ぐっちぃの植物まみれ。

マッシュルームのスボア(スポア)プリント(SporePrint)を作れるか?

2018/08/29 23:09 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • キノコ
  • 植物
  • 自然
  • 細菌



家の近くを散策していたら畔にマッシュルームのような白い傘のキノコを発見。
ちょうどキノコを栽培してみたいと考えていたので採集してきて胞子を出させて、その胞子からキノコを採りたいと考えました。

海外でスボアプリントをサイトで見たことがあるのですがどれも銀紙、アルミホイルにとってあるものがほとんどです。
日本ではスボアプリントは「胞子紋」と言うらしいです。
菌床栽培などで問題となるのは「コンタミネーション」、通称「コンタミ」というもので何の知識を持たない人が、胞子を腐葉土にばら撒いたりしたところで他の雑菌が菌糸や腐葉土の養分を食べてしまってキノコは出来ません。さらにキノコ専用の培地をコンタミ防止の策を取らずに使用した場合栄養価が高いのですぐにカビてしまいます。
胞子紋 栽培 と動画を調べた結果。案の定胞子を採取するところまでは行っても、菌床に菌糸を蔓延させることが出来ずに緑色や青色のカビが生えていました。つづく。と書いてあったのですが子実体の発生までは無理だろうなと感じました。
ちなみに腐葉土では無理と書いていますが、有用な菌が多ければマッシュルームが外で自生しているように菌糸が伸び採集できる確率は高くなります。なのでマッシュルームに限っては出来るかもしれません。しかしシイタケやマイタケは胞子を培地に接種させる時には殺菌は必須です。一応天然に生えていますのでちょうど良い原木と雑菌が増えにくい環境がそろった場合、生えるかもしれません。が培地ではまず不可能です。

sporeprintなんですが、実はけっこう簡単に製造できます。一応「紋」を見れればいいので黒い紙の上に柄を切った。傘だけのキノコを置き風が入り込まないように上からカップのような容器で空気の流れを遮断すればできます。
で、私の疑問は果たしてそれは雑菌はいないのだろうか?というところです。
多くの動画で採集しているものを見ますが、胞子紋は回収しても培養しているものはあまり見ないからなんですよね。

スポアプリントを手に入れてシリンジにして培養は出来る。だが肝心の清潔なスポアプリント作れなくね?と思いました。
でちょっと考えたんですが、スポアプリントを購入して・・・そのスポアプリントが印刷される紙のほとんどがアルミ製(金属箔?)。。。あーなるほど。と納得しました。
恐らく金属イオンの効果を使用しているのかなぁと思いました。
金属イオン、一番有名なのは「銀イオン」とセラミックにチタン紛、イオンを使用して焼成された「キラミック(商品名)」でしょうか。こういう金属は光を浴びたり、近くに金属があってそれを間接的につなげる溶媒があったりすると反応して金属イオンや酸素(活性酸素)などを出し。有害な菌を殺菌してしまうんですね。
まぁ多分、胞子は、殻に格納されていて水があって初めて弾けて菌糸が伸びるので、殺菌されないのかもしれません。
なのでアルミホイルを使用すれば培養に耐える胞子紋を採集することが可能なのかもしれません。
またアルミホイルについて何ですが、アルミホイルをくるくると丸めて排水溝に入れておくと、金属イオンが出て排水溝がぬるぬるにならないそうです。

ではやってみますねー^^。













コメント

ゲスト
No.1 (2020/02/24 10:48)
面白い。昔の2ちゃんの薬板みたいな、自分で調べて実践している人の書いた文章。応援してます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事