弥生って知ってます?

ぷよぷよ「宇宙」土台の初手手順

2017/07/04 21:33 投稿

  • タグ:
  • ぷよぷよ
皆さんこんばんは。僕です。
さて、今回も「宇宙」の話です。
弥生がテーマのブログなのに完全に宇宙に傾倒していますが、弥生時代は正直そろそろ進化としては頭打ちに来ていると思うので語ることがないんです。
昔はバカにされていた弥生時代も今では土台としてはトップクラスのシェア率を誇るように成りました。昔話でいえば既に「めでたし、めでたし」に入っています。
しかし宇宙は違います。今、川から宇宙が流れてきた段階なのです。誰かが拾わなければならない。育てなければならない!そういうわけで少しでも宇宙開発が進むことを願って宇宙についての記事を書いていきます、ええ。

というわけで宇宙の初手手順です。
はじめに言っておきますが、宇宙の初手手順はTom氏もまだ探り探りの段階のようで毎回結構手順が違います。どれがすぐれているかは私には判断できませんので、とりあえず自分が使いやすそうなのを選ぶといいと思います。


1.AAAB



これはシンプルで、現段階ではこの1つのみです。
去年のTom氏あたりだと実はL字を先に作っていたのですが、今はこれに変わっています。
momokenが配信で宇宙を組んでいた時もこの手順でした。AAABだけはほとんど完成されている気がしますね。

2.ABAB



ABABはこの2つです。左はmomoken手順、右がTom氏手順です。左は土台を先に組むパターン、右は連鎖尾から組む+ダメだった時のGTR移行を視野に入れた形ですかね。(GTR移行については別の記事で話します)
この手に限らず、Tom氏の手順は土台ではなく連鎖尾から作りに行く事も多いです。僕も最初それに疑問を持ちましたが、試しに連鎖尾を優先してみると安定感が段違いになりました。
連鎖尾を後にするということは、必然的に連鎖尾には「土台に使えなかったツモ」が回ってきますよね。しかし宇宙で土台に使えるツモというのは結構制約が厳しいので、バンバン連鎖尾に回ってきます。
すると連鎖尾側の色密度が高くなりがちなのです。宇宙は鶴亀を多用するので密度が高くなっても消せるっちゃ消せるんですが、やはり形が複雑になるし回収が難しくなることが多い。そこを考えての連鎖尾優先なんだと思います。
まぁケースバイケースですね。話が脱線しました。次に行きましょう。


3.ABAC







ABACはこの3つ。優先度順です。Tom氏曰く、「下に敷き詰める横3は最優先」らしいので多分1番目の方がいいです。

4.AABC




AABCは宇宙土台の鬼門と言えます。これは本当に組みづらい。Tom氏もAABCが来た時思わず「これ無理だろ…」と呟いて弥生時代に移行した事がありました。AABCは本当に色々あるんですが、最新の配信を見るとほぼほぼこれになっているのでひとます此れで良いと思います。僕も組んでいてこれが一番安定した。

5.AABB





これか、これの赤をひとつ左にズラした形です。




なんか疲れてきて駆け足になってしまいましたが、以上暫定の宇宙土台です。練習してみて下さい!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事