ぐっちぃの植物まみれ。

片頭痛・偏頭痛について。閃輝暗点、視野欠損。頻度。記憶力の低下(脳波の乱れ)、卵円孔について

2019/09/09 07:27 投稿

  • タグ:
  • 病気
  • 片頭痛
  • 偏頭痛
  • 頭痛
  • 医学
  • 医療
  • 治療
  • 幻覚
  • 生理
  • 遺伝


以前、片頭痛について自分の記憶力がどのように低下しているか。閃輝暗点とはどのようなものかを書いてきたかと思うが、今回はその頻度について書こうと思う。

片頭痛について、ネットを検索すると割とみんな治っていることにおどろく、ツボだとか、コリをほぐしたりだとか。

治らなくても症状が緩和されたり、頻度が少なくなったり。

自分も薬物治療によって大きく改善した人間の一人である。

まず、前提条件として片頭痛に対して知ってほしいことは、現在、片頭痛の特効薬は存在しないということ。遺伝する病だということ。男性女性両方がなるということ。一生付き合わなくてはならないことがある。

視野の異常について以前記事に書いたが、視野異常が起こる手順は、目がちらつくように感じる。キラキラと視野の一部に映像が映る、その映像がどこをみても同じところに見える、(大体は中央付近で厳密には視野の中心にキラキラを見ることはできない。視野の中心を動かすとキラキラもまた動く)そのキラキラが大きくなる。するとギザギザしたモザイク画のような極彩色の模様が見える、大体は輪っかの形状、もしくは円形で途中途切れている。

模様が視野を覆い始める、自分の場合視野の片側。輪っかの中心は霧が掛かったような感じ。

輪っかが大きくなりすぎて、視野の外に消える。霧が視野全体に広がる。見えなくなる。

頭痛が起きる。

自分がこのような視野の異常が起こるのだが、異常なのはその頻度である。
中学生の頃は半年に1回程度で、病院でMRIも撮ったが、生活にもほとんど影響がなかったのでそのまま過ごした。少なくともこのときは視野狭窄だった。左右両「端」、あるいはどちらかの視野の端っこがわからなくなる(認知できない)。

高校生になると月に1~8回。
程度が強いものから弱いものまでさまざま。動くと痛いので、部活に出れず早退をよくした。症状が軽ければそのまま部活をした。このときも病院へ行きMRIをとった異常は無いが、症状が多くなってきたので、薬飲みますか?と言われた。医者の聞き方は「お薬飲みますか?」ではなく「う~ん、薬・・・副作用がありますが・・・。えっとまだ生活に影響ないんですよね。頻繁に休むとか。」という聞き方だった。
そのときの自分はまだ重要で重症化するような病気だとは露ほどにも思わなかったし大人になると治るだろうと考えていた。

大学生時。
1年のころは多少休んだものの普通に進級した。問題は2年になってからだ。コンスタントに週1回以上なるようになった。
月に4~12回程度。
出席日数と、課題の評価が悪く留年することになる。
しかし、2年の1回目に、ある程度授業をとったことにより余裕が出来て。3年に進級する。
そして3年生時状況が極端に悪化した。
とても尋常ではない頻度になった。多い時には日に4回閃輝暗点と頭痛が起きるようになる。
激痛1回軽い痛み3回とか激痛2回軽い痛み1回とか。痛み(激痛の場合)は3日間程度長引く。
1日目なって2日目3日目にならなくても痛みが尾を引く。階段の上り下りや、立ったり座ったりで痛みが走る。
激痛の場合は寝ていても脈動、拍動でもう痛い。

で日で大体2回、週で8~16回程度。月だと32~64回程度か。
留年することになり、改めて病院へ行く。以前とは違う病院だ。

そこでおそらくコリ(凝り)がないか体を動かした後、痛み止めを処方されたと思う。
大学に診断書を提出するのでもう一度同じ病院(診療所(?))に行って、診断書について話した。すると、「あのね。診断書が欲しいって言われてもはいそうですかって書く訳にはいかないのよ。片頭痛の頻度は?」と聞かれ。
「多い日は3回ぐらいで、週に8回はありますね。」
「・・・多いねぇ。わかった診断書書いておく。」
こんな感じで診断書を受け取った。

そして診断書を見てみると書いてあるのが、診断書、この患者は「片頭痛」である。ということと病院の名前とハンコはあったかな。それが書いてあるだけだった。

これで通用するのかな?っと疑問に思ったが、大学に提出するとあっさり認められた。


脳波の乱れについて、自分は具体的に脳波を測ったわけではないが、記憶力の低下について似たような症状を呈するのが脳波の乱れらしいのでそう思っている。また太田光は脳波が乱れない偏頭痛らしい。

卵円孔について世界仰天ニュースの片頭痛から、症状が自分と似ていることからおそらく自分にも心臓に卵円孔という胎児(?)の頃に空いている穴が、ふさがらずに今も残っている可能性がある。

自分の薬物治療は、トリプタノール(アミトリプチリン)という三環系抗うつ薬で行っている。薬を飲まないで片頭痛になるとかなり激痛になったりする。
マクサルトRPD錠は片頭痛の痛みを劇的に改善するが予防はできない。そしてあまり数を処方してもらえない。

メモというか忘れないために記事を書く。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事