ぐっちぃの植物まみれ。

◆大麻◆③  大麻解禁について

2016/11/03 07:59 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 大麻
  • 政治
  • 麻薬
  • 科学
  • 歴史




私なんかは、日本の今後、将来について大麻は解禁すべきだと考えています。
というのは、

ヤクザなどの反社会的組織の収入源を潰すため。と、税収アップの為です。

現状、大麻を規制することによって大麻は高値を維持しています。しかしどうでしょうか、大麻が一般的になりタバコと同程度の値段で販売するようになったら。

・・・と、この話を書く前にアメリカと麻薬戦争の話をせねばなりません、簡単にいうと、麻薬戦争は負けました。・・・麻薬を大規模に廃絶しようとすると、各国との連携が必須になること、発展途上国にそれを禁止させる財源がないこと、麻薬を禁止すると、少ない麻薬にもっと高額の値段がつくこと。高くなった麻薬の利益の為にマフィアが抗争を開始し治安が極度に悪化する等等の理由です。
また、アルコール、お酒も、禁止すると、密造酒に高額の値段が付き、マフィアなどの反社会的組織が巨大化し、治安が悪化しました。細かくはアメリカ・禁酒法を調べてください。

解禁に向けての案としては。
大麻を許可制にして、THCの含有量によって販売する。これは、タバコもニコチンごとに販売するのに近いと思います。またその基準を超えるものは医療用にしたりする。

高THCの製品に対してあまり意味を持たなくするのも面白いかもしれません。
低THCの製品の方が高値で買われるようにして。反論として高THCの大麻は闇市場で。。。と考えるかもしれませんが、私はそうはならないと考えています。それは、普通のタバコ農家は、タバコが身近にあるからと言って、それを加工して自分で吸ったりしないのと同様だと思うからです。
(同様というのは、普通に煙草に加工するのが違法なように、大麻を無断で加工すると違法にする。)
未成年者が喫煙する問題は、タバコと一緒で20歳からにする。
すると、大麻タバコも普通のタバコも同じように栽培できるのではないか。というのが自分の意見です。

大麻栽培やたばこに加工することを免許制すればタバコとなんら変わりがないんじゃないかなぁと思います。
とするならば、国家の治安の上昇と税収のアップ両方が期待できるのではないかと思います。茎や葉もセルロースですから、バイオマス発電や、セルロースを用いた製品につかえるのではないでしょうか。

よもやま話ですが、自分の祖母の実家は大麻農家でした。もちろん米と兼業だったと思います。祖母に大麻の話をしたら、思い出したように語ってくれました。
当時、大麻は違法ではなく普通に育てられていたそうで、植えると3か月程度で、両親よりも高く育ってしまって驚いた。また両親が大麻を収穫して圧搾機に入れたとき、大麻は変な匂いがするからあまり近寄らないようにと言われたこと。などです。


私は、大麻は果たして政府が目の敵にするほど危険なのか疑問です。

よく捕まっている末端価格~億という大麻を大規模栽培する連中は、十中八九金儲けのためです。そしておそらく反社会的組織です。とするならば、合法化して大麻を儲からない商売にするのも一つの手ではないでしょうか。



コメント

ぐっちぃ (著者)
No.1 (2016/11/17 15:38)
大麻の育て方を書いたら、記事3つ消された(´・ω・`)
ぐっちぃ (著者)
No.2 (2016/11/17 15:40)
大麻の育て方やクローンは、日長植物、脇芽がある植物とほとんど共通なんだが、トマトとかバラの育て方書いたら消されるんか・・・( ;∀;)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事