ぐっちぃの植物まみれ。

マジックマッシュルームについて備忘録①

2016/11/06 08:28 投稿

  • タグ:
  • キノコ
  • マジックマッシュルーム
  • 麻薬
  • 幻覚剤
マジックマッシュルームとは?

幻覚作用のあるキノコ、ヒカゲシビレタケやオオワライタケなど。

歴史
アステカ文明などでシャーマニズムの一環として使用されていた。

依存性
身体的な依存性はないが、精神的な依存性はあるっぽい。

効果・効用
自分を見つめなおすことが出来る。過去を清算し前向きになる(らしい)
うつ病などの精神病に有効、薬物依存から離脱するために使われることもある。
片頭痛や群発頭痛を抑える働きがあるらしい。

入手
スポアプリント、スポアシリンジ(胞子)を入手し自分で培地を作り生産する。
スポアプリントからシリンジを製造するのが生産の過程で一番難しいと思われる。

育成
一般的には小麦のふすまや全粒粉をバーミキュライトのような衛生的(?)なものと1:9で混ぜ、圧力なべで滅菌し、雑菌が繁殖しないようにして胞子を加えると、菌糸が発生する。
温帯、温かいところで菌糸を成長させ。(28~30度)
22度~25度でキノコを発生させる。
湿度は正直わからないが80%以上程度だろうと予測する。

加工

根元を切り取り扇風機又は乾燥機で乾燥し、密閉容器にシリカゲルと一緒に封入すると、1年以上持つらしい。

総じて味はおいしくないらしいので、ほとんどの人は味をごまかせるものに入れてたべるらしい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事