That's Done!

「AviUtlではじめる動画編集」(I/O BOOKS)を読んでみた

2013/06/14 18:41 投稿

  • タグ:
  • AviUtl
ということで、ヨドバシアキバ7Fの書店で購入しました。

レビューというほどのモノではありませんが、内容について
触れてみたいと思います。

まず
「AviUtlではじめる動画編集」
というタイトルです。

初心者向けです。当たり前ですね。

AviUtlの拡張編集プラグイン(以下「拡張編集P」)を使ってMADを投稿したことがある人が
「自分の知らない知識があるかも?」
という期待をするにはちょっと厳しいかも。


では目次を見てみましょう。
出版社のHPをご参照ください。
工学社:書籍紹介サイト

素材を本に書かれている手順通りに操作していくと簡単な動画が作成できる、
という類いのものではなく、機能の解説が主であることがわかるかと思います。

ごらんのとおり、拡張編集Pの解説は全体の半分以下です。


なんだよ!半分しかねーのかよっ!ヽ(#`Д´)ノ

という前にデスネ、よく考えてくださいな。
拡張編集Pってのはあくまで「追加プラグイン」なのですよ。
プラグインなしの本体機能というのもちゃんと存在します。
それだけでも十分凄いソフトなんですよ?

ということで、2章・3章は拡張編集Pではなく、本体機能を使っての
動画編集のやり方です。
第3章の「実践」というのも拡張編集PなしでAviで録画したTV番組のCM部分を
カットしていくテクニックになります。

この辺「x264guiEx」プラグインを使って、AviUtlから直接エンコードする場合に
「映画用」「アニメ用」「実写用」とそれなりにページを分けてエンコードや
フィルタ設定の解説がありますので、つんでれんこや夏蓮根などを使わず直接
エンコードをしてみたい人は参考になると思います。

言い換えると、拡張編集Pでしか動画編集をしない人にとっては、この辺は得るものが
少ないかもなー。

拡張編集Pメインでオナシャス!

と言ってしまうのは、拡張編集Pを使っている側の意見ですかね。




さて、拡張編集Pを使う方々にとっての本命の第4章

まず、解説されていないモノ
(1)カメラ制御をはじめ、3D系の機能
(2)シーン機能
(3)拡張編集の追加スクリプト類
(4)アニメーション効果やカスタムオブジェクトは紹介のみ。
(5)複数のフィルタの組み合わせによる複雑な演出のやりかた

最初の方でも書きましたが、機能の解説がメインであって、よりよい動画を作るために、
というものではないので、この辺は仕方ないかもしれませんね。

次に、各項目の内容の概要おば
[4-1]
新規プロジェクト開始時の画像サイズやフレームレートの指定、
動画をタイムラインに読み込ませる方法、レイヤーについて
プレビュー画面使い方。プロジェクトの保存/再開、自動バックアップ機能について
[4-2]
オブジェクトの移動、Ctrlキーを使っての一括移動。オブジェクト分割/コピペ。
設定ダイアログ(XYZ座標や回転などを指定するウィンドウのことね)の説明
[4-3]
字幕の入れ方。文字送りのやりかた。左右中央寄せや縁取り装飾などのテキスト装飾、
<w><s><#>といった制御文字の使い方
[4-4]以降
フィルタ一覧表、3種類あるフィルタの設定方法、シーンチェンジ、
トラックバーを使っての「直線移動」などのアニメーション
グループ制御、部分フィルタ、ニコニコ・Youtube向け動画出力

さて、皆様。上記の中で知らないことがどれくらいあるでしょうか?
知らないことが多いぞ!という方はこの本から得るものはあると思います。
だいたいイメージ付いてしまう方、知っていることの復習になってしまうかもしれませんね。

・・・3種類あるフィルタの設定方法の使い分けなんてご存じです?





------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、この辺から私見。

文章うまっ!

さすがプロということでしょうか。
わたしなんか年中指摘されるんですが(汗)、「知っている人の目線」ではないので、
初心者でもわかりやすいのではないか?と感じました。

応用的な知識が欲しいのでであればニコニコにUPされている数々の講座動画の方が
適切だと思います。
でも、そういった講座動画にどこか「初心者お断り」な空気を感じ取ってしまう人に
とっては、この本は凄くわかりやすいんじゃないかなー。

あ、ただし。
パソコン用語が殆どわからん!というレベルだとしんどいかも。
「インストール」とか「プラグイン」とか「フィルタ」とかっていう単語はさすがに
解説ありませんからね。


あと、Twitterなんかで「AviUtl」という文字をパブリックサーチしていて思うのは、
・動画を作ってみたくて「AviUtl」がイイって聞くけど、実際どう?
・インストールしたはいいけど、解説も何もなくて、ワケワカラン・・・
・字幕を入れたいんだ!他はいいから字幕の入れ方を、だれか教えて!


というつぶやきは少なからず存在します。

我々AviUtl使いにとっては、ニコニコで「AviUtl講座」というタグで探すとか、
さつきさんの大百科記事を見るとか、AviUtlお役立ちマイリストなんてのを知っていて、
そこから情報を引き出すことができるのかと思いますが、この辺を一切知らない人が
AviUtlというキーワードでgoogle先生に問い合わせると出てくるのは以下の画面です。


検索結果を先頭から3ページを上から巡回する
だけでも結構な労力ですが、
「拡張編集」というキーワードを知らない人が
本体の編集モードと拡張編集Pでの編集という
「2つの顔」があること(P.38より)。
や、
動画を出力するために各種プラグインを別途
インストールする必要がある、
といったことに
気づくまでに越えなければならないハードルは
結構高いのではないかと。

案外インターネットは
AviUtl初心者に厳しい
のではないかと思うんですよ。

中堅者:「AviUtlのお部屋」にあるプラグインのセットをインストールすればいいんだよ
初心者:え?オマケをインストールするんですか?じゃぁ上の方にあるリンクは何なの?

・・・というやりとりが何度繰り返されてきたことかw

ということで。
ニコニコ動画にうpされている数々の講座動画で学習してきた人。
さつきさんの詳細拡張編集Pluginをきちんと読める人
AviUtl本体や拡張編集Pluginに同梱されている「aviutl.exe」や「exedit.txt」をちゃんと読んでいる人

・・・にはお勧めしません。

でも、これらの講座動画や資料を読んでもさっぱりわからん。
という人には、これらの講座動画・資料を読むために必要な情報を得ることができるのではないかと思います。

「必要な情報を自分で探すために必要な情報」
を得ることができる本。

そんな印象を持ちました。
これさえあれば独力でネットの海の中に転がっている「自分にとって有用な情報」を
拾って集めてくることができるようになるのでは?と思いました。

ということでいかがでしょう?
まずこちらをダウンロードして目を通してみては?


最新の拡張編集に対応してはいませんが、消えてしまった機能があるわけではないので、
まずこちらを読んでみる。(もちろんフリーです)

ナニいってんだかサッパリわかんね-!ヽ(#`Д´)ノ

という人は購入を検討してみては?




・・・・・・価格?
ナンノコトダ?

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事