですね。


(2)Snipping Tool
直接PNGやJPGに変換して保存できるのはいいんですけど、毎回毎回範囲を指定しなきゃいけない
のがちょいと面倒ですかね。
あとWindows 7以降でないとだめなのかな?



本題から外れるけど、Snipping Toolで
メニューバーごと保存する方法
ってしってますよね?ね?

もし知らない人がいた場合に備えて小ネタ
晒しときます。




Snipping Tool動かすと図のように、画面全体に「白み」がかかって
キャプチャする範囲を指定できるようになります。

ここでキーボード左上にある(…よね?)[ESC]キーを押します。

そうすると、Snippingのウィンドウだけが残り、画面全体の「白み」が消えて色が戻ります。


通常どおりウィンドウ操作ができるようになりますのでメニューを出しましょう。
で、メニューを表示した状態で[Ctrl]+[PrintScreen]



こうするとメニューを開いた状態で画面に「白み」がかかりますので範囲を
指定するとメニューを開いた状態の画面をキャプチャすることができます。

ご参考まで。


(3)クリップボードに出力イメージをコピー


(1)と大差ないですね。ウィンドウ部分が含まれないので、切り取りする必要がない点が
メリットというくらいですかね。


結局PaintやPowerPointなどで画像を保存する必要がありますね。


(4)1フレームだけで連番PNGやBMP
直接PngやJPGで保存できる方法その2。
PNGやJPGでの直接出力をしたい場合は、追加の出力プラグインが必要です。
こちらからダウンロードしましょうね。
「画像入出力プラグイン」
Snipping Toolと違ってキャプチャ範囲を指定する必要はないですが、フレーム範囲を
都度設定するのがちと面倒ですかねぇ。









さて。ここまで前置き。

オススメしたいのは、ウィンドウのトリミングも、フレームの指定もせずにPNGに
直接書き出す方法です。

(5)フレームバッファ+PNG保存
以前紹介させて頂いた白水さんの「PNG保存」を使いますので、
ダウンロードしてください。
詳しくはこちらのブログ参照。

アニメーション効果ですので、通常単独オブジェクトに適用するものですが、
こいつをフレームバッファに対して使います。



こんな感じ。
これだと、画面を表示させてパラメータの「PNG形式で保存する」のチェックボックスを
ぽちぽちするだけでその画面を直接PNG保存していくことができます。

かつ、頻繁にやる人はフレームバッファやアニメーション効果自体を
エイリアスに登録
してしまうのがオススメです。



あんまかわらねーよ!
という声も聞こえて来そうですが、ワタシみたいにAviUtlの画面キャプチャを使った
ブログを頻繁に公開する人間にとっては地味にべんりなんですよー。

知っている方もいると思いますが、ご存じない方の為に。
ご参考まで。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事