ぐっちぃの植物まみれ。

オロリウキ栽培について①~へそってどこやねん!?~

2016/12/26 16:40 投稿

  • タグ:
  • 自然
  • アサガオ
  • オロリウキ
  • 植物
  • 麻薬
オロリウキという植物を育てることにした。
なんでもアサガオに似た種類で、白い綺麗な花を咲かせる。そしてその花からはとても良い香りがするというのだ。
育ててみたい。そんなことで、12月。育てることにした新潟で。

おっと。冬に熱帯の植物が育つか馬鹿!と思った方もいるかもしれないが、私は作ったのだ、
簡易温室を。
AMAZONから送られてきた商品の梱包にバカでかい段ボールが使用されていて。
それを使用することにしたのだ。
LEDのフルスペクトルライトの30W程度のもので、口金は26か27だったと思う。
それを卓上のライトに付けて日光を確保し、段ボールの内側には反射するシート。100ショップで売っているものを使って作った。。。あれ?以前記事でかいたよなぁ・・・。

まぁそれを使用しているので12月でも植物を元気に育てられる。

オロリウキ:別名タービナ・コリボサ。とか、リベア・コリボサというらしい。こいつの種を購入したんだが、発芽をさせるのに手間がいるらしい。

なんでも「へそ」に傷をつけて水を吸わせる。1日以上水を吸わせるな。腐るぞ。また種が割れるまで水を含ませるな。とのことだった。

「へそってどこやねん!?」

種子を見てみると。丸いミカンのへたみたいな部分があって、タネのとがっている部分もある。
おそらく「へそ」ってこの鍔。というかヘタみたいなところを言っているんだよなぁ。。。
と思って傷をつけることにした。
が。

「堅い」「硬い」「固い」「かったっ!?」
へたの部分はそうでもないがそのへたから普通の被殻の部分を切ろうとすると、ギギッと堅い音がして切るというより削るようになってしまった。

しかし何度も削り、中の種子が見えるくらいまで削ることに成功した。

「よっしゃ!やったで!」

その後水に浸けて、眠った・・・。

朝起きて、オロリウキの種を見てみる。

「・・・ん!?」

割れている、見事に種子が割れていた・・・。殻もふにゃふにゃになっている。

まさか、水を吸い過ぎた!?

あかんかなぁ・・。と思いながら種子を植えることにした。

1cm程度埋めるとあったので。最下層にサボテンの土。中間に芽出しの土、ここに植え。上部に100均のピートモスを撒いて。20度程度の今の部屋に置いた。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事