ぐっちぃの植物まみれ。

イチジクの植え替えとコガネムシについて。

2018/04/09 23:24 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

私は最近イチジクの植え替えをしている。

東北の大陸型気候に住む私の地域では、4月に入っても、地植えの外気にさらされているイチジクの芽は出ない。
だが私のイチジク苗は、ハウスに入っているものと、ハウスの中にさらに温室を作りそこの中に入れたイチジク苗がある。

日中40℃近く温度があったにも関わらずイチジクの芽はいまだに堅いものが多い。
まぁそれはやはり大陸型気候が関係していてハウスの中では日中40℃で夜間5℃かそれ以下の場合があるので、元々耐寒性があるもの以外成長がストップしていると言うのが実情である。

イチジクに限らず、植物は夜間の温度や、或いは1日の平均気温や最低気温が重要であり。1度冬支度をした後、成長に栄養を回すといったことが機械ではないのでスムーズには出来ない。人間であっても、今日は夏だけど次の日は冬。と言われれば、合わせることが大変なのだろうと思う。なお植物は予報も無いのだから、予防線を張りながらおっかなびっくりで環境に適応しようとするはずだ。と思う。

なのでまだまだ新芽は堅い。

そして新芽が硬いうちに植え替えをせねばなるまい。少なくともバラの場合、成長が旺盛な段階での植え替えは結構致命的。少し根っこが動き始めたときか休眠し始めたころから植え替えは可能となる。(・・・この場合は根鉢を崩さないで植え替えるのが基本。根が廻りきっていた場合、冬か、気温がまだ低い早春に根鉢を崩し植え替えると良い。)
そして、冬になれば、裸苗と言って、細根が取り除かれた(?)水で土が洗い流された苗を地植えしたり鉢上げしたりする。

それをイチジクで実行する。

イチジクを植え替えは、はっきり言って一筋縄ではいかない。必ずと言っていいほど、一度下に伸びて底まで達した太い根がUターンして地表に出ている場面に遭遇する。

またこれか・・・そういって太い根を傷つけないようにほぐし古い土壌を吐き出させ、根が新しいところに伸びやすいように曲げて、新しい容量が3倍以上・・・ふた回り以上大きな鉢に移す。(3倍以上というのは個人的な感想で、最大で5倍くらいはあったかもしれないし。ふた回り以上の鉢でも良いと思う。)

その途中で、変なイチジクの苗があった。ロングポットからスッと取れるのはいつも通りだが、少し崩れた。そしてやけに土が綺麗。。。白いパーライトのような土が他の苗より綺麗に見える。反対に根っこがやたらに少ないのだ。

なんだこれ?

そう思ってポンと叩いてみると

ドシャアと音を立てて土が崩れた。
そして、ポットの底と表面の根っこ以外ほぼなくなっていた。
不思議に思って用土を見ると、コガネムシの幼虫が居た。
やられた~そういうことか。でもかなり大粒のパーライト(5㎜以上)が入っている用土をこの根切りムシは食ってたのか。。。
このコガネムシの幼虫にある種の尊敬を抱きながら、とりあえずこのコガネムシの入ったイチジクの苗を売った人にそのことを連絡することにした。
すると代品が無いのですぐに返金してくれる。とのことだった。
私は、そのイチジクの苗はヤフオクで落札したものなので、ノークレームノーリターン。代品も代金も返さないよ!とか、或いは、自分で枯らしちゃったからそういって代品や代金を回収しようとしてるんだろ?ぐらい言われると思っていたので、かなり良心的な人だなぁと感じた。

しかし、自分的にこのイチジクの苗は、発根し始めている段階で、また完全に枯死してもいなかったので、相手方に悪いと思って返金を断った。

そしてその人の話によるとイチジクにもダイアジノンという農薬が使用できればいいんですけどね。とのことだった。

それを聞いた私は、え?コガネムシに効く農薬があるんだ。だったら使えばいいじゃん。と単純にそう思った。しかし、同時にイチジクには使用できないということも気になった。それで調べることにした。

すると農薬についての基礎中の基礎であった。農薬は使用適用、使用登録されているもの以外に使用した場合、犯罪となる。

なっなんだってー!?

