That's Done!

迅七のスピード研究室(6)~意味の認識速度

2013/06/24 21:55 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • Novelsm@ster
  • 迅七P
  • ノベマス制作講座
  • 迅七のスピード研究室
  • なるほどわからん
自分で自分の作品を語ってしまうというこっぱずかしいブログ。その6。

文字送り以外で文字出しをする方法考えてみようか。


・・・
話があずささんになりますが。
「読めちゃう日本語」
ってご存知です?
文字の並びがおかしくても、脳が意味を自動補完してくれちゃうというやつです。

以下動画にしてみたのですが、意味補完は今回どうでもよくて、
文字を目にしてから、意味を認識するまで
どれくらい時間がかかるか?

を確認してみてくださいまし。



30文字ですが、1秒かからないですよね?たぶん。

文字並びがおかしくてもこの状態ですから。
まともな文字でも同様以上の速度で認識できるんだと思います。

なお、誤字に気付かない原因も・・・




そこで、文字送りの代わりにアニメーションを使ってみることにしました。

こういうことね。

これだと0.3秒で30文字表示されますので、文字送りに換算すると
1秒99文字相当になります。

文字送りナシの一発表示よりは動いている感じがしたし、なにより
画面外から飛ばしたり、ぶつけたり、色々な表現ができるのが凄く気に入りました。

通常文字送りの中にこういったアニメーションを混ぜていくことで
会話っぽさを残しつつ、なおかつ速度も上げられるかなー。

そんなわけで、こうなる。


前作よりもアニメーション効果での文字表示数が増えている為、密度が少し上がっています。

・・・少し?

文字送りも、セリフ間ウェイトも、画面残し2秒も変わっていませんが、それでも前作より早いと言われたのは、読み取る文字の量が増えたからかもしれませんね。

うん。おおむね好評。


こうなると…
行くところまで行ってみたく
なるのが人情というもの。



……そうだろう?







……んで、
行くところまで行っちゃった
のがこちら。

超ノベ企画という、既存の立ち絵を使えないという制約条件が付いてきたことを
逆手に取って、全画面セリフ枠としてやりたい放題。

ちょうどこのころAviUtlスクリプトに興味を持ち始めたこともありまして、
文字送りではなくアニメーション効果の使用率が跳ね上がっており、
1秒あたりの文字密度(秒毎文字数)も最高潮に達しております。

作品総文字数再生時間文字送り秒毎文字数
(1)ひんひんちく2006文字6:1315文字5.37文字@1秒
(2)初投稿あるある1426文字5:4312文字4.15文字@1秒
(3)「釣り」2116文字6:2720文字5.47文字@1秒
(4)ナンパ談義2985文字6:1525文字7.96文字@1秒
(5)gdgdラジオ4228文字8:0425文字8.73文字@1秒
(6)gdgd 75483文字8:5331.6文字※10.96文字@1秒
(7)ちーたかきっちん3958文字4:5943.3文字※13.23文字@1秒
※(6)(7)の文字送りはアニメーションを文字送りに換算した場合の平均速度です。

最高潮というか…ぶっちぎっておりますw。

それでも読めるんだから。
人間の脳みそってすごいデスネ!

(他人事)


……いや。読めない人もいたかも(汗




さすがに、作っていて無茶かも?と思ったので、7作目については
画面残し時間を3秒に広げています。


…一応確認しておくと「画面残し時間」というのは、あるセリフの最後の文字が
表示されて、画面から消えるまでの時間です。
最後の文字が表示されて、次の文字が表示されるまで「セリフ間ウェイト」ね。


文字量が増えたにも関わらず、読むことができたとすれば、この工夫が原因だと
自分で考えています。


画面に残っている時間が、
読めるかどうかに大きな影響をもつ、

という仮説は間違いないと改めて確信しました。



ただ、ちょっとこれ以上は難しいかなぁ。
文字送りの速度や文字の出し方による工夫はこれが限度のような気がしました。

これ以上の速度も実はやってみたのですが、違和感の方が強く残りました。
会話らしくなくなってしまうんです。理由はわからないけど。
文字送りナシの瞬間表示のほうがまだ違和感がないくらい。

なにより、同じ速度を実現する為には、立ち絵などの情報を一切捨てる必要が
あります。
全画面を文字のために使えればこそ、この速度(ウェイト)・文字量・画面残し時間を
実現できたわけですから。
でも、それは動「画」としてどうなのよ?

ついに……限界か。
ここが限界なのか?



それでも、もっと密度を・・・

うーん・・・。
しかし文字の表示速度やウェイトによってスピード感を出すのは限界。

他に改良できるところは……。








文字送り25よりも、アニメーション効果0.3秒の表示を多用した方が早く感じるって
どういうことだろう?
多い文字数を一度に読まされるから、ですよね?
当たり前です。

言い換えると?

目から入ってきて脳みそが認識して解釈する情報量が多いから・・・かな?


目から入ってくる情報って、文字だけじゃないですよね?

文字を増やす代わりに、それ以外の視覚情報を増やしてみたらどうだろう?

つづきます。次で最後。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事