ぐっちぃの植物まみれ。

ネットの情報の制御。アロエ葉挿し。CBDオイル。

2017/01/06 21:00 投稿

  • タグ:
  • ネット
  • 植物
  • 大麻
  • 情報
  • 政治
  • 社会
  • 広告
  • 規制

 私がこの記事を書こうと思ったのは、ネットの情報が何者かによって制御されているという事を感じ取ったからである。

 何者かがネットの情報を絞りまたは、制御していると思った理由はCBDオイルがキッカケである。
 以前アマゾンでもCBDオイルが購入できたらしいのであるが、それが一気に取り扱いを辞めたというのだ、代わりにネットでCBDオイルを調べると、広告が上にガツンとでてそこしか取り扱っていないようなのである。。。

 私は薄ら寒さを感じた、確かyahooの検索エンジンなどは、お金を払えばその広告を上部に載せることが可能になるらしいのだ、しかし元々あった記事を消したり下の方にしたり・・・。は出来ないはずである。

 自然に取り扱いをやめ、たまたまそこに広告が出たのだろうか?その可能性は無きにしも非ず。

 CBDオイルの時点ではそう思っていた。

 しかし、「アロエの葉挿し」を検索した時に疑問が確信に変わった・・・。確信に変わったとはいささか大げさなので、疑念が深まったと言って置きたい。

 記事の上に来ている検索は「葉挿しは出来ない。」と書かれているもので理由もかなり具体的だ。しかし他の意見を調べていくとできる可能性があると書かれているものもある。。。

 私も他の閲覧者と同じく可能性の話しは、「無い」とか「出来ない」場合が多いと知っている。・・・

 また、葉挿しが出来ますと書かれているサイトはここです。とリンクが貼ってあり、どれどれと見てみると、この記事は存在しませんとでた。そのサイトは生きているのにアロエに関する記事のみ存在しないと出てきた。「きっとこれは間違った情報だったから管理者は消したのだろう」そう思ってしばらくアロエに関する記事は見ないでいた・・・。

 しかし、Pinterestを見ているとアロエの葉挿しの画像が見つかった。それは英語で書かれていた。
 気になって、Youtubeでアロエの葉挿しを英語で書いて調べると・・・その動画はあった。



 なぜ、ネットの情報はおかしくなっているのだろうか・・・。アロエもCBDオイルも言えることは一つだと思う。それは例えば企業の利益になるために意図的にそういう情報を規制したのではないかという事だ。

 規制と言えばおかしいかもしれないが、意図的に我々の目に映らないようにそのサイトを極力下の方に移動させることは可能かもしれない。

 そう考えると、我々が見ている情報を制御して、本当にあった事実を隠して風化させることも可能かもしれない。これはよく広告業界が使う手だ。謝罪文を小さく出したり。自分の利益になるが賛否両論がある情報を意図的に載せない・・・。恐らくCBDオイルの場合は、広告料が相当掛かっていると想像できる。下手をすれば人の生き死にに関係するものであるからだ。
 ではアロエは・・・?葉挿しが可能となれば確かにアロエを大量に生産できるだろう。しかしアロエが大量生産して困るところはあるのか?ということである。
 単価が安いものの情報を狭窄したとしてあまり他の企業は利益を得られない気がする。・・・。

 こういった疑問はあるが、私はネットの情報が意図的に制御されていることを捨てきれずにいる。例えば、麻薬や銃などの情報を規制して健全な社会人を作りましょう。それはそれで理想かもしれないが、本当は損をしているのにその事実を教えない。
 例えば中華人民共和国のように、大規模にネットを規制される事態も将来的にあり得るのかもしれない。
 また企業によって、大規模な資本を投下した企業のみ有利に働く検索エンジンは、我々になんの利益をもたらさなくなるだろう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事