そう植物栽培初心者の私にとってはまさに寝耳に水だった。なぜなら私が育ててきたサボテンやハーブなどにはそういった規定がほぼないからであった。

衝撃を受けた私は、改めてコガネムシ対策について考えることとなった。

まずイチジクに適用があるコガネムシ幼虫を殺虫する農薬を調べた。しかしそういった農薬は存在しないのだという。
存在しない!?それではイチジクのポットでの苗づくり、引いては地植えの果樹栽培に重要な危険、欠陥(?)があるではないか!

めげずに色々調べてみると、以前記事にした「コンパニオンプランツ」と出くわした。なんでもマリーゴールド植えれば、コガネムシ(成虫)はそちらに誘引されるらしい。とのことだった。
「なんだ。マリーゴールド万能じゃん。」そう思ったのもつかの間、実際にマリーゴールドを植えた人のブログを見てみると、マリーゴールドはコガネムシ(成虫)にイチジクの代わりに食べられるだけで、コガネムシ(成虫)自体を誘引してしまう。とのことだった。そして誘引されたコガネムシ(成虫)が卵を産んで幼虫が出てくると、マリーゴールドの根っこのみならず、コンパニオンプランツでない植物も食害する。とのことだった。
「は?」。。。そう、コガネムシを退治するためにコガネムシを呼び寄せてしまいかねないのだ。

それは例えば、地植えの場合、寒さでマリーゴールドが枯れれば翌年の春にはコガネムシの幼虫がイチジクの根を食害してしまうかもしれないし、マリーゴールドが寒さで自然に枯れる前の段階で、幼虫がマリーゴールドの根っこを食べつくしてしまったとする。そうなった場合コンパニオンプランツでない植物の根っこまで食べてしまう危険性があるということだ。

こうなると、マリーゴールドも農薬も使えない。イチジク栽培は博打だとか言われるゆえんのひとつか・・・。とコガネムシの対策を諦めていたら、他のブログでマリーゴールド以外の種類のコンパニオンプランツでコガネムシを防げるらしいことをで知った。(同じコンパニオンプランツの効果を調べるブログだったかも。)

何でも水仙を混植すると良いらしい。

水仙!?
実はこの水仙という植物、家にめちゃくちゃ生えている。しかも以前祖母の提案で、自宅前の畑の周囲に、鼠除け、野鼠禁忌植物(?)として植えたことがある。

つまりこういうわけだ。
イチジクのネコブセンチュウ対策としてマリーゴールドを植える。花は無いやつの方が良いらしい。
ただしマリーゴールドは、アルカリ性より弱酸性程度の土壌を好むそうだ。
次に、イチジクのコガネムシ対策として水仙を植える。
水仙も弱酸性や微酸性を好む。

まぁ恐らくイチジクと混植しても大丈夫でしょう!

ポットでイチジクの苗を作るの場合は、イチジクの根張りは強くて、すぐにイチジクの鉢が、パンパンになってしまう。ので。別のポットやプランターに水仙を栽培してコガネムシが禁忌するのを願う・・・。うーんやっぱ同じポットで混植した方が良いかもしれない。大きくならない水仙を同じポットで育てれば何とかなるかも。
それか水仙の球根や葉っぱを刻んでイチジク苗のポットに入れておけば避けるかもしれません。

調べる途中で「バイオトピア」という生物農薬(天敵)が存在することを知った。薬害が無いそうなのでイチジクを地植えしてコガネムシの被害がある場合、使用すると効果を発揮するだろう。またコガネムシ以外にも様々な害虫に効果があるらしいので、ネットで調べて使用すると良いかもしれない。










コメント

ボブ石井
No.6 (2018/04/12 23:54)
(ちなみにイチジクでコガネムシ類幼虫に登録のある土壌消毒剤は)ないです。
ぐっちぃ (著者)
No.7 (2018/04/13 21:52)
>>6
はえ~すっごい勉強になる。畑では、コガネムシに食べられてイキスギィにならないように気をつけよう。

ぐっちぃ (著者)
No.8 (2018/04/13 21:53)
こんなに反響がいただけて光栄です。がんばって育てていくのでこれからよろしくお願いします(*^-^*)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事