ぐっちぃの植物まみれ。

突然だが、私はうんこちゃんが好きだ。

2016/12/27 05:20 投稿

  • タグ:
  • うんこちゃん
  • 加藤純一
  • 実況者
  • ゲーム
  • ニコラジ


 うんこちゃんという実況者を皆さんは知っているだろうか。

 私は彼を知ったのは、ここ一年の話だ、ドラゴンクエストビルダーズで初心者すぎるドラゴンクエストビルダーズを見たのがキッカケだ。

 龍王のセリフがツボに入ったのと、「親父が大工でさぁ・・。」とか「あっ本名加藤純一です」というのが好印象であった。

 最初の印象はつまるところ、新参の実況者が馬鹿な事やってんのか?ぐらいに思っていたが、新参ではありえない会話の質、信者数。工作か?と疑ったが、そうでもないようだ。

 うんこちゃんという名前がどぎつかったが、動画はそれを容易に超えるインパクトがあった。
 今では彼の口癖になっている「インパクトがないとなぁ」ということを如実に再現している。

 アウトラストをみる。不整脈をネタにした動画は非常に面白かった。自分の現状を報告したりしてそれが現実感があり、面白かった。

 その後うんこちゃんの動画を掘り返してみたり、ネクトンさんやプーアルさん、ジジ魔人さんの生放送動画を見るとくっそ面白い、ラスアスやビヨンド、ヘビーレイン、マックスとクロエの・・・。名前忘れた。

 ラジオ放送のようなものも見るようになった。会話がクソ面白い。キメラを作れ!女はシェルターのなかに居ろ!俺が食わせてやる。また、実況者に対するコメントも辛らつだが、馬鹿にしているのではなく。アドバイスや感想である。またそれが、的を得ていて同情してしまうのだ。

 うんこちゃんのどギツさを超えた先にあるものは、新鮮な笑いである。正直彼を知ってから他の実況者はどれも同じに見えてしまう。以前受けたネタの焼き直しが他の実況者は多く、昔の印象と今の印象をなるべく同じようにしようとしているし、なるべく現実世界のプライベート守ろうとしていて、それが見えてしまっている。
 対してうんこちゃんは、ネタの焼き直しはあるものの、ゲームの運や自身の論理、失敗覚悟でぶち当たるその行動力。笑いの他に勇気ももらえるのだった。
 また、プライベートでも、有名人と付き合ったら言っちまうよ。とか、ある意味歌い手や実況者が隠す下心のようなものもオープンにしている。

 うんこちゃんの野望は果てしなく。また視聴者もその野望を応援するだろう。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事